このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

RICOH TAMAGO 360 VR Live

RICOH TAMAGO 360 VR Live 臨場感のその先へ!体験しよう!360度リアルタイム映像コミュニケーション

RICOH TAMAGO 360 VR Live

臨場感のその先へ!
体験しよう!360°リアルタイム映像コミュニケーション

RICOH TAMAGO 360 VR Live は、RICOH THETA(全天球型カメラ)とRICOH Unified Communication System(ビデオ会議サービス)を組み合わせた臨場感あふれるセキュアな多拠点360°リアルタイム映像コミュニケーションを提供します。

ご要望いただいた改善を行いました。

  • Windows®版:RICOH THETA Vの映像(フルHD)の配信、360°映像の録画機能、画面共有機能、全画面表示に対応しました。
  • Android版:VRビュー2眼、共有画面のAR表示、着信・自動応答、会議開始前のデバイスミュート設定に対応しました。
  • iOS版:VRビュー2眼、共有画面のAR表示、配信拠点の複数表示に対応しました。

皆さまのご意見やご要望を受けて、より使いやすく、様々な用途に使えるよう進化させていきますので、今後ともお気軽にお問い合わせください。

メールアドレス: ricoh-tamago-360-vr-live@nts.ricoh.co.jp

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Windows®

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Windows®

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Android

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Android

こんな時におすすめ!

本部から現場の様子を確認しながらコミュニケーションしたい

店舗、現場、不動産などの360°リアルタイム映像を遅延なしで見ながら、会話ができます。

画像:本部から現場の様子を確認しながらコミュニケーションしたい

  • 本部から現場の360°を自由に把握できるので、リアルタイムに適切な指示ができます
  • いちいち見たい方向にカメラを向けてもらう必要がありません
  • クラウド型なので、ネットワークがあればパソコンとRICOH THETAだけで現場に簡単設置できます

遠隔でも会議室にいるかのように参加したい

その他ご提案

詳細はこちら

RICOH TAMAGO 360 VR Live 4つの特長

設置構成イメージ

画像:設置構成イメージ

チュートリアル

事前準備

  1. アプリケーションをダウンロードしてセットアップしてください。
    • ダウンロード
      (Windows®版 RICOH TAMAGO 360 VR Live)

      ダウンロード

      ダウンロード
      (Android版 RICOH TAMAGO 360 VR Live)

      Google Playで手に入れよう

      ダウンロード
      (iOS版 RICOH TAMAGO 360 VR Live)

      App Storeからダウンロード

  2. コンタクトIDをご用意ください。
    • 現在 RICOH Unified Communication System Appsでご利用のコンタクトIDがある場合はそのままご利用いただけます。
    • 利用できるコンタクトIDが無い場合は下記「30日間無料トライアル」がご利用頂けます。
    • 30日間無料トライアルもありますのでぜひお試しください。

    • ご用意いただいたコンタクトIDの初期設定がお済でない場合、ユーティリティにログインし、基本設定よりemailアドレスの登録とパスワードの初期化設定を行う必要があります。
    • 設定メニューより、コンタクトID接続可能な設定にする必要があります。
  3. 配信側でRICOH THETA VをRICOH TAMAGO 360 VR LiveをインストールしたパソコンにUSB接続し、ライブストリーミングモードに設定します(ライブストリーミングモードで起動したRICOH THETA SとP3500の組み合わせでもご利用できます)。
    • RICOH TAMAGO 360 VR Live for Windows®
  4. RICOH TAMAGO 360 VR Liveアプリを起動し、ログイン後、接続したい拠点のコンタクトIDへ発信します
    • ご用意いただいたコンタクトIDの初期設定がお済でない場合、ユーティリティにログインし 、基本設定よりemailアドレスの登録とパスワードの初期化設定を行う必要があります。配信側と受信側のコンタクトIDをユーティリティから相互登録しておくと接続がスムーズに行えます。
    • コンタクトIDは、履歴、アドレス帳、直接入力が可能です。
    • Windows®版では、自動着信応答などで接続可能です

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Windows®

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Android

RICOH TAMAGO 360 VR Live for iOS

マニュアルとFAQ

マニュアル

マニュアル

FAQ

FAQ

動作環境

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Windows®:360°映像受信/配信端末として

環境 推奨 備考
OS Windows® 10 Creators Update以上推奨 受信端末として Windows® 7 SP1も利用可能です。
CPU Intel® Core i5 Haswell以降必須(詳細はFAQを参照ください) CPUスペックが足りない場合、CPU利用率が100%近くになり、アプリケーションの動作が不安定になることがあります。(受信のみの場合、自拠点のカメラをミュートすることでCPU負荷や利用ネットワーク帯域の節約により受信映像が安定性を改善できることがあります。)
外部カメラ(詳細はFAQを参照ください) RICOH THETA V(USB 接続) 解像度はフルHDに対応しています。4Kは対応していません。
RICOH THETA S(USB 接続) 解像度はHD、フルHDに対応しています。
RICOH R Development Kit(USB 接続) 解像度はフルHDに対応しています。
ネットワーク 映像がHD解像度の場合は2Mbps以上、 フルHDの場合は5Mbps以上の安定したネットワーク帯域 ネットワークが不安定になると一時的に解像度やフレームレートが落ちることがあります。

RICOH TAMAGO 360 VR Live for Android:360°映像受信端末として

環境 推奨 備考
OS Android OS 5.0以上
動作確認済端末 Google Nexus 5, Samsung Gallaxy S5, ASUS ZenPad 3 8.0, Samsung Galaxy S8+, ASUS ZenFone 4 Pro (ZS551KL), Huawei MediaPad M3 (BTV-DL09), Huawei Mate 10 Pro, Huawei Mate 9 CPUスペックが足りない場合、CPU利用率が100%近くになり、アプリケーションの動作が不安定になることがあります。Google Nexus 5X, Google Nexus 6P, Sony Xperia Z5も動作可能ですが、快適にご利用いただくためには、カメラミュートにする必要があります。
ネットワーク 映像がHD解像度の場合は2Mbps以上、フルHDの場合は5Mbps以上の安定したネットワーク帯域 ネットワークが不安定になると一時的に解像度やフレームレートが落ちることがあります。

RICOH TAMAGO 360 VR Live for iOS:360°映像受信端末として

環境 推奨 備考
OS iOS 10.x、11.x
動作確認済端末 iPod touch(第6世代)
iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone X
iPad(第4世代)
iPad Air 2、iPad mini
iPad mini 2、iPad mini 4
iPad Pro(第1世代)
iPad Pro(第2世代)
上記以外の端末でもiOS10.x、11.x対応であればサポートしています
CPUスペックが足りない場合、CPU利用率が100%近くになり、アプリケーションの動作が不安定になることがあります。(受信のみの場合、自拠点のカメラをミュートすることでCPU負荷や利用ネットワーク帯域の節約により受信映像が安定性を改善できることがあります。)
iPod touchはVRモード未対応です。
ネットワーク 映像がHD解像度の場合は2Mbps以上、フルHDの場合は5Mbps以上の安定したネットワーク帯域 ネットワークが不安定になると一時的に解像度やフレームレートが落ちることがあります。

RICOH UCS P3500:360°映像配信端末として

環境 推奨 備考
外部カメラ RICOH THETA S(USB接続) ファームウェアバージョン1.82以上は未対応になります。
ネットワーク 2Mbps以上の安定したネットワーク帯域 ネットワークが不安定になると一時的に解像度やフレームレートが落ちることがあります。

コンタクトID

RICOH UCS(RICOH Unified Communication System)でご利用いただけるコンタクトIDが各クライアント毎に必要になります。

30日間無料トライアルもありますのでぜひお試しください。

RICOH Unified Communication Systemについて

RICOH UCS(RICOH Unified Communication System)は、リコーのテレビ会議・Web会議システムです。場所を選ばずいつでも、どこでも使える。だれもが直感的に使えるシンプル操作と、高画質・スムーズな映像により、まるで隣にいるように、声をかければひとつにつながり、コミュニケーションができます。

RICOH THETAについて

RICOH THETAはワンショットで全天球画像や動画を簡単に撮影でき360°自由自在に動かして見たり編集したり、共有したりすることができる片手で手軽にもてる全天球カメラです。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールアドレス
ricoh-tamago-360-vr-live@nts.ricoh.co.jp

Facebook