このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

若者へのSDGsの普及・啓発を強化。
県の未来を見据えた産学官連携。(山形県)

  • SDGs 4
  • SDGs 11
  • SDGs 17
  • 教育
  • 環境

画像:若者へのSDGsの普及・啓発を強化。県の未来を見据えた産学官連携。(山形県)

地域の豊かな自然と地球の環境を守る持続可能な地域づくりに貢献できる人材を育成したい
リコージャパン山形支社は、山形県からの委託を受け、国立大学法人山形大学と連携し、
県内の高等学校、大学の生徒、学生、教員に向けた「若者向けSDGs等環境学習会」を行っています。

各学校では生徒や学生が、山形大学の教授などからSDGsの視点から環境問題やその解決策など講義を受け、
またカードゲームを通して企業のSDGsの取り組みや解決手法について学びました。

INTRODUCTION(山形県)

この学習会は、J-クレジット制度を活用した「山形県民CO2削減価値創出事業」による収益還元事業として、山形県の委託により、県内の高等学校、大学の生徒、学生、教員を対象に実施するもので山形大学とリコージャパン山形支社が共同提案した企画が採択され、学習会の運営を山形支社が推進しています。

山形県は、山形大学、山形新聞とともに8月6日(木)SDGsの推進に向けた共同宣言を発表しました。今後、SDGsの理念の普及と実践を拡大させるため、互いに連携して行動していきます。

画像:INTRODUCTION(山形県)

PROJECT STORY

対象の学生に合わせた講義内容および講師をコーディネート。

県内の高等学校、大学を対象に、山形大学など地元大学教授の協力を得て、『SDGs(環境分野)』、『地球温暖化』、『気候変動適応』のうち希望するテーマに応じた環境学習会を開催します。リコージャパンは各学校との実施計画調整、教育に使用するICTの配備などを担当します。

<講師>
  • 山形大学 理学部 理学科教授 栗山恭直氏
  • SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏
  • 東北公益文科大学公益学科 准教授 倉持一氏
  • 東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 教授 三浦秀一氏
1

TOPICS

第1回 九里学園高等学校 10月13日(火)

  • 講師:山形大学 理学部 理学科教授 栗山恭直氏
  • 学習内容:クリーンエネルギーやプラスチックのリサイクルに関する演示実験をしながらSDGsの視点で環境問題とその解決策に対する科学的なアプローチを学ぶ。

画像:第1回 九里学園高等学校 10月13日(火)

●講師からのメッセージ

高校からSDGsを学ぶ機会が増えることはいいことだと思います。今日の講義や実験などがいろいろな観点で子どもたちの探究的な学びにつながるので、私たちの専門的な見方や考え方を伝えていきたいと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「身近なプラスチックの問題に対して理解が深まり、SDGsを自分事としてとらえることができました。」

画像:受講した生徒の感想

画像:実験を混じえた講義で生徒の理解を深める栗山講師

実験を混じえた講義で生徒の理解を深める栗山講師

画像:生徒用入口に掲示しSDGsに積極的に取り組む

生徒用入口に掲示しSDGsに積極的に取り組む


第2回 山形県立置賜農業高等学校 10月15日(木)

  • 講師:SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏
  • 学習内容:山形版SDGsシミュレーション・カードゲームを通じて、山形における地域の課題を理解し、自分達の行動(選択)がどのように地域の経済、社会、環境へ影響するのかを体感的に学ぶ。

画像:第2回 山形県立置賜農業高等学校 10月15日(木)

●講師からのメッセージ

ゲームの進め方として、特に農業を意識することなく進めましたが、環境問題や、持続可能な農業に関して自分事でとらえている生徒が多く、今回のゲーム体験を通じて、持続可能な社会の形成には、農産物の地産地消やサステナブルな農業が大事であることと、お金が地域で循環することにより地域の社会問題や環境問題の解決につながる事を改めて理解できたのではないかと感じました。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「ゲームを通して楽しくSDGsを理解できてよかった。」
「作りすぎ、買いすぎという事が多いので、気を付けていきたい。」
「農業の生産基盤の安定、担い手の人材育成が重要になってくる。」
「自然環境と調和した持続的な農業を大学に進学しても学びたいと思った。」

画像:受講した生徒の感想

画像:環境、社会、地域経済の観点からスコアを付与

環境、社会、地域経済の観点からスコアを付与

画像:お金、経験、健康、モノごとのポイントで性格を判定

お金、経験、健康、モノごとのポイントで性格を判定


第3回 山形県立酒田南高等学校 11月2日(月)

  • 講師:東北公益文科大学公益学科 准教授 倉持一氏
  • 学習内容:変化している企業の経営戦略を理解し、SDGsの視点で高齢化社会等の地域の課題や環境問題の解決とビジネスによる地域振興の両立を考える。特に庄内地区において課題の中に埋もれているリソースを発想の転換により観光資源等のビジネスリソースとして発見する事を学ぶ。

画像:第3回 山形県立酒田南高等学校 11月2日(月)

●講師からのメッセージ

今日の講義では、課題だとされる地域の様々なことに対して、発想を転換する事により素晴らしいリソースになるという事に気づいてほしいと思いました。特に酒田の身の回りの地区をSDGsの視点でもう一度見直してみて欲しい。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「今までたくさん地域の人と関わってきたけれど、それ以上にもっといろんな方に関わって行きたい。そして地域をもっと知りたいと思いました。」

画像:受講した生徒の感想


第4回 山形県立鶴岡中央高等学校 11月10日(火)

  • 講師:SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏
  • 学習内容:山形版SDGsシミュレーション・カードゲームを通じて、山形における地域の課題を理解し、自分達の行動(選択)がどのように地域の経済、社会、環境へ影響するのかを体感的に学ぶ。

画像:第4回 山形県立鶴岡中央高等学校 11月10日(火)

●講師からのメッセージ

今日は大人数で、しかも時間短縮版で行ったので、生徒たちがどこまで理解できたか不安でしたが、しっかりと山形メーター(地域の環境、社会、経済の進捗)を意識しながら、どの選択が地域を良くするか考えながら取り組んでいました。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「自分たちの行動が、地域の環境や経済などに影響を与えていることがわかりました。」
「一つの事が、他の事にも広くつながっている事がゲームを通して理解できました。」

画像:受講した生徒の感想


第5回 山形県立寒河江高等学校 11月16日(月)

  • 講師:山形大学 理学部 理学科教授 栗山恭直氏
  • 学習内容:クリーンエネルギーやプラスチックのリサイクルに関する演示実験をしながらSDGsの視点で環境問題とその解決策に対する科学的なアプローチを学ぶ。

画像:第5回 山形県立寒河江高等学校 11月16日(月)

●講師からのメッセージ

特に探究コースの生徒たちがSDGsを学ぶにあたり、背景にある社会課題を信頼できるサイトのデータを使って分析したり比較したり、または今回のような実験などいろいろな観点で探究的な学びにつなげて欲しいので、私たちの専門的な見方や考え方が役に立つと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「実演実験などで水素エネルギーについて詳しく知ることができた。将来の世代まで考えたクリーンエネルギーについて、今あるエネルギーや資源を使い、さらに工夫を加える事で、この寒河江でもSDGsに取り組めることがわかり、SDGsに興味をもった。」

画像:受講した生徒の感想


第6回 山形県立荒砥高等学校 11月19日(木)

  • 講師:SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏
  • 学習内容:山形版SDGsシミュレーション・カードゲームを通じて、山形における地域の課題を理解し、自分達の行動(選択)がどのように地域の経済、社会、環境へ影響するのかを体感的に学ぶ。

画像:第6回 山形県立荒砥高等学校 11月19日(木)

●講師からのメッセージ

白鷹町は学生時代にフィールドワークを行った場所で、このゲームを作る動機となった場所なので特別の思い入れがありました。荒砥高校の校歌は現代語訳されており、よく読むとSDGsそのものを表現していることに気づきます。こうした事からも母校を誇りに思って地域に貢献する人になって欲しいと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「今まで地域の事などに時間をかけて考える事がなかったので、良い経験になった。」
「地球環境を守るために、まずは地域でやっている事を見直して、ごみの分別や捨てるものなど今まで気にしなかった部分に気をつかっていきたい。」

画像1:受講した生徒の感想

画像2:受講した生徒の感想


第7回 山形県立高畠高等学校 11月26日(木)

  • 講師:山形大学 理学部 理学科教授 栗山恭直氏
  • 学習内容:プラスチックのリサイクルに関する実験をしながらSDGsの視点で環境問題とその解決策に対する科学的なアプローチを学ぶ。(今回は生徒達が班編成で実験を体験する進め方で開催)

画像:第7回 山形県立高畠高等学校 11月26日(木)

●講師からのメッセージ

SDGsを学ぶにあたり、社会課題を解決するためには多角的なものの見方が必要になります。プラスチックそのものが悪いのではなく、生活の中で賢く共存する必要があります。例えば生分解性プラスチックの分解は結果的に燃やすのと同じ量のCO2が発生するので、燃焼して熱エネルギーとして回収する事がすべて悪いわけではないという考え方もあります。科学的な根拠を良く学び、より多角的な考え方を身に着けて欲しいと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「実験を通して、プラスチックには多くの種類があり今まで知らなかったことが発見でき理解できた。これからプラスチックのリサイクルを心がけて生活していきたいと思った。」
「きれいな海を保つために、プラスチックの分別、リサイクルをしっかり行っていきたいと思った。」

画像1:受講した生徒の感想

画像2:受講した生徒の感想


第8回 山形大学 農学部(小沢研究室) 12月1日(火)

  • 講師:東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 教授 三浦秀一氏
  • 気候変動と再生可能エネルギーからSDGsのゴールの関連性を見つけ出し、グローバルな課題とローカルな動きがつながっていることを山形県内の事例を学びながら理解し、山形県における課題解決ための可能性を考える。

画像:第8回 山形大学 農学部(小沢研究室) 12月1日(火)

●講師からのメッセージ

ヨーロッパや北欧などのエネルギー転換が進んでいる地域の取組みの事例をデータでの把握や地域社会での協働の仕組みなどの理解を通じて、SDGsを理系的な視点、文系的な視点の両方から見ることの重要性を感じてもらいたいと思います。山形県にはSDGsの視点で取り組むべき課題があるとともに解決のための可能性に満ちていることを理解してもらいたいと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「石油や石炭から作られる電力は有限であり、地球温暖化や環境破壊といった影響が大きいので、節電や資源の有効活用、使う電力の選択をしたいと思った。」
「出羽三山(羽黒山)の風力発電の話が聞けた。山を手放したい人、景観を守りたい人など色んな人がいる中で再生可能エネルギーを普及させてゆく事の難しさも学んだ。」

画像1:受講した生徒の感想

画像2:受講した生徒の感想


第9回 山形県立山形北高等学校 12月23日(水)

  • 講師:SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏
  • 山形版SDGsシミュレーション・カードゲームを通じて、山形における地域の課題を理解し、自分達の行動(選択)がどのように地域の経済、社会、環境へ影響するのかを体感的に学ぶ。

画像:第9回 山形県立山形北高等学校 12月23日(水)

●講師からのメッセージ

2年生2クラス、1年生1クラス、各50分ずつの限られた時間でのワークショップでしたが、事前の学習が良くできていて、スムーズに進められました。もう少しゲームの体験時間が欲しかったと思いますが、自分たちの行動や選択が山形の地域社会における環境や社会生活、経済活動に影響している事が体感できたのではないかと思います。この経験をこれからの探究学習に生かして欲しいと思います。

画像:講師からのメッセージ

●受講した生徒の感想

「ゲームを通して、地域社会の問題や環境が連鎖的に繋がっている事がわかって良かった。」
「普段からゴミが多く出ないようにする事や、商品を買うときも自分に本当に必要なのか考えて購入するなど、身近な活動が大事なことが理解できた。また、二酸化炭素の排出を少しでも減らすことができればと思った。」

画像1:受講した生徒の感想

画像2:受講した生徒の感想

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ