このページの本文へこのサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ニュースリリース

RPAロボットでオフィスの定型業務の自動化を実現

~ 2017年4月から外販開始 ~

2017年1月30日
リコージャパン株式会社

リコージャパン株式会社(社長執行役員:松石秀隆)は、間接業務の効率化と人材の有効活用に向けて、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)1を活用した定型業務の自動化を本格展開します。

2016年7月にバックオフィス業務の自動化に取り組むプロジェクトを開始し、データ集計や入力、照合といった3つの業務特性を、RPA テクノロジーズ株式会社が提供する「BizRobo!」に代行させ、5585%の工数削減が確認できました。201612月から本番運用を開始し、20174月から対象業務を順次拡げ、2020年までに全社での活用を計画しています。また、社内実践したノウハウをもとに、業務の自動化支援サービスを顧客企業に提供する事業を20174月から開始します。

<概要図>

急速な人口減少と高齢者増加が進み、超高齢化社会となった日本において、労働力人口の減少に対する対応は大きな社会課題になっています。企業において、「ビジネスプロセス改革」(BPR:Business Process Re-Engineering)や「働き方改革」の推進による労働生産性の向上がますます求められ、ERP(統合基幹業務システム)の導入やBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の活用などで、集約化や標準化による業務改善が進められています。しかしながら人手による作業が多く残っており、コア業務にリソースを集中させるための阻害要因になっているのが現状です。

リコージャパンは、RPAを活用した業務改善を自社内で実践し、お客様向けに定型業務自動化支援サービスとして提供します。業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定し、コンサルティングからRPAロボットの導入支援、開発、継続的なサポートを提供します。中小企業向けには業務単位で自動化を支援するロボット派遣サービスも提供します。新たに「RPA診断士」という社内専門資格を設け、業務プロセスの可視化から導入支援までを担う人材を育成し、2018年までに約50人体制にする計画です。

<提供サービス:定型業務自動化支援サービス>

・コンサルティング

・ロボット派遣

RPAソフトウェア/ハードウェアの導入構築サービス

ロボットの開発サービス

・導入後の運用サポート・効果診断サービス

リコーは、1977年に業界で初めてOA(オフィス・オートメーション)を提唱するなど、長年にわたり、オフィス業務の効率化に貢献してきました。以来、ドキュメントソリューションによる業務改善やグループウェアを活用したBPRなど、新たなICT技術を活用したソリューションの提案により、お客様の業務課題・経営課題の解決に貢献しつづけています。今回のRPAを活用した業務の自動化支援サービスの提供は、こうしたソリューション連携により新たな価値を生み出すもので、オフィスの業務プロセスを自動化するオフィス・プロセス・オートメーションとしてお客様にご提案してまいります。

■エンドースメント

RPAテクノロジーズは、リコージャパンによるRPAを活用した「定型業務自動化支援サービス」、「ロボット派遣サービス」の提供開始を歓迎します。既に同社内では、『BizRobo!』による定型業務の自動化により、大幅なコスト削減を実現されています。また、同社は長年にわたりICT技術を活用し、数多くの企業の業務課題や経営課題を解決してきました。今後、この知見と実績を活かしたサービスを通じ、全国の企業でRPAを活用したホワイトカラー業務の自動化が推進されることを期待しています。

RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之

※1 RPA(ロボティックプロセスオートメーション) ・・・ 一般社団法人 日本RPA協会HPより引用 RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した業務を代行・代替する取り組みです。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)として、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わると言われています。

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)

本件に関するお問い合わせ先

『報道関係のお問い合わせ先』

コーポレート本部 コーポレートコミュニケーション部

TEL:050-3534-0811

E-mail:rj_ccd@ricoh-japan.co.jp

『お客様のお問い合わせ先』

ビジネスソリューション事業本部 テクノロジーセンタージャパン SI企画室

TEL:050-3534-1003

E-mail:si_info@ricoh-japan.co.jp



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。