このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

太陽光発電O&Mサービス

画像:太陽光発電O&Mサービス

お客様の太陽光発電設備をリコージャパンが24時間365日監視。自然災害などによる機器トラブル、発電停止・低下を早期に発見し解決します。障害が発生した際はお近くのサービス拠点から迅速に駆けつけ、安定稼働と売電収入減少抑制のご支援をいたします。

太陽光発電O&Mサービス紹介動画

リコージャパンが提供する太陽光発電O&Mサービスの特長

Point
01
専門オペレーターによる24時間365日の遠隔監視体制

  • 発電量モニタリング
  • 必要に応じてエンジニアもスピーディに手配

画像:専門オペレーターによる24時間365日の遠隔監視体制

Point
02
不具合発生時に迅速に現地に駆けつけ

  • 最寄りの拠点からエンジニアが駆けつけ
  • 発電ロス時間短縮、安定稼働を実現

画像:不具合発生時に迅速に現地に駆けつけ

Point
03
国内外、多数のメーカーに対応

  • 多様なメーカーの設備、機器にワンストップで対応

画像:国内外、多数のメーカーに対応

Point
04
発電所をレポートで見える化

  • 稼働状況やアラート発生、対応履歴を定期的にご報告。

画像:発電所をレポートで見える化

option

除草

雑草の影響による発電ロスを未然に防ぐ、
定期的な除草作業を承ります。

画像:除草 作業前→作業後


パネル洗浄

パネル表面の汚れの影響による発電ロスを、
純水による洗浄により売電量を復活させる
パネル洗浄作業を承ります。

画像:パネル洗浄 作業前→作業後

機器販売
太陽光発電資材の取り扱い

リコージャパン株式会社は総合商社でもあり、各社パネル / パワーコンディショナー / 接続箱・集電箱 / 架台 / キュービクル / 遠隔監視システム / 日射・気温計 / 監視カメラなどお取り扱いしております。

安定稼働をサポートする「太陽光発電O&Mサービス」体制図

*EPC:Engineering(設計)、Procurement(調達)、Construction(建設)を請け負う事業者の略称です。

駆けつけ事例のご紹介

リコージャパン管理対象発電所
駆けつけ要因の傾向

画像:リコージャパン管理対象発電所 駆けつけ要因の傾向

不具合事例は主に3パターンで約7割がPCS停止

  1. 系統側の異常/落雷によるPCS停止
    (約50%)
  2. 機器異常によるPCS停止
    (約14%)

1日PCS停止した場合の
おおよその売電損失 FIT:40円

画像:1日PCS停止した場合のおおよその売電損失 FIT:40円

1ヵ月気が付かないと
30倍の損失!

Before

自社で管理

売電損失に加え、管理業務コスト(人件費、移動交通費・宿泊費)が発生します。

画像:自社で管理

明細が届くまで気が付かなかった場合、
売電損失が継続発生

After

太陽光発電O&Mサービス利用

迅速な駆けつけにより損失を低減

画像:太陽光発電O&Mサービス利用

2日目だけ売電損失が発生するが、
駆けつけ対応で3日目以降は復旧

定期点検時に発見した不具合事例

Case1:PVモジュールの一部に焦げ

画像:Case1:PVモジュールの一部に焦げ

赤外線サーモ試験でモジュールの一部に焦げている箇所を発見。

Case2:落雷

画像:Case2:落雷

落雷により避雷素子の焼損を発見。

Case3:機器不良(1)

画像:Case3::機器不良①

モジュール裏面のジャンクション・ボックスが焼損。

Case4:機器不良(2)

画像:Case4::機器不良②

PCSファン停止を発見。

よくあるお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

画像:ビジネスダイヤル050-3534-1752

受付時間:平日(月~金)9時~17時(土日、祝祭日および弊社休業日を除く)

*ご利用の際には電話番号を良くお確かめの上、お間違えないようお願い申し上げます。
*お問い合わせの内容・発信者番号は対応状況の確認と対応品質の向上のため、録音・記録をさせていただいております。