このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

ドキュメントセンター運営サービス

印刷室業務のアウトソーシングで印刷業務にかかわる課題を解決いたします

大学では、授業の配布資料や研究資料、学会発表の際のレジュメや入試案内など、印刷に係わる業務が多く発生します。その付帯業務の負担は大きく、コア業務である教育・研究へ集中できない要因のひとつとなっています。
ドキュメント・プロセッシング・サービス(DPS)は、リコーが印刷物の作成に係わる業務をお引き受けすることにより、印刷業務にかかわる課題を解決します。

◎課題

● 紙で用意する資料が多く、印刷業務が教職員の負担になっている。

● 印刷の納期を気にせず、余裕を持って研究資料を仕上げたい。

● 少部数の発注であっても、安い単価で印刷できないものか。

● 学外印刷業者による情報漏えいのリスクを減らしたい。

◎解決策

ドキュメントセンターの開設でコスト削減・利便性向上を支援!

お客さまキャンパス内にドキュメントセンターを開設し、大学の印刷関連業務(出力、後処理、電子化業務など)をリコーがお引き受けいたします。印刷業務のプロである「プリントディレクター」をセンター内に駐在させ、印刷物の内外製を判断することで印刷業務の適正化とコスト削減を実現いたします。また、教職員様の印刷関連業務負担を低減するだけでなく、少ロットの印刷物や短納期に対応することで教育・研究業務を支援いたします。

Before
After

● ドキュメントセンターによる印刷業務実施で教職員の負担を軽減

教職員自ら行っていた印刷業務や学外の印刷業者への発注業務などの負荷を、ドキュメントセンターの一括代行により軽減いたします。印刷業務に時間や手間を取られることなく、教育や研究に集中することが可能となります。

● プリントディレクターの配置による印刷業務の適正化

ドキュメントセンター内に駐在する「プリントディレクター」が内外製判断やアドバイスを行うことにより、印刷業務の適正化を実現します。それにより、紙の使用量・廃棄量が削減され、TCO削減、環境負荷の軽減が図れます。

● コスト削減や短納期に対応

必要なときに必要な部数だけの作成が可能となり、過剰在庫を抑制できます。また、多品種少ロットにも対応でき、トータルコストを抑えます。製作工程が短縮されるため短納期での作成が可能となり、緊急の場合にも柔軟な対応が可能です。

◎導入効果

● 印刷にまつわる業務全体のアウトソーシングによるコア業務への集中
● 外注印刷および学内印刷コストの削減
● 紙の使用量・廃棄量削減による環境負荷軽減

◎商品構成

ドキュメントセンター運営サービス

品質・納期・コストの改善を実現するリコーのビジュアルコミュニケーション

ドキュメントセンター開設により印刷業務もアウトソーシング。
業務負荷を軽減するとともに、コア業務の支援、コスト削減に貢献いたします。

商品詳細はこちら

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ