RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
Main content

Ridoc IO Gate /RICOH IO Gate V3を安全にご利用いただくために

Ridoc IO Gate /RICOH IO Gate V3のセキュリティを確保するためには、お客様の環境に合わせたセキュリティ設定をしていただく必要があります。
悪意を持った攻撃者による被害を防ぐため、「ソフトウェア・拡張機能のセキュリティ」の内容に加え、以下の点にご注意いただき、設置および設定を適切に行っていただきますようお願いいたします。

ご利用に当たって

Ridoc IO Gate / RICOH IO Gate V3サーバーについて

  • ネットワーク経由の通信情報の漏洩を防止するために、暗号通信をご利用頂くことを推奨します。暗号通信の有効化は、WebサーバーにてSSLの設定を有効にして下さい。使用するSSLバージョン、暗号化強度は、複合機/プリンターの設定に合わせて下さい。

  • 通信の暗号化に用いるデジタル証明書は、自己署名証明書ではなく、信頼できる第三者認証局の発行した証明書を使用することを推奨します。デジタル証明書の導入は、Webサーバーから設定を行ってください。

  • 信頼されたユーザーのみがアクセスできるセキュアなネットワーク環境でご利用ください。

  • 一部のWebページについては、認証サーバー配下のすべてのユーザーアカウントでアクセス可能です。ユーザーアカウントを適切に管理してください。

  • ネットワーク環境において、必要最低限のポートのみ通信を許可するように設定してください。

専用操作端末について

  • 専用操作端末のアプリケーション起動・終了を制御する管理者パスワードを初期値より変更し、管理者情報は適切に管理してください。

Ridoc IO Gate / RICOH IO Gate V3(複合機・プリンター)について

  • ネットワーク経由の通信情報の漏洩を防止するために、暗号通信をご利用頂くことを推奨します。暗号通信の有効化は、Web Image MonitorからSSLの設定を有効にして下さい。

  • 通信の暗号化に用いるデジタル証明書は、自己署名証明書ではなく、信頼できる第三者認証局の発行した証明書を使用することを推奨します。デジタル証明書の導入は、Web Image Monitorから設定を行ってください。