このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH SP 8400/8400M/8400a1/8400M a1 特長5

特長5:ネットワーク

幅広い環境に対応するマルチプラットフォーム

Windows®環境はもちろん、オプションによりLinux®、UNIX®、Macintosh、IBMホスト端末など幅広く対応しています。

  • Windows®環境に最適なRPCSモードに標準対応
  • PostScript3エミュレーションに標準対応
  • PDF Directエミュレーションに標準対応
  • Adobe®PostScript®3にオプション対応*
  • RP-GL/2<DJ750Cエミュレーション>対応*
  • IBM5577などホスト端末出力に対応*
  • TIFFフォーマットやPDF文書のダイレクト出力に対応
  • ページ記述言語のグローバルスタンダードPCL6、PCL5cに対応*

Citrix XenApp対応

iOS、Androidなどのモバイル端末からRPCSモードで出力

次世代インターネットプロトコル「IPv6」対応

  • *オプション。
  • IPv6機能はネットワークやオペレーティングシステムの環境によってご利用いただけない場合があります。
  • IPv6で利用できるのはプリンター機能・機器検索機能です。
  • 工場出荷時はIPv6が無効になっています。
  • 推奨環境はIPv6を利用可能な状態にした次のOSです。Windows Vista®、Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows® 10、Windows Server 2003、Windows Server 2003 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Mac OS Ⅹ10.7 以降。

多彩なインターフェースに対応

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T標準対応

USB2.0標準対応

IEEE1284に準拠した双方向パラレルインターフェース*1

無線LAN対応(IEEE802.11a/b/g/n)対応*2

2つのネットワークに接続可能な拡張プリントサーバー*3

オプションの「外付けUSBプリントサーバー タイプM19」を装着することで、標準のネットワークポートに加え、もう1系統のネットワークポートに接続することが可能。2つのネットワークから印刷することができます。

3つの異なるネットワークでプリントが可能*4

オプションの「外付け増設インターフェースボックス タイプM19」を装着することで、3系統のLANに接続し印刷することができます。

  • *1拡張1284ボード タイプP9が必要です。SP 8400a1/8400M a1には装着できません。
  • *2拡張無線LANボード タイプP9が必要です。SP 8400a1/8400M a1には装着できません。
  • *3本体とは別に電源が必要です。SP 8400a1/SP 8400M a1には装着できません。
  • *4本体とは別に電源(3極プラグ)が必要です。仕様詳細については販売担当者にご確認ください。

イメージオーバーレイ印刷

基幹系印刷で用いられるプレ印刷紙による帳票印刷をプリンターのHDDに予め登録したフォームデータで実現する機能です。RPCSドライバーを利用して、フォームデータとしてHDDに保存し、帳票出力時に、このフォームデータと印刷データを重ね合わせ(オーバーレイ)印刷することが可能になります。

  • [対象]RPDL、R55、R98、R16(いずれもオプション)
  • オプションの「拡張HDD タイプP13」の装着が必要です。

180度回転機能

上位システム側でプリント設定の変更などのプロセスを必要とせず、プリンター側だけの操作で、必要に応じ画像を180度回転して出力することが可能。プリントシステム構築時に柔軟に対応します。


ジョブスプール機能

最大150ファイル/1GBのプリントジョブをスプール可能*。上位システムからのジョブ連続投入にも対応します。受信されたデータは、出力処理順序を正確に守ります。大切な帳票データを出力する際などの信頼性を大きく高めます。

  • *オプションの「拡張HDD タイプP13」の装着が必要です。

AirPrintに対応(SP 8400a1/8400M a1)

iPad/iPhoneなどのiOSやMacOS Xに標準搭載されているプリント機能です。同一ネットワーク上の複合機やプリンターを自動で検索し、印刷ができます。

  • 印刷を実行する端末は同一セグメントのネットワーク環境に接続されている必要があります。
  • アプリケーションによっては印刷できないことがあります。
  • MultiLink-Panelのワイヤレスダイレクト接続では利用できません。
  • SP 8400a1/8400M a1で利用可能です。SP 8400/8400Mでは利用できません。

画像:AirPrintに対応(SP 8400a1/8400M a1)


スマートデバイスからの出力ができる「RICOH Smart Device Print&Scan」(無償公開中)

iPad/iPhoneやAndroidにある写真や書類を印刷することができるアプリケーションです。カラー/モノクロ、片面/両面、機密印刷、印刷プレビューなど多彩な印刷設定が可能です。

画像:スマートデバイスからの出力ができる「RICOH Smart Device Print&Scan」(無償公開中)

  • *拡張無線LANボード タイプP9が必要です。

メディアプリント*1機能

パソコンの起動や、プリンタードライバーの設定を行なうことなく、USBメモリー*1やSDカード*1(32GB以下)に保存されているJPEG/TIFF/PDF/XPS*2ファイルを誰でも簡単に出力可能。さらに先頭ページのプレビューやパスワードで保護されたPDFの出力もできます。

  • *1すべてのメディアの動作を保証するものではありません。
  • *2XPSダイレクトプリントカード タイプ8400が必要です。
  • SP 8400/8400M/8400a1/8400M a1は拡張HDD タイプP13が必要です。
  • ファイルのバージョンやフォーマットによっては出力できない場合があります。

画像:メディアプリント*1機能


直接接続できるダイレクト接続グループオーナーモード*1

プリンターがアクセスポイント相当の役割を果たすことにより、パソコンやスマートフォンなどのデバイス*2とダイレクト接続でき、ネットワーク環境がない場合や有線LANネットワークに接続できない場合もプリントが可能になります。

画像:直接接続できるダイレクト接続グループオーナーモード*1

  • *1有線LANと同時利用可能です。
  • *2ダイレクト接続中は他のネットワークに接続できません。
  • ダイレクト接続したデバイス間での通信はできません。
  • 最大同時接続数9台。
  • ダイレクト接続しているデバイスは、プリンターを通して有線LANネットワークにアクセスできません。
  • 拡張無線LANボード タイプP13が必要です。RICOH Smart Device Print&ScanまたはRICOH カンタン入出力でMultiLink-Panelのワイヤレスダイレクト接続を利用する場合は不要です。

文字化けせずに印刷できるJIS2004フォント搭載

住民基本台帳システムで使用されているJIS2004フォントをPostScriptプリンタフォントとして搭載しています。UNIX環境などの基幹系ホストコンピューターから文字化けせずにダイレクト印刷ができます。

  • オプションの「PS3カード タイプ8400」が必要です。

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

画像:お問い合わせ

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ