労働時間管理、労働時間短縮への取り組み

医師の働き方改革は
リコーが解決!

医師の働き方改革はリコーが解決!
3つのステップでご紹介します。

STEP1|医師の働き方改革とは?

何がちがうの?「医師の働き方改革」を詳しく解説します。

医師の時間外労働の上限規制とは?

2024年4月1日から、医療に従事する勤務医の時間外・休日労働時間は、原則として年960時間が上限となります(A水準)。医療機関が、地域医療の確保などの必要からやむを得ず、所属する医師にこれを上回る時間外・休日労働を行わせる必要がある場合は、その理由に応じて、都道府県知事から指定を受ける必要があります。

指定の種類 長時間労働が必要な理由 年間の上限時間
A水準 原則(指定取得は不要) 960時間
連携B水準 他院と兼業する医師の労働時間を
通算すると長時間労働になるため
通算で1,860時間
(各院では960時間)
B水準 地域医療の確保のため 1,860時間
C-1水準 臨床研修・専門研修医の研修のため 1,860時間
C-2水準 長時間修練が必要な技能修得のため 1,860時間
  • 1,860時間の上限が適用されるのは、指定理由に対応する業務に従事する医師のみです。

  • 1つの医療機関が複数の水準の指定を受けることができます

医師の時間外労働の上限規制とは?の図

医師の健康確保のための対応が必要です!

十分な睡眠が取れずに連続して勤務する時間が長くなると、疲労が蓄積し、注意力の低下などによる医療ミスのリスクも高まります。勤務医が確実に休息を取ることができるよう、退勤から翌日の出勤までに原則9時間を空けるルール(勤務間インターバル制度)が始まります。また、1か月の時間外・休日労働が100時間以上となることが見込まれる場合は、産業医などによる面接指導を行う必要があります。

  • 出典:厚生労働省『医師の働き方改革2024年4月までの手続きガイド』

STEP2|取り組むべきこととは?

今後、適切な労働時間の管理と労働時間短縮に向けた取り組みが必要となります。

適切な労働時間の管理とは?

医師の働き方改革を推進するためには、労働時間管理の徹底と労働時間短縮に向けた取り組みが必要です。

労働時間管理の例

客観的な手法による
労働時間の把握

客観的な手法による労働時間の把握

タイムカード・ICカード・パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録することが必要です。

36協定の締結
 

36協定の締結

36協定とは、時間外労働に関する労使協定で、協定を締結していると、労使の間で時間外労働をしてもよいという合意が得られたとになります。

副業・兼業を通算した
労働時間の管理

副業・兼業を通算した労働時間の管理

副業・兼業を行っている医師は、副業・兼業先の労働時間も通算した時間管理が必要なため、把握できる仕組みが必要です。

宿日直許可を確認し
適正な取扱いによる管理

宿日直許可を確認し適正な取扱いによる管理

宿日直許可の有無を確認、必要な場合は許可申請を実施。宿日直許可を取得した業務時間は、労働時間には計上されません。

自己研鑽の適切な
取り扱いによる管理

自己研鑽の適切な取り扱いによる管理

労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間。使用者の明示又は黙示の指示による業務時間は労働時間に当たります。

労働時間短縮に向けた取り組みの例

タスクシフト/シェアによる医師の業務削減

医師に偏在している業務の一部を、看護師・薬剤師といった医療従事者や医師事務作業補助者へ移管したり、共同で実施することで、医師の負担軽減と同時にチーム医療の水準を上げることを目指します。

タスクシフト/シェアによる医師の業務削減

ICT等の活用による業務環境改善

医療現場の効率化に役立つICTを活用してDXを進めることで、業務の生産性向上・効率化を実現します。

ICT等の活用による業務環境改善
STEP3|最適なソリューションをご提案

今すぐ必要な「医師の働き方改革」への対応。最適なソリューションをご提案します!

医師の労働時間管理への取り組み

医師の労働時間管理には、医師特有の様々な課題があり、正確な労働時間の把握は難しいため、それらに対応した最適な勤怠管理システムを選ぶ必要があります。

訪問診療や、副業・兼業先での勤務の場合も
出退勤の打刻データを客観的に残したい

医師ごとに時間外労働時間の上限を超過しないように、
超えそうなときに通知(警告)したい

労働時間とそれ以外の時間を分けた管理がしたい

給与計算システムと連携させたい

医師の労働時間管理への取り組みの図

医師の労働時間短縮への取り組み

医師の労働時間短縮に向けた取り組みとして、タスク・シフト/シェアを始め、ICT等を活用などが不可欠となります。医療機関での労働時間短縮に向けた取り組み課題と具体的な取り組み例をご紹介いたします。

遠隔で診療や服薬指導を実施して効率化を図りたい
遠隔診療(オンライン診療・オンライン服薬指導)の導入により解決します

オンライン診療支援ソリューションパックにより、リモートでの診察はもとより、予約から会計までの一連の業務をシステム化して運用できます

POINT
  • 遠隔でも患者の診察を行うことができ、効果的な診察運用が可能です。

  • 往診にかかる移動時間を削減することができます。

  • 予約や受付にかかる事務スタッフの負担が軽減できます。

資料ダウンロード
遠隔診療(オンライン診療・オンライン服薬指導)の導入により解決します

対面業務をオンライン化して業務効率を上げたい
WEB会議システムを活用したオンライン化で院内業務の効率化をサポートします

院内業務オンライン化ソリューションパックにより、院内の様々な対面業務をオンライン化して業務の効率化・作業時間の短縮化・利便性の向上を実現します

POINT
  • 無線LANとWEB会議を活用し院内業務をオンライン化することで、業務を効率よく進めることができます。

  • ネットワーク環境構築により院内外複数拠点で実施のカンファレンスもリモート環境で手軽に実施できます。

  • 集合で行っている講習や会議も場所を選ばず、調整が楽になります。

資料ダウンロード
WEB会議システムを活用したオンライン化で院内業務の効率化をサポートします

チェックなどの定型業務を自動化して生産性を上げたい
ロボティクス活用による定型業務自動化ソリューションが解決します

院内の定型業務の自動化/効率化運用の実現に向け、RPA導入によるお客様のDX推進をエンジニアが伴走型でご支援します

POINT
  • チェックや突合といった職員が手作業で実施していた定型業務を自動化できます。

  • マスタ登録や転記作業などを自動化することで、人為的ミスの防止につなげられます。

  • RPAによる定型業務の自動化実現に向けて伴走型でサポートいたします。

詳細ページへ
ロボティクス活用による定型業務自動化ソリューションが解決します

問い合わせへの返信を自動化して職員の業務負荷を軽減し効率化したい
AIチャットボットによる院内や院外からの問い合わせ返答業務を自動化ソリューションが解決します

RICOH Chatbot Serviceの活用により、院内や患者さんからの問合せに対してAIを活用したチャットボットが自動返答し問合せ業務の工数削減を図ります

POINT
  • 患者さんや患者さんのご家族からの問い合わせ返答を自動化することで、職員が対応していた負荷が軽減されます。

  • 院外からの電話による問い合わせが減り、時間外も制約なく問い合わせ対応が行えます。

  • 院内の職員からの総務経理・情報システムなどに関する問い合わせの返答を自動化することで、問い合わせ対応時間を削減することができます。

詳細ページへ
AIチャットボットによる院内や院外からの問い合わせ返答業務を自動化ソリューションが解決します

医療機器の管理・点検業務の手間を軽減したい
医療機器の管理業務をシステム化、点検業務のアウトソーシングで解決します

リコー医療機器管理支援サービスにより、医療スタッフが主要業務に専念できるようにサポートします

POINT
  • クラウドを活用した医療機器システムにより台帳管理が行えます。

  • 点検履歴・教育履歴が管理機能により監査の際にかかる準備の負担軽減が図れます。

  • リコージャパンの保守サービススタッフによる医療機器の月次基本点検及びシステムへの点検記録入力を代行します。

詳細ページへ
医療機器の管理業務をシステム化、点検業務のアウトソーシングで解決します

患者さんの患部画像の管理、効率化を図りたい
患部画像連携ソリューションにより、画像データと患者情報の紐づけ管理の効率化します

RICOH G900SEによる、繋がる機能で、医療現場の情報管理を効率化します

POINT
  • 患者番号を特定するバーコード/QRコードを読み取って、患部の写真を紐づけてデータ送信が可能です。

  • 小型軽量ながら、耐衝撃・防水・耐薬品性を備え、医療現場でも安心してご使用いただけます。

  • リングライト搭載で患部の撮影も失敗なく行えます。

詳細ページへ
患部画像連携ソリューションにより、画像データと患者情報の紐づけ管理の効率化します

紙原本の情報を電子化して効率よく活用したい
紙文書の電子化により、スピーディーにデジタル化し、情報の一元管理による活用をサポートします

イメージスキャナー「RICOH fi Series」により、同意書・紹介状などの紙文書の電子化を推進し、DX化を強力にサポートします

POINT
  • 高性能スキャナーにより紹介状や同意書など様々な種類・状態の紙原本の電子化を強力にサポートします。

  • スキャンデータと患者様情報を自動的に紐付ける連携機能により、電子カルテとの連携が行なえます。

  • 紙情報を電子化することにより、電子カルテからの参照が容易となり、該当の患者様情報をすぐに閲覧可能となります。

詳細ページへ
紙文書の電子化により、スピーディーにデジタル化し、情報の一元管理による活用をサポートします

処方箋などの印刷物の出力先を自動的に振り分けたい
振り分け印刷ソリューションによる最適印刷環境をご提供します

「RICOH Rule Based Print」により、きめ細かく・フレキシブルに“ルール”を設定し、院内の最適で安全な出力環境をご提供します

POINT
  • 帳票内の文字列(キーワード)情報を検知して、自動で出力先プリンターを選択して印刷が行なえます。

  • 印刷時の時間帯・曜日に従って、自動で出力先プリンターを選択して出力が行なえます。

  • 院内のどの場所からでも、印刷物は印刷指示をかけた近くのプリンターを自動選択して出力が可能です。

詳細ページへ
振り分け印刷ソリューションによる最適印刷環境をご提供します

医師の働き方改革|お問い合わせ・資料ダウンロードはこちらから

リコーの働き方改革に関連した導入事例をご紹介!

労働時間管理、労働時間短縮への取り組み事例をご紹介します。

タイムレコーダーから勤怠管理ソフトまでの一括導入により『客観的かつ効率的な労働時間管理』を実現

〔病院プロフィール〕
お客様名:A病院様(東京都)
病院区分:療養・一般病院
従業員数:135名(病床数 76床)
導入システム:勤怠管理パック

病院スタッフの勤怠管理を従来はタイムカードで行い、毎月月末には人事担当が集計作業に多くの時間を要していたA病院では、2021年に同一法人内のクリニックを含め3拠点に計7台のタイムレコーダーを設置した。現在では、ドクターを含め全職員が『タイムレコーダー』による打刻を実施、また『勤怠管理システム』との連携による客観的な労働時間の管理を実現し、月末に集中した集計作業が不要となった。
また、タイムレコーダーによる管理は、リアルタイムで残業時間を把握できるだけでなく、同時に導入した『申請承認アプリ』との連携により休暇や残業の申請をいつでも遠隔で行える環境を構築でき、スタッフの労務管理を適切且つ効率的な運用実現に繋がっている。

タイムレコーダーから勤怠管理ソフトまでの一括導入により『客観的かつ効率的な労働時間管理』を実現

院内職員からの総務関係の問い合わせをChatbotが事務スタッフに変わって自動返答、職員の効率化アップと職員満足度アップの実現のアップの実現

〔病院プロフィール〕
お客様名:B病院様
病院区分:一般病院
病床数:400床
導入システム:RICOH Chatbot Service

B医療機関ではこれまで育児休暇の取り方や住所変更届など、院内の総務経理に関する問い合わせに事務スタッフが多くの時間を費やしていた。この問い合せ業務の効率化のため、『RICOH Chatbot Service』の導入を行い、当該サービスを院内ポータルへ配置し、職員は誰でもアクセス可能とした。Chatbotが自動で問い合わせへの返答を行う仕組みを導入するで、問い合わせに対する回答に時間をとられていた職員の業務の大幅な効率化を実現した。

院内職員からの総務関係の問い合わせをChatbotが事務スタッフに変わって自動返答、職員の効率化アップと職員満足度アップの実現のアップの実現

医師の働き方改革対応のセミナー

医師の働き方改革の内容や対策方法を解説したオンラインセミナーを開催しています。
医師の働き方改革対応を検討中の方は、ぜひご参加ください。

こんな取り組み、あんな取り組み・・・
コラムでご紹介!

働き方改革を進める上で必要な、関連する法令の解説や
最新のトレンド情報をわかりやすくお届けします。​

医師の働き方改革|資料ダウンロード

資料ダウンロード

医師の働き方改革の理解や労働時間管理・労働時間短縮​に取り組む 医療機関向けお役立ち資料をご用意しました

  • 【目次】
    • 医師の働き方改革とは
    • 医師の働き方改革に向けて取り組むべきこと
    • 医師の働き方改革に有効なソリューションのご紹介
      •  ①労働時間の管理ソリューション(勤怠管理システム比較表付き)
      •  ②労働時間短縮ソリューション(ICTを活用した課題解決事例集)

"はたらく"に歓びを

“はたらく”に寄り添い変革を起こしつづけることで、人ならではの創造力の発揮を支え、
持続可能な未来の社会をつくります。

遡ること1977年、リコーが提唱したOA(オフィスオートメーション)。そこには「機械にできることは機械に任せ、人はより創造的な仕事をするべきだ」という想いが込められていました。人間にしかできない創造的な仕事を通して、生み出される付加価値を増幅することに、はたらく歓びがあるのだという考え方です。

リコーの使命は、“はたらく”に寄り添い、変革を起こし続けること。 その先に見据える未来は、人ならではの創造力が発揮され、働きがいと経済成長が両立する持続可能な社会。

そんな想いが、2023年に新たに制定した使命と目指す姿「“はたらく”に歓びを」に込められています。

"はたらく"に歓びを

お問い合わせ

導入に関するご相談やご質問、お見積のご依頼、各種ソリューションのご相談はこちら