ビジネス用途に適したプロジェクターとは?
業務用プロジェクターの選び方

業務(ビジネス)用プロジェクターとは?

業務(ビジネス)用プロジェクターとは、企業などが業務用途で使うことを想定して作られているプロジェクターを指します。
また学校が授業や講義で利用するシーンも想定されていることもあります。
プロジェクターとは、会議やプレゼンなどに活用する投写機器です。パソコンの画面や動画などをスクリーンに拡大して投影し、表示することができます。
複数人で同じ画面を同時に見ることができるため、会議や講義などの利便性が上がります。
プロジェクターは、家庭用にも作られ、販売されていますが、基本的に性能面で業務(ビジネス)用プロジェクターとは違いがあります。

業務(ビジネス)用プロジェクターと家庭用プロジェクターの違い

業務(ビジネス)用プロジェクターと家庭用プロジェクターの違いを確認しておきましょう。

輝度

輝度とは明るさのことで、ルーメン(lm)という単位で表します。プロジェクターは室内が明るいほど視認性が低下するため、画面を明るくすることで視認性を上げています。
一般的に業務(ビジネス)用プロジェクターの方が家庭用プロジェクターよりも輝度が高く、最低でも2,000ルーメン、高輝度のものでは平均3,000~4,000ルーメン、高いものでは8,000ルーメンのものもあります。これに対して家庭用は1,000~1,500ルーメンほどが一般的です。業務(ビジネス)用は会議など明るい部屋でも使用することが前提で作られていることが多いため、ある程度の明るさが求められます。

コントラスト比

コントラスト比とは、画面の最も明るい部分と最も暗い部分の輝度を比べた数値です。業務(ビジネス)用プロジェクターは家庭用プロジェクターよりコントラスト比が低く設定されていることが多くあります。
家庭用プロジェクターは暗い部屋で映画などを上映することが多く、暗いシーンをできるだけ黒色を見やすく再現する必要があります。一方、明るい部屋でプレゼン資料などを投影することの多い業務(ビジネス)用プロジェクターは、家庭用ほどコントラスト比は求められていません。

アスペクト比

アスペクト比とは画面の縦横比のことです。家庭用は「16:9」の製品が多いのに対し、業務(ビジネス)用プロジェクターは、パソコンの画面サイズに合わせた「4:3」や、横長の「16:10」が一般的です。

重さ

業務(ビジネス)用プロジェクターは、社内外に持ち運べるように軽量化が進んでいることから、家庭用プロジェクターと比べて軽量といえます。業務(ビジネス)用で軽量なのは2kgから5kgまでさまざまです。家庭用では5kg前後が一般的です。

ただし、近年は業務(ビジネス)用、家庭用問わず0.5kgといったポータブルタイプの小型プロジェクターも登場しています。

業務(ビジネス)用プロジェクターの活用シーン

業務(ビジネス)用プロジェクターの活用シーンをご紹介します。

ホールや会議室での大人数のセミナー・講演

大人数が集まるホールや会議室で行われるセミナーや講演などのイベント時に大画面に資料や映像を映し出します。多くの人が見やすいよう、輝度が高く、画面サイズの大きいものが利用されます。

会議

会議室での会議の際に資料などを投影し、参加メンバーが見ながら議論を行う際に役立てられています。

プレゼン

人が複数人の前に立ってプレゼンやスピーチなどを行う際に利用します。パソコン画面のプレゼン資料をプロジェクターに投影し、資料を変化させながらプレゼンが行われています。

出張先での簡易的なプレゼン

出張先で、顧客に対して自社製品の説明やプレゼンを行いたいときなどに、紙の資料やカタログ代わりに使われます。

集会・イベント・レクリエーション

食堂やカフェテリア、施設の多目的ルーム、学校の体育館などのパブリックスペースで行われる集会や小規模イベント、レクリエーションなどで大型ビジョンに映像を映し出し、会を盛り上げるのに使われます。

プロモーション、デジタルサイネージ、映像演出

プロモーションの目的で社内外や店舗の内外にディスプレイやスクリーンを設置し、何らかのPR画像や映像を配信します。企業のエントランス・受付での演出に使われることもあります。

授業・研修などの学習

学校の教室や講義室で行われる授業や講義、企業の会議室や研修室などで行われる研修やグループワークなどにおいて、教科書や学習のための資料を投影します。

業務(ビジネス)用プロジェクターは、このように、さまざまなシーンで活用されています。

業務(ビジネス)用プロジェクター製品を選ぶ際のポイント

業務(ビジネス)用プロジェクター製品を選ぶ際には、次のポイントを押さえることで、最適な製品を選定できるでしょう。

使用場所の広さ

業務(ビジネス)用プロジェクターを選ぶ際にまず考えたいのが、使用場所の広さに応じた投写画面サイズと投写距離です。投写距離とは、プロジェクターのレンズから投写面までの距離を指します。ホールや大会議室などの広い場所で使用するなら、100型から150型の大画面サイズで、投写距離もその分長くなります。
また会議室などの狭い場所でそれほど遠くから投影できないこともあります。その場合は、短焦点タイプや超短焦点タイプといった投写距離が短いプロジェクターを選びましょう。
例えばリコーが提供する短焦点プロジェクターは、投写画面サイズ100型に対して投写距離は1.1m程度です。超短焦点プロジェクターは100型に対して31cm、90型に対して24cm、65型に対して18.7cmのモデルもあります。

使用場所の明るさ

明るい場所での会議やプレゼン、講義を行う場合には、高い輝度が必要です。
輝度は、会議室などでは、3,000〜4,000ルーメン、ホールや広い会議室などでは4,000〜8,000ルーメンが一般的です。

映し出す内容

何を画面に映し出したいかによっても選ぶプロジェクターは変わってきます。プレゼン資料などの文字を詳細に映し出したいなら解像度の高いものの方が、視認性が上がります。解像度とは、画面のタテとヨコのドットの数のことで、ドットの数が多いほど、高精細でなめらかな映像を表示することができます。
解像度の高さを追求するなら1,920×1,200(WUXGA)、一般的な用途では 1,920×1,080(フルHD)、もしくは1,280×800(WXGA)を選ぶと良いでしょう。
映像を映し出すことが多い場合は、コントラスト比が高いものを選ぶと映像美が追求できます。
リコーのプロジェクターには、電子黒板機能を備えるものもあり、電子ペンと専用ソフトを利用すれば、投写面に直接文字や図形が書き込めます。ただ映し出すだけでなく、プレゼンや講義などで書き込みながら説明したいときや、会議中にアイデアを板書したい場合などにこのような機能が付いている機器を選ぶのもおすすめです。

携帯するかどうか

外部にプロジェクターを持ち出したり、頻繁に社内で使用場所が変わったりするという場合には携帯性を追求しましょう。社外に持ち出す場合には軽量のハンディモデルを選ぶのをおすすめします。
リコーのハンディプロジェクターは約0.5kgで持ち運びが楽に行えるのに加えて、3~5名ほどの少人数のミーティングに最適な40型前後の画面サイズの投影に不可欠な輝度800ルーメンとWXGA1,280×800の十分な解像度により、適度に明るく、鮮明な画質を実現できます。

使用場所の環境

使用場所の環境によって設置スタイルや接続方法などを検討する必要があります。
設置スタイルには、本体をデスクトップに置く方法のほか、壁面から投影する壁掛けがあります。投影面の前に立っても画面に影ができにくく、光も目に入りにくいため、人が前に立って行う講義やプレゼンなどに適しています。
また天吊り(天井)という方法もあり、会議室やホールで迫力ある映像を投影するときに適しています。
接続方法は大きく有線と無線に分かれます。無線はWi-Fi™やBluetooth®を利用するワイヤレス接続になるため、ケーブル不要で利便性が高く、様々なシーンで活用できます。

設置工事の方法、サポート

設置工事は、プロジェクターの提供事業者がどの程度対応してくれるのかの確認をしておきましょう。合わせてサポート面の確認も重要です。
リコーでは、機種選定や設置工事はもちろん、アフターフォローまでのサポートもご提供しておりますので、初めて業務(ビジネス)用プロジェクターを導入される方や、買い替えをご検討されている方は、ぜひご活用ください。

まとめ

業務(ビジネス)用プロジェクターの特徴や活用シーン、選び方をご紹介してきました。今回ご紹介した選び方のポイントを踏まえて、ぜひ最適な機器の選定を行いましょう。
リコーでは、業務(ビジネス)用プロジェクターを多数取り揃えております。豊富な導入実績から、ビジネスシーンに応じた最適な機器選定から有意義な活用方法のご提案をさせていただきます。