Main content
現在地

MP3ファイルを文字起こしする方法!おすすめツールやアプリをご紹介

MP3ファイルを文字起こしする方法!おすすめツールやアプリをご紹介のバナー

目次

※各サービスの詳細は、サービス提供事業者にお問い合わせください。

MP3ファイルの音声を、テキストファイルに文字起こしする方法を紹介しています。おすすめツールと使い方も掲載していますので、是非参考にしてください。

MP3の文字起こしにはアプリ、ツールが必要

MP3ファイルを手作業で文字に起こすのは手間がかかり、例えば会議の議事録を作成のたびに毎回毎回やるのは生産的ではありません。そこで便利なのが文字起こしアプリです。文字起こしアプリはその名の通り自動で文字起こしを行ってくれるアプリで、AIが音声データを認識してテキストに変換してくれます。Webブラウザやスマホ/タブレットのアプリからMP3ファイルをクラウドにアップロードして文字起こしするものがあります。

MP3の文字起こしにはtorunoがおすすめ

「toruno」はMP3ファイルをはじめとする音声ファイルをアップロードするだけで自動で文字起こしをしてくれるアプリです。ファイルアップロードの他にリアルタイムでの文字起こしも可能となっており、様々なWeb会議サービスも文字起こしできます。
また、「音声の録音」と「画面の自動キャプチャ」をしてくれる機能も搭載されていますので、後から会議や記録を振り返る時に、会議の内容を思い出しやすいツールとなっています。

その他利用可能なツール

「toruno」の他にも、「Notta」と「文字起こしさん」というサービスもあります。「Notta」は「toruno」と同様に音声ファイルのアップロードによる自動文字起こしが可能で、リアルタイムでの文字起こしにも対応しています。
「文字起こしさん」はウェブアプリケーションのためブラウザから手軽に利用できるのが強みです。ただし無料だと利用に制限があり、有料プランにすることで利用制限が緩和されるといったシステムになっています。

PCでMP3の文字起こしを行う方法(torunoの場合)

torunoにログイン

「toruno」を利用するには、まず会員登録(無料)をしてログインしましょう。手順は以下の通りです。

  1. 「新規登録画面へ」をクリック
    →torunoのアプリやWebサイトの利用時にログイン画面が表示されますので、 「新規登録画面へ」をクリックしてください。
  2. メールアドレスとパスワードを入力して「同意して新規登録」をクリック
  3. 確認コードが添付されたメールが届くので、コードを確認して入力する
  4. 登録完了を確認し、ログイン画面を開く

[音声ファイルをアップロード] からMP3をアップロード

ログイン後、「会議ログ一覧」の画面にアクセスします。個人の場合は画面右下に、ビジネス契約の場合は左のメニューから「チーム」からチーム名を選択した後同じく右下に「ファイルをアップロード」ボタンが表示されますのでこちらを選択しましょう。

詳しい使用方法や対応ファイル、条件は、以下の記事よりご確認ください。

手持ちのファイルが以下の条件に当てはまっていない場合は、形式を変換したりサイズを圧縮する必要があります。
また、リアルタイムでの文字起こしもできるので、ファイルを再生しながら文字起こしするという方法もあります。

処理が終わったらファイルとして保存する

「会議ログ一覧」 画面にアップロードしたファイルの記録と共に「文字起こし中」の文字と「完了時刻(目安)」が表示されます。その時刻以降に記録を開くとファイルとして保存できますので、会議ログ画面の右上のダウンロードボタンを押すことで、「Wordファイル」「テキストファイル」「CSVファイル」での書き出しが可能です。

スマホでMP3の文字起こしを行う方法

torunoにログイン

スマホのwebブラウザからtorunoにログインすることにより、スマホからでも自動文字起こしを行うことができます。
スマホのボイスメモで録音した音声を文字起こししたい場合は、PCに共有する必要がないのでスマホから行うのが便利です。ログイン方法は「PCで文字起こしを行う方法」で説明したのと同様で、新規無料会員登録後をしてログインします。

[ファイルをアップロード] からMP3をアップロード

こちらもPC版と同様で、「会議ログ一覧」の画面にアクセスした後「音声ファイルをアップロード」ボタンを選択することでアップロード可能です。
PCと違いドラッグ&ドロップでアップロードができませんので、「ファイルをアップロード」のモーダルが表示されたら「ファイルを選択」を押してスマホのフォルダからアップロードしましょう。

またボイスメモから移動させないと選択できませんので、iPhoneユーザーの方はボイスメモのファイルをファイルアプリに保存してください。

処理が終わったらファイルとして保存する

ファイルとしての保存方法もPC版と同様です。

「会議ログ一覧」 画面にアップロードしたファイルの記録と共に「文字起こし中」の文字と「完了時刻(目安)」が表示されます。その時刻以降に記録を開くとファイルとして保存できますので、会議ログ画面の右上のダウンロードボタンを押すことで、「Wordファイル」「テキストファイル」「CSVファイル」での書き出しが可能です。

文字起こし精度が悪かった時は・・・

集音環境が悪く音質が良くなかった可能性があります。文字起こし精度は音質に依存するため、話す人のそばにレコーダー(スマートフォンで録音する場合はスマートフォン)をおくことや、可能であれば、それらに拡張マイクを接続して同じく話す人のそばに拡張マイクをおくことで、改善する場合があります。

文字起こしを利用して業務を効率化しよう

以上がMP3の文字起こし方法になります。音声ファイルをアップロードするだけで簡単に自動で文字起こしができますので、手作業での文字起こしを脱却して業務を効率化してみてはいかがでしょうか。

※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※本記事に掲載のその他の会社名および製品名、ロゴマークは各社の商号、商標または登録商標です。

torunoの「情報」や「無料トライアル」はこちら!

「サービスに関する情報」や「無料トライアル」に関する情報を提供しています。
ぜひご確認ください!

法人契約でのご利用を
検討されるお客様へ

サービス詳細や無料トライアルはこちらから!

toruno ビジネス

個人契約でのご利用を
検討されるお客様へ

サービス詳細や無料トライアルはこちらから!

toruno パーソナル