このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

コラム 「テレワークにおけるセキュリティの考え方と強化のポイント」

ますます巧妙化・凶悪化するランサムウェアやマルウェアなどの脅威

テレワークこそ、セキュリティを意識せずに快適に使いたい

ネットワークやインフラ・デバイスの進化により、外出先や在宅でもオフィス内と同じように仕事ができる環境が増えてきました。 既に快適に活用され、働き方改革に取り組まれておられる企業の皆様も多数おられると思います。 しかしながら、多くの企業の皆様はランサムウェアや標的型攻撃などのマルウェアの感染や 外出先でのモバイルデバイスの盗難・紛失などによる情報漏えいなどのリスクから、テレワー クの導入・活用を慎重に検討されてるのではないでしょうか。 このようなセキュリティリスクを理解し、不安を取り除くことでテレワーク活用の取り組みを 効果的に進めることができます。

6月8日に総務省から発表された平成28年通信利用動向調査結果のレポートに「テレワーク導入企業の生産性が未導入の企業に対して1.6倍高い」「テレワーク導入目的に対して86.2%の企業が効果があった」との回答結果があります。

テレワークだからこそ、利用者に負担無く快適環境で活用して頂きたい。 このコラムでは、テレワークにおけるセキュリティリスクと強化のポイントを皆様と共有したいと思います。

画像:テレワークこそ、セキュリティを意識せずに快適に使いたい
出典:総務省 平成28年通信利用動向調査結果
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000112.html

お問い合わせ

リコーのセキュリティソリューションに関するお問合せはこちらから受け付けています。