このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc Document System 解決シナリオ

SOLUTION.3:ドキュメント共有

ドキュメント共有について、こんな不満やお悩みはありませんか?

  • ●紙のドキュメントをコピーして共有するのが面倒…。
  • ●移動中や外出先でもリアルタイムに情報共有したい…。
  • ●取引先とのデータ共有、情報漏洩が心配…。
  • ●機密情報へのアクセスを制限したい…。
  • ●遠隔地のオフィスでも情報を共有できるようにしたい…。

Ridoc Document Systemのドキュメント共有なら、セキュアな環境のもと、簡単&スピーディーな情報共有を実現します。

【ドキュメント共有の流れ】

画像:ドキュメント共有の流れ

Case Study 建設業のお客様の場合

打ち合わせ時のメモを社内共有。ミスによる失敗コストの発生を回避。

図面を見ながらの施主様との打ち合わせ時は、図面に直接手書きでメモを書き込むことがあるんです。今後の工程を左右する重要な取り決めを書いていることも多く、その図面をうっかり紛失したり、忘れてしまったら…。一つのミスが、工期の遅れを招き、失敗コストを発生させ、ひいては施主様の信用を失うことにもつながります。リスクを避けるためにも情報共有は重要なんです。

Before

画像:Before

不十分な情報共有が、ムダな作業の発生を招いていました。

図面に書き込んだメモを社内のプロジェクトメンバーに共有するには、コピーをとって紙の状態で渡していました。でも、それだと手間もかかりますし、紛失してしまう人もいたりして…。図面の修正をうまく伝えられず、現場でムダな作業が発生してコストがアップし、利益が減ってしまうこともありました。

After

画像:After

素早く的確な情報共有が、より質の高い施工管理につながっています。

Ridoc Document Systemのドキュメント共有を利用してからは、メモを書き込んだ図面を複合機で電子化して管理しています。施主様ごとにフォルダーで管理しているので、社内の関係者や協力会社との情報共有も、スムーズかつ確実に行うことができるようになりました。スマートデバイスで場所を選ばずに図面を検索・閲覧できるので重宝してます。迅速な情報共有によって、より正確な施工管理が実現できていると思います。