このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

イベントソリューション、新たなビジネスプランの立案・・・
すべては、浜松市のにぎわい創出をサポートするために。

にぎわい

画像:イベントソリューション、新たなビジネスプランの立案・・・ すべては、浜松市のにぎわい創出をサポートするために。

面積では全国の市町村で2番目に大きく、都市部と山間部を備える浜松市。
中心市街地が抱える過疎化の問題を解決し、街のにぎわいを取り戻すために。
浜松市のコンパクトシティ化への挑戦を、リコーは全力でサポートしています。

INTRODUCTION(静岡県浜松市)

プロジェクトの舞台となる静岡県浜松市は、静岡県西部にある人口807,999人(2016年9月1日現在)の政令指定都市。若き日の徳川家康公が天下統一の礎を築いた「出世の街 浜松」としても知られています。近代では、世界的な研究者や技術者、音楽家や芸術家を輩出したほか、世界に名高い多くの企業がここ浜松の地から生まれています。

浜松市ホームページ:
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

画像:Introduction

PROJECT STORY

すべての始まりは、浜松のまちづくり勉強会への参画。

政令指定都市であり、日本で2番目に広大な面積を持つ浜松市は、その居住地も広大です。人の導線も広範囲に渡ることから、街の課題のひとつにコンパクトシティ化の実現があります。また、浜松市は郊外に向かって発展してきたという特徴もあり、中心市街地に活気を取り戻すことも課題でした。
2014年12月、浜松市の星野副市長らの呼び掛けで始まった浜松のまちづくり勉強会。中心市街地の活性化を目指し、市民による、市民のためのまちづくりを検討していくこの勉強会に、浜松市内に拠点を構えるリコージャパンも、市民の一員として参画しました。

画像:すべての始まりは、浜松のまちづくり勉強会への参画。
1

リコージャパンにできることは?面談を重ね、模索を続けた。

勉強会には、浜松市を代表する企業や団体が数多く参加していました。リコージャパンは、星野副市長をオープンイベントにお招きした「海老名でのまちづくり事例*」や、イベントソリューションを活用したにぎわいの創出事例などを紹介し、勉強会内部での認知度を徐々に高めていきました。
折しも地方創生が叫ばれ出した頃でもあり、参加メンバーの方々や、地域有力者との面談を重ねながら、まちづくりにお役立ちできる方法を模索していました。

http://jp.ricoh.com/ricohfuturehouse/

画像:リコージャパンにできることは?面談を重ね、模索を続けた。
2

イベントを通して、街中のにぎわい創出に貢献。

まずリコージャパンがお手伝いしたのは、イベントの盛り上げでした。
浜松でのにぎわい創出に貢献するため、紙に描いた魚が映像になって泳ぎ回る「おえかきアクアリウム*」をご紹介させていただきました。
実際にご採用いただいたイベントでは、訪れた家族連れを中心に大盛況!大画面に現れる自分が描いたお魚にはしゃいだり、一緒に記念撮影をしたり、喜びと笑顔に満ち溢れていました。

https://youtu.be/oDzHLb4cJ5Y

画像:イベントを通して、街中のにぎわい創出に貢献。
3

市民の声からビジネスの芽を探す、新たな試みもスタート。

リコージャパンは浜松のまちづくり勉強会で紹介を受けた浜松にぎわい協議会様と組み、市民の声からビジネスの芽を探索する「フューチャーセッション」の開催をご提案しました。このフューチャーセッションは、主催は浜松にぎわい協議会様、協賛はリコージャパンと新規ビジネスデザインノウハウを持つ株式会社東芝、浜松市の3者、という形式で計3回実施。
回を重ねるごとに参加者の熱が高まり、2016年9月2日には浜松市の鈴木市長や関連企業、団体、参加者をお招きした成果発表会を行いました。
ここで集まった市民の声を活かし、浜松市のまちづくりをもっとサポートしていきたい。リコージャパンの挑戦は、まだ始まったばかりです。

画像:市民の声からビジネスの芽を探す、新たな試みもスタート。
4

TOPICS

活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

3回のフューチャーセッションには、延べ30数名の市民にご参加いただきました。回を重ねるにつれて活発な議論が展開され、最終的には時間が足りなくなるほど。リコーは、ファシリテーター兼まちづくりの事例紹介によるアイデア創出のご支援を担いました。

※ セッションの詳細レポートは、東芝ホームページをご覧ください。
http://www.toshiba.co.jp/iot/power/entry/2016/2016_010_01.htm

画像1:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

会場全体で輪になって共有するのは“わがまち浜松“への熱い想い。

画像2:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

グループに分かれて“想い”をコトバに。「あーでもない、こーでもない」

画像3:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

キーワードを分類してアイデアを整理。

画像4:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

グループの成果発表。熱き想いを、熱き言葉に乗せて。

画像5:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

各グループの成果物たち。グループのみんなの想いが足跡に。

画像6:活発な議論が展開されたフューチャーセッション。

浜松市・鈴木康友市長。みんなの想いを受け止めます。

REAL VOICE

ビジネスの芽がホンモノになりますように!

リコーさんには多面的にご支援いただき感謝しています。今回の浜松まちなかにぎわい協議会で実施したフューチャーセッションですが、早くビジネスの芽が育ち、浜松が盛り上がるビジネスを実現してくれることを期待しています。

画像:ビジネスの芽がホンモノになりますように!

浜松市 副市長
星野 悟 様

一緒に浜松を盛り上げて行きましょう!

浜松のまちづくり勉強会のメンバーとして、様々な事例紹介やご提案をいただくとともに、浜松を舞台にした2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公「井伊直虎」のPR、更には浜松の未来に向けた「フューチャーセッション」の企画運営等、浜松のまちづくりに積極的に取り組んでいただき、とても感謝しています。今後も引き続き、浜松のまちづくりに深く関わっていただき、一緒に浜松を盛り上げていただきますようお願いします。

画像:一緒に浜松を盛り上げて行きましょう!

浜松市 都市整備部
部長
木村 祥基 様

リコーさんには非常に期待しています!

この約半年の中でとても濃いお付き合いをさせて頂いていると感じています。この取り組みは私たちにとって非常に新しくまた期待の大きな取り組みです。グローバル企業と地元企業、又は地元の個人事業主、業種も多様です。今までなかなか組み合わせがなかった企業同士が「まちづくり」を中心にして新しい事業を起こそうとしている実感があります。まだまだスタートしたばかりですが、新しい地方の在り方を探っていきたいと思います。

画像:リコーさんには非常に期待しています!

浜松まちなかにぎわい協議会
事務局長
河合 正志 様

市民の声を、着実に反映させていきたいですね!

市民・地域・企業・行政が「共創」する意義、街の発展に持続的に貢献する新たな価値・ビジネスを生み出したいという共通目的を常に共有しながら、「共感の連鎖」と「信頼のチームワーク」を軸に取り組みが進んでいると実感しています。 浜松は、東京と大阪の中間地点に位置する工業都市という一面を持ちつつ、 山も海も湖も川もある自然に恵まれた地域です。地域活性化・街づくりにおける “新たなビジネス創造への挑戦”という次のステージに向けて、リコー関係者の皆さま、浜松の方々と共に一丸となって、引き続き尽力していきたいと思います。

画像:市民の声を、着実に反映させていきたいですね!

株式会社東芝
千葉 恭平 様/岡本 賢司 様

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ