このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
ここから本文です

第6回 働き方改革EXPO(旧ワークスタイル変革EXPO)

画像:リコーブース

会場
東京ビッグサイト
主催
リードエグシビション ジャパン株式会社

株式会社リコーおよびリコージャパン株式会社は、5月29日(水)~31日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第6回働き方改革EXPO」(主催:リード エグジビション ジャパン)に出展いたします。
今回のリコーブースは、『働き方が変わる “RICOH Activity Based Working”』をテーマに、コミュニケーション・コラボレーションを促進するビジュアルコミュニケーション製品と、働く人々の能力を最大限に引き出す“ワークプレイスデザイン”を融合させた空間を展示。リコーが新たに提供するコミュニケーションツールをご紹介させていただきます。
ご多忙中かとは存じますが、是非ご来場いただき、リコーブースへお立ちよりください。心よりお待ち申し上げております。

出展テーマ

働き方が変わる
“RICOH Activity Based Working”

“Activity Based Working”とは、オフィスだけでなく、人々にとって最適な環境で働けるよう、働く場所を自由に選ぶ、新しいワークスタイル。生産性の向上、業務の効率化、クリエイティブな成果を、働く人が最大限に発揮するために、働き方を空間から変えていく考え方です。

出展内容

『働き方が変わる “RICOH Activity Based Working”』というテーマのもと、デザインされた働く空間に、いつでも、どこでも、誰でも、誰とでも、サッと視覚的に意思疎通が行えるビジュアルコミュニケーション製品を組合せた、働き方改革ソリューションを2つのコンセプトゾーンでご紹介いたします。

ゾーン1
Multi-Base

Multi-Baseとは、個人の業務を行うベース(デスクや場)は、ICTや運用による働き方改革により、固定席から、業務に合わせて多様なベースを選択できる環境のこと。これまでのひとつの執務デスクだけでなく、オフィス内ではより集中作業をする場、セキュリティが確保されたデータを扱える場、アイデアを思考できる場、街中ではカフェやラウンジ、在宅勤務でのリビングなど、時間や場所にとらわれず、生産性の高い個人作業が行える環境をご紹介します。

画像:Work-Life

ゾーン2
Huddle Workspace

Huddle Workplaceとは、オフィスにいるメンバーが必要な時にサッと集まって、いつでもショートミーティングできる空間のこと。情報を共有したいときや、チームメンバーや上司の意思決定が必要な時に使えるツール。
また、偶発的なコミュニケーションを促進するための空間も合わせてご紹介します。

画像:Huddle Workplace

and more...

  • Microsoft Office 365®を活用したリコーグループの働き方
  • ワークプレイスデザイン(働き方改革につながるオフィス機器や移転プロジェクト支援)
  • リコーグループが取り組む働き方改革のご紹介

ブース内セミナー

1.リコーグループのOffice365®導入実践事例

(5/30 3回開催)

2.Office365®活用事例からみる!リコージャパン社員を中心とした働き方

(5/31 3回開催)

開催概要

第6回 働き方改革EXPO(旧ワークスタイル変革EXPO)

日時 2019年5月29日(水)~31日(金) 10:00~18:00
会場 東京ビッグサイト 青海展示棟 交通アクセス
リコーブース 青海展示棟 ブースNo.B32-60
第6回 働き方改革EXPO 公式サイト

リコーブース案内

青海展示棟 ブースNo.B32-60

画像:リコーブース 東京ビッグサイト 青海展示棟 ブースNo.B32-60