このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
2020年2月10日
リコージャパン株式会社

令和元年度「岐阜市景観賞」にて景観奨励賞<屋外広告物部門>を受賞

リコージャパン株式会社 岐阜支社は、このたび令和元年度「岐阜市景観賞」において、岐阜事業所の「建屋二階の窓ガラスに映しだすプロジェクション・マッピングによる情報提供」が景観奨励賞<屋外広告物部門>を受賞しましたことをお知らせいたします。

岐阜市では、岐阜市景観条例の規定に基づき、良好な景観の形成に貢献していると認められる建築物および屋外広告物、まちなみ・風景、まちづくり活動などを「岐阜市景観賞」表彰し、個性あふれる魅力的なまちにする活動に取り組まれています。

リコージャパン岐阜支社(岐阜事業所)は、平成31年3月に新社屋として竣工し、現在の場所へ移転しました。太陽光発電や蓄電装置による再生可能エネルギーの創出と、照明・空調制御システムや断熱建材・断熱ガラスなどによる省エネルギーを両立させた建屋として、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)で定める「Nearly ZEB」の第三者認証を取得しています。

今回の受賞対象となりました建屋二階の窓ガラスに映しだすプロジェクション・マッピングは、太陽光発電で創出した電力から自社消費分を差し引いた余剰電力を活用して投影しています。
プロジェクション・マッピングでは、岐阜県、岐阜市の名所の風景や地域の情報を発信しており、今後は防災情報や災害時における情報発信など、地域社会への貢献に努めてまいります。

今回の受賞においては、再生可能エネルギーの余剰電力を活用していることや社内実践で培った取り組みを地域社会へ発信していることなどが評価されました。

受賞部門
景観奨励賞<屋外広告物部門>
受賞物件
リコージャパン株式会社 岐阜支社 建屋二階の窓ガラスに映しだすプロジェクション・マッピングによる情報提供
講評
リコージャパン岐阜支社は岐阜市西部の主要道路沿いに位置し平成31年3月に新築移転されました。
こちらの社屋では働く人や、環境に配慮した事業所となっており、SDGs(エス、ディ、ジーズ、持続可能な開発目標)達成に向けた、様々な取り組みを地域・社会へ発信しております。その発信の一つとして太陽光発電による余剰電力を活用した夜間のプロジェクション・マッピングを実施しております。
実際の様子を拝見させていただきましたが建屋2階の窓、全面に映し出される岐阜県、岐阜市の名所と四季を綴る映像や、地域に特化した時事情報・天気予報などの投影には目を見張りました。
今後もプロジェクション・マッピングに限らず、様々な形で岐阜市から全国に向けた情報発信のシンボルとして、リコージャパン岐阜支社の活動を期待します。

画像:リコージャパン岐阜支社(岐阜事業所)のプロジェクション・マッピング

リコージャパン岐阜支社(岐阜事業所)のプロジェクション・マッピング

表彰式の模様

表彰式の模様

画像:左から、岐阜市 柴橋 正直市長、リコージャパン 岐阜支社長 林 徹也、岐阜市景観賞選考委員会 伊藤 栄一委員長

左から、岐阜市 柴橋 正直市長、リコージャパン 岐阜支社長 林 徹也、岐阜市景観賞選考委員会 伊藤 栄一委員長

リコージャパン岐阜支社では、再生可能エネルギーの活用と徹底した省エネルギーを実践する“RE100実践事業所“として、岐阜事業所の取り組みをお客様や地域社会に紹介することで、脱炭素社会の実現やSDGsの達成に貢献してまいります。