このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc IO Gate

学内の運用形態にあわせて、柔軟なシステム構築が可能。

オープンスペース 図書室

オープンスペース

必要なファイルだけを、必要な場所で。 プリントのムダをなくし、学生の利便性を向上させます。

オンデマンド印刷(オプション)

スプールした自分の印刷ジョブを、操作端末上で確認しながら印刷指示。必要なものだけを印刷指示するため、安易な印刷によるムダを省くことができます。空いているプリンターで印刷できるため、印刷集中時の混乱や文書の取り間違いもありません。プリンターをシームレスに活用し、ユビキタスなプリント環境を構築できます。

オンデマンド印刷 (オプション)

図書室

受益者負担のシステムを構築することで、コストの改善に役立ちます。

課金印刷システム(オプション)

リコーのコインラックシステム、プリペイドカードシステムに対応。専用のタッチパネル操作端末から自分の印刷ジョブを選択して印刷します。画面の請求金額をコインラックなど課金装置で入金、精算できます。印刷にかかる料金をユーザーに負担してもらうことで、印刷コストの改善に役立ちます。印刷ジョブ内にカラー/モノクロページが混在していても自動的に判別し、それぞれのページに応じた料金で課金を行うこともできます。

課金印刷システム

スケジューラ機能による運用モード切替

教室ごとや時間ごとのモード管理で、効率的なプリント環境を構築できます。

通常はオンデマンド印刷環境や課金印刷環境で運用するプリンターを一時的に授業で使用する、といった運用を可能にします。また、夜間や休日などは、プリントアウトを禁止することもでき、無断使用を防ぎます。スケジューラ機能により、曜日や特定日ごとに時間帯を指定すれば、運用モードを切替えて、直接出力することを可能にします。リアルタイム切替により、即時のモード切替も可能。管理者の手間なく、より柔軟にシステムを運用することができます。

スケジューラ機能による運用モード切替