このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc IO Assist For MetaFrame Ver.2.0(本製品は販売終了しております)

Ridoc IO Assist For MetaFrame Ver.2.0は、2017年3月31日にて、提供およびサポートを終了させていただきました。

IPSiOプリンターのオプション機器を、MetaFrame環境でもフルに活用。
リコーは、MetaFrame環境での快適なプリンター活用を可能にします。

MetaFrameをご利用の方、あるいは導入を検討されている方にとって“プリンター活用”は大きな課題です。まず第一に、プリンタードライバーはMetaFrame環境に対応しているのか。また、ドライバーが対応していたとしても、オプション機器をクライアントプリンターの自動作成機能が認識するのか、クライアントPCごとの印刷設定を反映できるのか、ネットワーク上でのプリンター管理やアクセス制限など、解決すべき問題が数多くあります。リコーは、MetaFrameのユーザーでありリセラーであり、そしてプリンターメーカーとして、Ridoc IO Assist for MetaFrameをはじめMetaFrame環境での快適なプリンター活用のために様々なユーティリティを提供しています。

  • せっかくフルオプションで導入したのに、つかえない!
  • クライアントの印刷設定が引き継げない!

クライアントプリンターの自動作成機能ではデフォルトの最小機器構成になってしまうので、オプション機器を利用することができません。

Ridoc IO Assist for MetaFrame Ver.2.0で解決!!

オプション機器が認識されない、印刷設定が反映されない!

Ridoc IO Assist for MetaFrameは、MetaFrame環境での快適なプリンター活用を可能にします。オプション機器も印刷設定も、クライアントPCのプリンタードライバーの設定どおりに、サーバー上に作成されるプリンターに反映されます。多機能なプリンターの、すべての機能をあますことなく活用できます。

Windows Server 2003 Terminal Service環境でも利用可能

Ridoc IO Assist for MetaFrame Ver2.0は、Windows Server 2003 Terminal Serviceのみの(MetaFrameを導入していない)環境でもご利用いただけます。

リコープリンター&FAX製品のMetaFrame対応状況

最新情報と対応ドライバーのダウンロードをご案内しています。
詳細を見る