このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

プロジェクター機能一覧

ネットワーク機能

Miracast®によるタブレット投影

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

AndroidやWindows®タブレットなどに搭載されているMiracast®に対応。スマートフォンやタブレットなどの端末をWi-Fi Direct®経由で本機と接続し、端末の画面を投影できます。投影用の専用アプリをインストールする必要がないため、簡単でスムーズなタブレット投影が可能です。アプリに依存することなく端末画面をそのままダイレクトに投影できます。

画像:専用アプリレスでの簡単タブレット投影


QuickProjection

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

Windows®やMacで「QuickProjection」を起動して、プロジェクター投影画面に出ている4ケタの数値コードを入力するだけで、ネットワーク経由でプロジェクターへ接続可能。直感的に、どなたでもネットワーク投影が行えます。

画像:ネットワークユーティリティー「Quick Projection」


マルチスクリーン投影

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

1台のパソコンから、複数の機器に同一画面を投影可能。大人数での打ち合わせやセミナーなどで活用できます。

画像:マルチスクリーン投影


DLNA対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

DLNA拡張ガイドライン(Ver.1.5)に対応し、認証を取得。さらに、UPnP®/ Wi-Fi認証も取得しています。

画像:DLNA/UPnP®/Wi-Fi™認証取得


Webブラウザ本体制御

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • HD5450 /
  • WX5460 /
  • X5460 /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU5570 /
  • X5580 /
  • WUL5670 /
  • WXL5670 /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

Webブラウザを使って、離れた場所にあるプロジェクターの状態管理や設定変更ができます。専用ソフトのインストールは必要なく、WebブラウザでプロジェクターのIPアドレスを入力するだけで、手軽に機器の運用管理が行えます。

画像:Webブラウザ本体制御


HDBaseT™搭載

対応機種

  • WUL5670 /
  • WXL5670 /
  • WUL6280 /
  • WXL6280 /
  • KU12000

LANケーブルにより映像を伝送する「HDBaseT」に対応。配線工事を簡略化できます。


ネットワークユーティリティ「Projection Utility」

対応機種

  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

Windows®やMacの画面をワイヤレスで投影可能です。画面を高速にしかも高画質で転送。ワイヤレス環境下でのスムーズなプレゼンテーションを実現します。また、コンピュータ内の動画ファイルをプロジェクター(1台のみ)へ送信して再生させたり、コンピュータからプロジェクターの電源ON/OFFや入力信号切り替え、幾何学補正により歪んだ投影画面の補正が行えます。

画像:ネットワークユーティリティ「Projection Utility」


ネットワークユーティリティ「Advanced Network Utility」

対応機種

  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

Windows®で「Advanced Network Utility」を使用するとネットワーク投影に加え、ミーティングモードにより複数のコンピュータ間での画像のやり取りが可能となります。

投影画面を同時表示

プロジェクターが投影している内容を、他のパソコンのディスプレイ上にも同時に表示できます。

画像:投影画面を同時表示

投影画面をワンタッチで切り換え

交代でプレゼンテーションを行う場合、各発表者のパソコンに表示されるボタンをクリックすれば、投影している画面をワンタッチで切り換えられます。

画像:投影画面をワンタッチで切り換え

ネットワーク上でファイルを公開

ファイルや資料をネットワーク上で公開可能です。

接続を簡単に

セッティングを保存できる「会議再開」機能により、2回目以降に接続する場合は、デスクトップ上のアイコンからすばやく接続できます。


RICOH Smart Presenter対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

iPhone/iPad用ソフトウェアを使用して、ネットワークを経由してプロジェクターへ画像を伝送し投影します。

リコーでは、複数のiPad上で資料の共有を行いプロジェクター投影ができるペーパーレス会議用ソフトウェアをご用意しています。

RICOH Smart Presenter対応


ネットワーク設定にウィザード方式を採用

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

ネットワークの設定には、質問に応えて項目を選択するウィザード方式を採用。どなたでも簡単に設定が行えます。

画像:ネットワーク設定にウィザード方式を採用


有線LAN/無線LAN同時待機

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

ネットワーク経由でパソコン画面を投影する際に、設定画面を切り替えることなく有線LAN接続や無線LAN接続ができます。たとえば、有線LANで構内ネットワークに接続されているプロジェクターに、アドホック接続で一時的に無線投影するなど、ネットワーク経由での投影シーンが広がります。

画像:有線LAN/無線LAN同時待機


Wi-Fi Protected Setup™対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N

プロジェクターが接続しているアクセスポイントが、WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応している場合は、アクセスポイントの専用ボタンを押すことでプロジェクターが同期し、簡単に無線LAN接続の設定が行えます。


PJLink®対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • HD5450 /
  • WX5460 /
  • X5460 /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU5570 /
  • X5580 /
  • WUL5670 /
  • WXL5670 /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N /
  • WUL6280 /
  • WXL6280 /
  • KU12000

一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)で策定されたネットワークインターフェース規格「PJLink Class1」に対応。他社製プロジェクターもネットワークを経由し、合わせて管理できます。

画像:PJLink®対応


Crestron Connected™対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • WX5361N /
  • X5371N /
  • WU5570 /
  • X5580 /
  • WUL5670 /
  • WXL5670 /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N /
  • WUL6280 /
  • WXL6280 /
  • KU12000

ネットワーク上の様々な機器を一括管理・制御できるクレストロン社の「Crestron Connected」に対応しています。

画像:Crestron Connected™対応


AMX Device Discovery™対応

対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N /
  • WUL5670 /
  • WXL5670 /
  • WU6181N /
  • WX6181N /
  • X6181N /
  • WUL6280 /
  • WXL6280 /
  • KU12000

ネットワークに接続されたパソコンから、システム機器を一括で管理できるAMX社が提供する制御用プロトコル「AMX Device Discovery」に対応しています。

画像:AMX Device Discovery™対応


対応機種

  • WX4152NI /
  • WX4152N /
  • WX4241N /
  • WX3351N /
  • X3351N

リコーだからこそできる、次世代のワークスタイルを。その答えが、「RICOH カンタン入出力」アプリです。このアプリは、スマートデバイスをふだん使っている公衆回線から社内LANまたはワイヤレスダイレクトにカンタンにつなぎ換えることで、難しいネットワーク操作のストレスを軽減することができます。プロジェクターならQRコードを読み込むだけ、IPアドレスや識別コードでも接続でき、接続したスマートデバイスと機器を使ってデータを活用することで、高い価値創造や素早い判断をサポートします。無料のアプリをダウンロードすれば、今すぐにでもスタート。いつもの仕事場が、もっと創造性にあふれる場所になっていきます。

QRコードを読み取ってカンタン接続

機器が表示するQRコードを読み込んで接続。IPアドレス/ホスト名打ち込みの手間を軽減できます。IPアドレスや識別コードでもカンタンに接続できます。

※印刷データ、スキャンデータや投影データはWi-Fiを使って送受信します。

画像:QRコードを読み取ってカンタン接続

RICOHカンタン入出力アプリ ダウンロード

下記のQRコードを読み取ると、「RICOH カンタン入出力」のダウンロードページへ簡単にアクセスできます。(スマートフォン・タブレットでQRコードを読み取るアプリが必要です。)

※本アプリは無料です。ただしインターネット接続(LTE通信や3G通信など)のパケット通信料はお客様ご負担となります。

画像:RICOHカンタン入出力アプリ ダウンロード

特集・お役立ち情報

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

お問い合わせ

製品に関するご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合わせ