このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ワークスタイル変革 × ビジュアルコミュニケーション

今、新しいオフィスのあり方とワークスタイルの変革が求められている

育児休暇の積極取得や、ワークシェアリングなど就業時間短縮によるワークライフバランスの変化。
ダイバーシティを尊重した多様なライフスタイルへの対応、また、効率的な事業所運営による環境への配慮等の社会的責任、 更には、グローバル化や、大規模災害発生時にもビジネスが継続できるインフラ整備等、多くの企業で様々な難しい課題を抱えています。

このような課題を解決するため、新しいオフィスのありかたとワークスタイルの変革が求められています。

ワークスタイルを取り巻くICT*環境の変化と課題

モバイル・デバイスやクラウドサービスの充実等のテクノロジーの進展により、「いつでも・どこでも」働ける環境が整備され、個人レベルの生産性は飛躍的に向上しました。その一方で、会議やミーティング等のコミュニケーションのあり方は、いまだ、従来と変わらない非効率なまま取り残されているという実態が見受けられます。

*ICTとは情報通信技術の略称です。

コミュニケーション・コラボレーションの重要性

ビジネス変革のため、コミュニケーションにおける生産性向上が課題として重要視されています。事実、73%のCIO*が “社内コラボレーション“をビジネス変革を支える組織変革に必要な戦略的優先事項と捉え、76%のリーダーが”コミュニケーションの活性化”と”効率的な会議”で、企業競争力を高めたいと考えているという調査結果が報告されています。
このように、多くの企業で新しいワークスタイルに求めるものとして「コミュニケーション・コラボレーションの強化」が、重要と考えています。

*CIOとは「Chief Information Officer(最高情報責任者)」の略称です。

73%のCIOが社内コラボレーションをビジネス変革を支える組織変革に必要な戦略的優先事項と考えられいる(出典:IBM グローバル経営層スタディ)

76%のリーダーがコミュニケーションの活性化と効率的な会議で、企業競争陸を高めたいと考えている。(出典:ガートナー)

コラボレーションによるスパイラルアップ

イノベーションの実現には個人の知識・経験などの暗黙知を、組織のノウハウとして形式知化し、さらに個人の知識・経験としていくという 個人と組織の相互作用によるスパイラルアップが重要と考えています。リコーはICT技術を活用した、コミュニケーション・コラボレーションの変革を通じてこのスパイラルの加速により、お客様の企業競争力向上に貢献していきたいと考えています。イノベーションの実現には、個々の知識・経験を高めるとともに、コラボレーションによる組織の知識・ノウハウの蓄積が重要です。

画像:コラボレーションによるスパイラルアップ

リコーが提案する新しいコラボレーションのかたち HUDDLE WORKPLACE

生産性の高いコラボレーションを生み出すためには、 「いつでも・どこでも・誰でも・誰とでも」、円滑な情報共有と、迅速な意思決定を行う効率的なコミュニケーション環境が重要です。リコーはこのような新しいコラボレーションの場を“HUDDLE WORKPLACE”と呼んでいます。
“HUDDLE(ハドル)”とはアメリカン・フットボールにおいて、プレイの合間に行われる作戦会議のこと。いつでも必要なときにサっと集まり、コラボレーションミーティングの後はパッと解散してすぐに仕事に戻る。さらに、映像や音声を通して、離れた人ともいつでも繋がる。リコーはそんな新しいコラボレーションのかたちを提案します。

オフィスを変える、働き方が変わる

リコーが提案するワークスタイル変革資料の無料ダウンロード。

資料をダウンロードする

「ハドル」で働くはこう変わる

リコーが提唱する「ハドル」の価値をわかりやすくご説明します。
※週刊東洋経済の掲載記事になります。

>詳細をみる