このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 株式会社タカサ 様

請求業務のデジタル化で「約80%の工数削減」と「テレワーク化」を実現

リコーの「MakeLeaps(メイクリープス)」は、見積書や請求書など各種書類の「作成」や「承認」、「送付」から「入金管理」まで、請求にまつわる業務を効率化するクラウドサービスです。今回は、毎月延べ50時間以上を要していた請求書の発行業務を効率化するため、2020年4月に「MakeLeaps」を導入された株式会社タカサ様に、導入の背景や効果について伺いました。タカサ様は千葉県内を中心に、調剤薬局、在宅医療、福祉用具サービス、通所介護などの事業を展開されていらっしゃいます。

印刷・紙折り・封入の作業が「ゼロ」に。請求業務のテレワーク化も実現。

導入の背景

●「MakeLeaps」導入前の業務について、その内容や悩みをお聞かせください。

当社の福祉用具サービス事業におけるお客様へのレンタル料ご請求について、毎月 6,400 枚の請求書発行を約20名にて手作業で行っていました。業務の流れとしては、まず本社で約3時間かけて請求書を印刷し、その請求書の紙折り作業を機械で約2時間かけて行っていました。その後、各支店(5拠点)で封入作業を行うため、本社から各支店に請求書を郵送し、それを受け取った支店側が延べ40時間ほどをかけて封入作業を行っていました。このように各工程で相当な労力・時間を要していたため、印刷作業を請求担当ではない他部署にお願いしたり、封入作業も事務担当以外に手伝ってもらったりと、担当外の従業員の支援なしにはとても追いつかない状態でした。

株式会社タカサ 本社ショールーム

株式会社タカサ 専務取締役 鎗田 吉正 様
株式会社タカサ ライフケア事業部 茂木 忍 様

今後の展望

●「MakeLeaps」のご利用について、今後の展望がありましたらお教えください。

現在は福祉用具サービス事業で「MakeLeaps」を利用していますが、今後は薬局事業やその他介護部門にも活用範囲を広げていきたいと考えています。また「MakeLeaps」による請求書発行の電子化(電子送付)も検討していきたいですね。それにより、さらなるコスト削減が図れると考えています。さらに薬局部門では現在、契約の電子化(電子契約)を推進しているので、福祉用具レンタル事業で進める請求書の電子化と掛け合わせて、一連の業務を電子化することもやっていきたいですね。

※請求管理クラウドサービス「MakeLeaps(メイクリープス)」
https://www.ricoh.co.jp/service/makeleaps/

業務の変化(導入前・導入後)

画像:導入前、導入後

拡大

お客様プロフィールと導入製品

お客様情報

■お客様名称:株式会社タカサ様

■本社所在地:千葉県市原市五井東1-1-1

■従業員数:547名

■事業内容:薬局事業、介護事業

■URL:https://www.takasa.co.jp/

株式会社タカサ様

導入ソリューション

■請求管理クラウドサービス
MakeLeaps

まずは30日間の無料トライアルをどうぞ
https://www.ricoh.co.jp/service/makeleaps/

QRcode

  • 本ページに掲載されている情報は、2020年9月現在のものです。

ダウンロード

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。

PDFダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ