このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

追加機能一覧

RICOH Always Current Technologyの各バージョンの追加機能や対象機種を確認できます。

新着情報

2019年11月11日

11月11日にversion 1.1 を公開しました。
追加機能概要:新しい設定画面、コピー機能の追加、ファクスの蓄積機能強化。

RICOH Always Current Technology
新機能インストール方法

「アプリケーションサイト」から
無償でインストールできます。

画像:1「アプリケーションサイト」を押します。

1「アプリケーションサイト」を押します。

画像:2「RICOH Always Current Tech.」を押します。

2「RICOH Always Current Tech.」を押します。

画像:3「インストール」を押し押します。

3「インストール」を押します。
※ファームウェアの更新が必要な場合は、「インストール」ボタン押下後、更新画面が表示されます。

画像:4「実行」を押します。

4「実行」を押します。

5機器が再起動します。

機器にインストールされている
バージョンを確認できます。

画像:1「状態確認」を押します。

1「状態確認」を押します。

画像:2「保守/問い合わせ/機器情報」を押します。

2「保守/問い合わせ/機器情報」を押します。

画像:3「問い合わせ情報」を押します。

3「問い合わせ情報」を押します。

画像:4「機器バージョン情報」を確認します。

4「機器バージョン情報」を確認します。

version 1.1追加機能

対応機種

以下の機種がこのバージョンに対応しています。新しい機能の詳細は「使用説明書(Web)」をご覧ください。

RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000
使用説明書(Web)

新しい設定画面

設定画面のインターフェースを一新。従来は操作部設定と本体設定に分かれていた項目を統合しました。カテゴリーの見直しに加え、検索機能を搭載。管理者がスムーズに設定を行うことができます。
※ 従来の設定と新しい設定の対応項目については、「使用説明書(Web)」の「設定項目対応表(従来・標準)」をご覧ください。

従来の設定画面

  • 画像:従来の設定画面
  • 画像:従来は、操作部設定画面と本体設定画面が別れていました。

    従来は、操作部設定画面と本体設定画面が分かれていました。

新しい設定画面

  • 画像:新しい設定画面

  • 便利な検索機能

    画像:設定画面から機能を検索できるようになりました。

    設定画面から機能を検索できるようになりました。

  • バージョンアップ後の設定画面は従来どおりです。以下の手順で新しい設定画面に切り替えられます。

    設定>本体機能設定>システム設定>管理者用設定>画面タイプの切り替え

    画像:新しい設定画面

コピー機能

便利な機能が追加されました。

  • ・読み取った原稿を1枚の用紙に繰り返し配置してコピーできます(リピート)。
  • ・白黒原稿は白と黒を反転、カラー原稿は、それぞれの色の濃度、明暗ともに逆になった補色でコピーできます(反転)。
  • ・原稿を鏡に映したように反転してコピーができます(ミラー)。
  • ・複数ページの原稿を一度にコピーするときに、ページの変わり目に用紙を挿入して仕切ることができます(合紙)。
  • ・コピーの実行中に[予約]を押すと、次の原稿を読み取っておくことができます(予約コピー)。

※ コピー(クラシックモード)でも利用可能です。

  • 画像1:コピー機能

    [リピート、反転、ミラー]

  • 画像2:コピー機能

    [合紙]

  • 画像3:コピー機能

    [予約コピー]

ファクス機能

受信文書をハードディスクへ蓄積することが可能になりました。ファクスメモリーへの蓄積(約320枚)だけでなく、ハードディスクへ蓄積することが可能です。ハードディスクには約30,000枚蓄積できるので、今まで以上にペーパーレスファクス受信が活用しやすくなります。
※ 蓄積文書は従来同様800件蓄積できます。
※ 新しい設定画面からのみ設定変更できます。
※ ハードディスク故障時にはデータ復旧できない可能性があります。

お問い合わせ
お問い合わせ

RICOH Always Current Technologyに関するお問い合わせは、複合機のお問い合わせにて受け付けております。

お問い合わせ