プロジェクターの投写距離とは?
シミュレーターを使って画面サイズ・設置位置で選定しよう

プロジェクターの投写距離とは?

プロジェクターは、ビジネスにおける会議やプレゼン、プロモーション、教育現場における授業など、さまざまなシーンで活用されている投写機器です。資料を映し出したパソコンの画面や映像作品などの動画をスクリーンに拡大して投影・表示することができるため、複数人が同時に視聴・閲覧するのに向いています。

プロジェクターの機器にはそれぞれ「投写距離」が設定されています。プロジェクターの本体にはレンズが実装されており、スクリーンなどの投写面に向けることでレンズからスクリーンに向けて画像や映像を投写することで利用できます。
投写距離とは投影距離とも呼ばれるもので、プロジェクターのレンズから投写面までの距離を指します。「そのスクリーンに映すためにどのくらいの距離が必要か」を表す数値です。
投写距離は、機種によって異なります。
投写距離が長いほど、投写できる画面サイズが大きくなります。投写画面サイズが同じ場合、投写距離が短いモデルであるほど、より近くから投写ができます。

短焦点プロジェクターと超短焦点プロジェクターとは?

投写距離が短いモデルのプロジェクターのことを、短焦点プロジェクターや超短焦点プロジェクターと呼ぶことがあります。

超短焦点プロジェクターは、短焦点プロジェクターよりさらに至近距離から投影できる製品です。
明確な定義があるわけではありませんが、一般的には、スクリーンから約90cm~150cm離すと80インチの画面を投影できるものが短焦点プロジェクター、約25~30cm離すと80インチの画面に投影可能なものが超短焦点プロジェクターに分類されます。
リコーでは、短焦点プロジェクターと超短焦点プロジェクターの両方を取り扱っております。超短焦点プロジェクターのラインアップの中には、約19cmという至近距離から投影できる製品もあります。

利用シーン

短焦点プロジェクターと超短焦点プロジェクターは、主に次のシーンで利用されています。

・少人数ミーティングやテレビ会議
短い距離で投影できるほど、本体をスクリーンから離す距離が短くて済むことから、スペースが限られている場所でも設置しやすくなります。会議室での少人数ミーティングや遠隔地とのビデオ会議などに便利に利用できます。

・打ち合わせコーナー・グループワークなど
オフィスの打ち合わせコーナーや小会議室内でのグループワーク、大学図書館などに設置するのにも向いています。複数人で資料などを共有しながら進めることができるので、話し合いも活発になると考えられます。

・オフィスの受付・エントランスなどのデジタルサイネージ用途
短焦点や超短焦点なら、狭い空間になりやすいオフィスの受付やエントランスなどに設置しやすいことから、デジタルサイネージのような用途で利用ができます。ウェルカムメッセージや会社説明、商品・サービスのPRなどを掲出することで、来訪者にアピールできます。

プロジェクター選定時に投写距離を検討する方法

プロジェクターを選定する際には、用途やロケーション、設置方法などを検討することで、必要な投写距離は自ずと決まってくるでしょう。
例えば、小会議室での打ち合わせの際に、3〜4人のチームメンバー間でプロジェクターに資料を映して共有しながら行いたいというニーズがあるとします。
この場合、設置できるスペースの問題から、スクリーンは80型以下、できるだけ近くに本体を設置したいと思われます。
プロジェクターの製品仕様を見てみましょう。スクリーンの大きさに応じたプロジェクターの最適な投写距離が書かれています。
例えばリコーの超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4153N」なら、投写画面サイズは48~80型、投写距離は11.7~24.9cmです。
この製品を用いることで、80型のスクリーンなら、25cm程度の距離に本体を設置できます。
続いて、標準的な投写距離の製品も含めて、実際の製品の数値を元に比較してみましょう。

製品比較

短焦点プロジェクターの例
「RICOH PJ WXL4760」
超短焦点プロジェクターの例
「RICOH PJ WX4153N」
スタンダードプロジェクターの例
「RICOH PJ WUL6760」
ハイエンドプロジェクターの例
「RICOH PJ WUL6281」
画面サイズ 35.6〜300型 48~80型 60~200型 50~350型
投写距離 0.40〜3.37m 11.7~24.9cm 1.56〜8.58m 0.79~34.77m

短焦点プロジェクターである「RICOH PJ WXL4760」は、0.4mから3.37mの短い投写距離に対応しているビジネス向けモデルです。ある程度の大画面にも投影できるため、会議室や共有スペース、食堂、エントランス、店舗など多様な用途で利用できます。

超短焦点プロジェクターの「RICOH PJ WX4153N」は、画面サイズ48~80型で投写距離11.7~24.9cmと近距離からの投写を実現できます。手狭な空間でも80型の画面に投影できるので、プレゼンなども迫力のある中で行えます。また設置バリエーションも多く、デスクトップから投影したり、壁掛けから投影したり、床に投影したりとさまざまな用途での活用が可能です。

スタンダードプロジェクターは標準的な製品であり、3〜5mの投写距離が求められます。ある程度広いスペースで大画面への投影に利用するシーンで用いられています。

大ホールなどの広いスペースでの利用には、最大350型の大スクリーンに投影することができます。この場合は35mの投写距離が必要になります。

シミュレーターで比較も可能

製品比較の際には、リコーのプロジェクター製品の公式サイトに公開している投写距離シミュレーターを利用すると便利です。
まずハイエンドや短焦点などの製品カテゴリーを選択し、スクリーンサイズを数値で指定すると、該当する製品が一覧で表示されます。
それぞれの製品名をクリックすると、天井から見た投影イメージと、サイドから見た投影イメージがイラストで表示されるため、設置・投写距離のイメージを感覚的につかみやすくなります。ぜひ選定時にお役立てください。

まとめ

プロジェクターの投写距離は、製品の用途やロケーションに関わる重要なポイントです。ぜひこの機会に理解を深めて、最適な機器選定を進めてください。
リコーでは、特に短焦点プロジェクターや超短焦点プロジェクターについては多数の種類を取り扱っており、さまざまなニーズにご対応できます。
また貴社に最適なプロジェクター選定から、用途に合わせた設置工事提案、工事手配、保守サービスまで一貫してサポートするプロジェクター設置工事サービスもご提供しております。さらに、ご要望に合わせ、スクリーンの手配も対応しています。
ぜひお気軽にご相談ください。