このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

業種別ソリューション

各業種ごとにお客様が抱えている課題別に、ビジュアルコミュニケーションを活用した働き方改革をご提案します。

「魅力ある店舗づくりで、売上を拡大する!」ビジュアルコミュニケーション機器を活用することで、鮮度の高い情報発信、きめ細やかな接客対応、質の高い専門サービスの提供を実現。「魅力的な店舗作り」による顧客満足度と売上の向上をサポートします。

<ソリューション例>

  • 集客力をあげるデジタルサイネージ
  • 本部・店舗間での連携強化
  • 専門スタッフによるリモートコンシェルジュ

>詳細を見る

「コミュニケーションを変えて、現場力を発揮させる!」テレビ会議・Web会議システムやインタラクティブホワイトボード(電子黒板)などを活用して、部門内、部門間のコミュニケーションを変えることてで現場力を高めます。

<ソリューション例>

  • デザインレビューでの、手戻り削減
  • 不具合発生時の、タイムリーな情報共有
  • 専門スタッフによる遠隔商談支援

>詳細を見る

「ICTで授業が変わる!」リコーのビジュアルコミュニケーションは、先生はもちろん、子どもたちもカンタンに使える機器を通じて、誰でも・すぐに・カンタンにビジュアルを使った授業や講義ができる環境づくりを支援します。

ICTとは情報通信技術の略称です。

<ソリューション例>

  • ICTを活用した授業
  • アクティブ・ラーニング
  • 遠隔授業

>詳細を見る

シンプルな操作性と使いやすさにこだわった機器を通して、リコーのビジュアルコミュニケーションはお客様のワークスタイル変革の実現を支援します。

<ソリューション例>

  • 本社と支社、海外拠点との会議
  • 共同作業でのコラボレーション促進
  • すぐに集まって、情報共有できる場所づくり

>詳細を見る

ワークスタイル変革(働き方改革)成功に導くカギとは

画像:PDF版 無料ダウンロード A4版 22ページ

資料をダウンロードする

ワークスタイル変革の推進を阻む課題と成功へ導くための注目ポイントを紹介します。

ワークスタイル変革に関するこんな悩み、ありませんか?
「必要性は分かっているが、実施が進まない」
「ワークスタイル変革が掛け声だけになっている」
「何から手を付ければ良いのかわからない」

ワークスタイル変革は、今や国を挙げて取り組むべき課題となっています。
その本来の目的は「企業の競争力、価値を高める」ことではあるものの、制度や業務プロセスの変更や組織の意識改革、環境整備への投資などが必要であり、一朝一夕で実現することが難しいとお感じの企業様が多いようです。

本資料では、客観的なデータに基づいてワークスタイル変革が求められる必要性を改めて確認したうえで、ワークスタイル変革の推進を阻む課題と成功に導くポイントを解説していきます。

ぜひ、貴社の業務にご活用ください。