このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
  • ホーム
  • 路面モニタリングサービス
ここから本文です

路面モニタリングサービス

画像:撮影・分析から調書作成までのプロセスを自動化。低コストで効率的な路面性状調査を実現。

※画像はイメージです。

社会インフラの老朽化が進み、その維持・管理の重要性が高まっており、点検が必要な対象道路は今後ますます増加すると言われています。
「リコー 路面モニタリングサービス」では、ステレオカメラを搭載した一般車両を使って、走行しながら路面を撮影し、画像をデジタル化。その画像を分析することで、路面損傷具合を自動判定し、各種調書に出力します。自動化による低コスト化と計測長距離化を実現し、自治体様による効率的な道路維持管理のお役に立つサービスです。

道路維持管理や点検業務で、このようなお悩みごとはありませんか?

路面撮影から調書作成までの流れとサービスの概略

道路点検での「低コスト化×長距離計測」の同時実現をご提案します。

提供サービスの概要

路面モニタリングサービスは、以下のサービスをご提供します。

  • ●路面性状測定*(一般車両にて実施)
  • ●その測定結果の集計
  • ●調書の作成およびデータの提供

測定車両例

画像:測定車両例

詳しくは、販売担当者にお問い合わせください。

  • *測定は、舗装調査・試験法便覧に準拠して実施します。
  • 点検役務の調達時期に合わせたサービスのご提供となります。
  • ご提供価格は、計測距離等に応じます。

【調書の一例】※使用している図はイメージとなります。

画像:調書の一例

測定の概要 他

測定概要

項目 測定方法 測定原理・分析・解析方法 概要
ひび割れ測定 ステレオカメラ撮影
および輝度画像処理方式
●ステレオカメラ輝度画像の取得
●輝度画像を幅員方向、車両進行方向に結合したデータを用い、ひび割れ率を算出
計測精度:幅1mm以上のひび割れ認識可能
わだち掘れ測定 ステレオカメラ撮影
および距離画像処理(横断方向)方式
●ステレオカメラ距離画像の取得
●距離画像を幅員方向に結合したデータを用い、わだち掘れ量を算出
計測精度:±3mm以内
平たん性測定 車載型プロフィールメーター
(3点式レーザー変位計)
●一定間隔で配置された3点式レーザーによる車両からの高さデータを用い、平たん性を算出
計測精度:±30%以内

免責事項

(1)下記の撮影条件に反する場合、路面撮影・計測の実施はできません。

  • トンネル、アンダーパスや夜間など光量が不足している状態。
  • 落ち葉、路上停車、その他投機物などの障害物により路面が隠れている状態。
  • 土砂崩れや道路工事など通行が規制されている状態。
  • 自然流水などで路面が常時濡れている状態。
  • レンガ敷き、コンクリートなどアスファルト以外の舗装および未舗装道路。
  • 災害等により業務の遂行ができない状態。
  • その他、適切な路面撮影・計測が困難な場合。

(2)下記に示す場合は、本サービスの精度を保証することができません。

  • 入札要求仕様に対し、委託者より提供された情報に欠陥がある場合。
  • その他、サービス遂行上で必要な情報が入手できない場合。

データ利活用について

(1)本サービスでは、今後の本サービスの品質向上・精度向上のために取得した路面画像データを利活用することがあります。この場合、路面画像データは、路面性状情報として、ひび割れ、わだち掘れ、平たん性、走行距離の情報を含むものとします。

(2)リコージャパン株式会社は、本サービスの履行に際し知り得たお客様の業務上の秘密(路面画像データを含みません)を本サービスの目的以外に利用せず、第三者に開示・漏洩することはありません。