このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

社内実践事例

複合機・プリンター 制御ソフトウェア開発部門
リコー テクノロジーセンター/池田事業所

組込みソフトウェアもプラットフォーム統合の時代。
リコー ユニファイド コミュニケーションシステム(RICOH UCS)とリコー インタラクティブ ホワイトボード(IWB)を活用して、時間・コストの効率化と人材リソースの最適化を実現。
さらにメンバー間のスキル向上にも役立っています。

 株式会社リコーの研究開発拠点であるテクノロジーセンター(神奈川)と池田事業所(大阪)では、多岐にわたる組込みソフトウェアのプラットフォームの統合化を、自社の遠隔コミュニケーションツールであるRICOH UCSとIWBを活用することによって行っています。遠く離れた拠点間をつないで効率的な設計開発を実現する最前線の取り組みをご紹介します。

画像:プロジェクターを授業で活用
事例紹介映像

目的と効果

【ビジュアルコミュニケーション活用前の設計会議】

  • これまで拠点間ミーティングの実施は、テレビ会議システムのある場所に限られていました。
  • メールだけ、電話だけでは情報が正確に伝わらず、やり取りに工数を要していました。
  • プラットフォーム統合化に向けた共同開発の環境では、コミュニケーションロスを減らす必要がありました。

【ビジュアルコミュニケーション活用後の設計会議】

  • いつでも、どこでも、質の高い遠隔ミーティングが可能になりました。
  • 全員で視覚的に情報共有でき、論点が明確になりました。
  • 思考プロセスまで伝達でき、レベルの高い議論が行えています。
  • ・共通認識の向上により、拠点を超えてメンバー間のスキルトランスファーを実現しています。

活用の背景

遠隔コミュニケーションツールがプラットフォームの統合化を力強くサポートします。

 神奈川のリコー テクノロジーセンターと、大阪のリコー池田事業所。従来は個別に行っていた組込みソフトウェアの設計開発に、現在は同じプロジェクトチームとして取り組んでいます。発端は、大きく変わりつつある時代の流れにあったと、画像エンジンソフトウェア開発担当者の野上は語ります。

 「モノづくりは今、ハードウェアもソフトウェアもプラットフォームの統合化が進んでいます。同じような製品を作るのであれば別々に作るより、共通する部分は一緒に開発する方が時間的にもコストの面でも効率が良いですし、人材も少なくて済みます。さらに、さまざまな製品がインターネットを介してネットワークされるIoTの急成長に伴って、開発サイクルがますます早まっています。製品のローンチタイミングを確実に守るためにも、プラットフォームの統合による開発の効率化は不可欠といえます。」

 野上の設計チームではプリンター複合機の組込みソフトウェア開発を行っていますが、神奈川と大阪、2つの拠点が一丸となって開発を進める上で課題があったといいます。

 「離れていると、メールや電話だけではコミュニケーションロスが生じてしまいます。遠隔だから効率が落ちたり、正確性が損なわれたりするようでは、一緒にやる意味がありませんから、コミュニケーションロスを減らす方法が必要でした。遠隔地にいても、同じテーブルを囲んで検討しているような環境を実現できるツールが、RICOH UCSであり、IWBであったわけです。分野や領域を問わず、これからのプラットフォーム統合化において、遠隔コミュニケーションツールが極めて重要だと考えています」

画像:株式会社リコー テクノロジーセンター 画像エンジンソフトウェア開発担当者 野上高株式会社リコー
テクノロジーセンター
画像エンジンソフトウェア開発担当者
野上高

画像:週12時間を超える頻度で、神奈川-大阪間の設計会議が行われています。
週12時間を超える頻度で、神奈川-大阪間の設計会議が行われています。

活用による効果

RICOH UCSとIWBがあれば、離れていても、いつでも、どこでも、質の高い設計会議ができます。

 神奈川のテクノロジーセンターと大阪の池田事業所のミーティングブースにスタッフが集まり、設計会議は行われます。RICOH UCSと接続したIWBには開発中の組込みソフトウェアのフローチャートが映し出され、サブ画面は双方の参加メンバーの表情を捉えます。白熱した議論も明瞭な音声によって交わされます。「RICOH UCSとIWBを使えば、必要な時にすぐ設計会議ができる!」と、池田事業所の老田はそのメリットを強調します。

 「従来のテレビ会議はシステムが設置してある会議室に限られていましたが、RICOH UCSはどこへでも持ち運べて、遠隔コミュニケーションを手軽に行えます。例えば設計の仕様変更が来た時でも即座にミーティングができ、開発効率を落とすことがありません。さらにIWBの活用によって全員で視覚的に情報共有でき、論点が明確になりました。メールや電話だけのやり取りでは情報が正確に伝わらず、質問が増えて、コミュニケーションに工数を要していましたが、RICOH UCSとIWBの活用により、時間と質の劇的な効率化が図れました。」

 また、電話のような1対1の議論ではなく、多対多のディスカッションを可能にするビジュアルコミュニケーションが、開発のスピードアップにもつながっていると老田が続けます。

「IWBを使えば検討中の内容も視覚的に共有できますから、ある程度ラフな状態で持ち込んで議論ができます。その場で書き込んだり、描くことによって思考のプロセスまで共有して、アイデア交換しながら一気に結論まで持っていけます。相手にいったん預けたり、回覧したりというムダがないのです。」

 画像エンジンソフトウェア開発チームでは、平均で週12時間行っている遠隔ミーティングを、最終的には常時つなぎっぱなしにして、遠隔コミュニケーションが当たり前の環境にしたいと考えています。

画像:株式会社リコー 池田事業所 画像エンジンソフトウェア開発担当者 老田隆株式会社リコー
池田事業所
画像エンジンソフトウェア開発担当者
老田隆

画像:RICOH UCSは手軽に持ち運べて、社内のコラボレーションスペースでも即座に遠隔コミュニケーションが可能。
RICOH UCSは手軽に持ち運べて、社内のコラボレーションスペースでも即座に遠隔コミュニケーションが可能。

画像:設計資料をIWBで視覚的に共有しながらディスカッション。その場で書き込んで、思考のプロセスまで共有。設計資料をIWBで視覚的に共有しながらディスカッション。その場で書き込んで、思考のプロセスまで共有。

今後の展望

技術情報を共有してスキルトランスファーを実現、
海外の拠点展開も視野に入れた統合開発体制の構築へ。

 2拠点をつなぐ統合開発体制の確立を通して、設計の現場では有効な人材活用と人材育成も行われていると野上が説明します。
「ひとつの拠点の限られたメンバーだけで問題を解決しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。RICOH UCSとIWBによって遠隔であることをデメリットとしない環境が整ってきましたから、すぐに動ける人材を常にチェックしながら有効に活用したいと考えています。効率良くみんなで情報共有しながら知見を他の拠点にも広げていき、全体的にスキルアップできれば、生産性をさらに高めることができます」

 実際に、モジュールごとに割り当てられた設計担当者は、神奈川のテクノロジーセンターのエンジニアから池田事業所のエンジニアに引き継がれたり、その逆であったりと、フレキシブルに対応。頻繁なビジュアルコミュニケーションによる質の高い情報共有があるからこそ実現できる人材活用と人材育成といえます。そして、スキルトランスファーをより広げ、さらなる効率化と生産性の向上を野上は見すえています。

 「この統合開発体制の成功を2拠点に留めることなく、他部門へ、グループ会社へと拠点展開していきたいと考えています。それは国内に限りません。技術が安定してきた分野であれば、中国などの拠点でも既に開発できるようになってきています。他拠点とのコラボレーションは、私たちのマンパワーが不足しているところを補ってくれますし、その分、新しい領域に最適な人材を投入することも可能になります。拠点数が増えても安定稼働する体制を築くことが、統合開発体制のもうひとつのポイントです。そのためには、テクノロジーセンターと池田事業所で実績を積んだ今回のメンバー一人ひとりが、遠隔コミュニケーションによる設計開発の良き手本となって展開していけることを目指しています」
リコーは、時代のニーズに応えるビジュアルコミュニケーションで、新たな価値を創造し続けます。

選定のポイント

遠隔ミーティングが簡単に行えて、テーマを視覚的に共有。
リコーのRICOH UCS×IWBが、設計開発の環境を一新します。

RICOH UCSとIWBを有効活用して、効率的な遠隔コミュニケーションを実現するリコー テクノロジーセンターと池田事業所。広くエンジニアにとって大きな武器となる活用のポイントを、ピックアップしました。

  • リアルタイムな映像・音声のRICOH UCS。自在に書き込んで情報共有できるIWB。その組み合わせによる高い創造性は、Face to Faceで意見を交わす設計開発の現場でも大いに効果を発揮します。(リコー池田事業所 老田隆)
  • 活用シーンを選ばないRICOH UCS。海外とも20台まで共有可能なIWB。思考プロセスまで共有できるこのシステムを活用すれば、国内はもちろん、海外へのスキルトランスファーにも貢献します。(リコー テクノロジーセンター 野上高)
  • 本Webページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

お客様プロフィールと導入製品

導入製品

■リコーテクノロジーセンター
テレビ会議・Web会議システム RICOH Unified Communication System P3000×1台
インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板) RICOH Interactive Whiteboard D6500×1台

■池田事業所
テレビ会議・Web会議システム RICOH Unified Communication System P3500×1台
インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板) RICOH Interactive Whiteboard D5510×1台

ダウンロード

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。PDF版 (約2.0MB)

ダウンロード


本ページに掲載されている情報は、2016年3月現在のものです。

ワークスタイル変革を成功に導くカギとは

「組織を変えるコミュニケーションの新しいカタチとは」。ワークスタイル変革を成功へ導くための注目ポイントをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ