このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

「お客様の声」からの改善事例 24

置スペースを増やさず、紙折り作業を効率化したい

お客様の声

  • コピーした後に紙折りをしているが、手間が掛かかるので自動で折ることができないか。
  • 手作業でも二つ折りはまだ良いが、三つ折りは手間が掛かって効率が悪いので何とかしたい。
  • 事務所のスペースが限られているので、外付けの紙折りオプションを設置することは難しい。

改善内容

  • 4種の紙折り(Z折り、二つ折り、内三つ折り、外三つ折り)が簡単にできる「インナー紙折りユニットFD3010」をオプションでご用意いたしました。
  • 本体胴内装着なので、現状の設置スペースのままご利用いただけます。
    対応機種:RICOH IMC6000/C5500/C4500/C3500/C3000(※2020年8月現在)

インナー紙折りユニット FD3010について

複合機の本体胴内に納まり、新たなスペースは不要です。
紙折りの種類は4種類を、ご用意しています。

※RICOH IMC6000/C5500/C4500/C3500/C3000 専用オプションとなります。(2020年8月現在)

お客様のメリット

  • 手間のかかる紙折り作業を自動化することにより、事務作業の効率が大幅にアップします。
  • 用途に応じて4種類の紙折り(Z折り、二つ折り、内三つ折り、外三つ折り)を、選ぶことができます。
  • 紙折りユニットは複合機本体の胴内に納まりますので、新たなスペースの確保は不要です。