このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
ここから本文です

RICOH IO Gate V3 主な仕様

動作環境

サーバー(ログ管理サーバー/印刷サーバー)

サーバー ログ管理サーバー 印刷サーバー
CPU Intel® Xeon® 2.0GHz 相当以上推奨(4コア以上)
メモリ 4GB 以上(推奨 8GB 以上)*1(4コア以上)
HDD 空き容量 50GB 以上*2 空き容量 100GB 以上*3
OS Windows Server 2016 Standard Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Standard Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2022 Standard Edition
Windows Server 2022 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Standard Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Standard Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2022 Standard Edition
Windows Server 2022 Datacenter Edition
仮想環境 VMWare ESXi 6.7/7.0/8.0
Windows Server 2019 Hyper-V
Windows Server 2022 Hyper-V
その他 SQL Server 2016 SP1/SP2/SP3 Express Edition 64bit*6
SQL Server 2019 Express Edition 64bit*6
IIS 8.0/8.5/10*4
LPD サービス*5
インターネット印刷*4
  • Windows Serverのクライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。
  • *1 ログ管理サーバー/Webサーバー兼印刷管理サーバーを構築する際は、メモリ8GB 以上を推奨します。
  • *2 データベースのバックアップ保存期間に応じて、増設を推奨します。
  • *3 オンデマンド印刷オプション、課金印刷オプションを利用する場合は、スプール容量に応じて増設を推奨します。
  • *4 IPP印刷を行なうときに必要です。
  • *5 Linux® OS、Mac OS のクライアントから印刷するときに必要です。
  • *6 SQL Serverはソフトウェアパッケージに同梱しており、ソフトウェアのインストール時に導入されます。

サーバー(Webサーバー/Webアップロードサーバー)

サーバー Webサーバー Webアップロードサーバー*3*4
CPU Intel® Xeon® 2.0GHz相当以上推奨(4コア以上) Intel® Xeon® 2.0GHz以上(4コア以上)
メモリ 4GB 以上(推奨 8GB 以上)*1 4GB 以上(推奨 8GB 以上)
HDD 空き容量 20GB 以上 空き容量 100GB 以上
OS Windows Server 2016 Standard Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Standard Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2022 Standard Edition
Windows Server 2022 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Standard Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Standard Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2022 Standard Edition
Windows Server 2022 Datacenter Edition
仮想環境 VMWare ESXi 6.7/7.0/8.0
Windows Server 2019 Hyper-V
Windows Server 2022 Hyper-V
その他 IIS 8.0/8.5/10
NTFS*2
IIS10
Microsoft .Net Framework 4.6/4.7/4.8
Visual Studio 2017用 Microsoft Visual C++
再配布可能パッケージ(x64)
Foxit® Reader 9/10
Foxit® PDF Reader 11/12
  • Windows Serverのクライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。
  • *1 ログ管理サーバー/Webサーバー兼印刷管理サーバーを構築する際は、メモリ8GB 以上を推奨します。
  • *2 WebサーバーをインストールするPCは、HDDがNTFSでフォーマットされている必要があります。
  • *3 Webアップロードサーバーは、ログ管理サーバー/Webサーバー/印刷サーバーと同居する際は、必要に応じてCPU/メモリ/HDDなどのリソースの増設を推奨します。
  • *4 デスクトップエクスペリエンス(GUI)がインストールされている必要があります。

印刷クライアントPC(WindowsクライアントPC/MacクライアントPC)

WindowsクライアントPC*2*3 MacクライアントPC
OS*1 【32bit】
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
※以下 IPP印刷のみ可能
Windows 10 Home
macOS Mojave 10.14*7
macOS Catalina 10.15*7
macOS BigSur 11*7*9
macOS Monterey 12.3*7*9
macOS Ventura 13
macOS Sonoma 14 *10
【64bit】
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
Windows 11 Pro
Windows 11 Pro Education
Windows 11 Pro for Workstations
Windows 11 Enterprise
Windows 11 Education
※以下 IPP印刷のみ可能
Windows 10 Home
Windows 11 Home
対応ブラウザー ユーザーページ/管理者ページ*4
Internet Explorer 11*5
Microsoft Edge*6
Google Chrome*6
対応プロトコル プリンター共有、IPP LPR*8、 IPP*8、 SMB*8
その他 IP プリント
  • *1 対応OSは日本語版となります。IPP印刷のみ、日本語版OSと英語版OSの両方に対応しています。
  • *2 ポップアップウィンドウによる通知を利用する場合は、PC Net Communicatorが起動している必要があります。IPP印刷時のポップアップウィンドウによる通知は、DNSの設定が必要になります。
  • *3 V4プリンタードライバーは使用できません。
  • *4 JavaScriptを使用できる設定になっている必要があります。
  • *5 互換表示設定に、RICOH IO Gate のWebページを含めてください。
  • *6 Microsoft Edgeおよび Google Chromeでは管理者ページの一部の表示が崩れる場合がありますが、操作には影響ありません。
  • *7 IPP印刷には対応していません。
  • *8 ドライバーには対象となるプリンター機種のPSドライバーまたは、「Generic PostScript® Printer」をご利用ください。
  • *9 M1/M2チップ搭載モデルについては未対応です。
  • *10 SMB印刷には対応していません。

印刷クライアントPC(Linux OSクライアントPC/Webアップロード印刷)

Linux OSクライアントPC Webアップロード印刷
OS*1 Linux バージョンの限定なし。
※LPRクライアントを有すること。
Windows 10
Windows 11 Pro
Windows 11 Pro Education
Windows 11 Pro for Workstations
Windows 11 Enterprise
Windows 11 Education
macOS High Sierra 10.13 以降
Linux(X Window® System とFireFox® が必要)
iOS 11.1 以降
Android 8.1 以降
Google Chrome OS
対応ブラウザー ・Webアップロード印刷管理者ページ
Internet Explorer 11、Microsoft Edge*3、Google Chrome*3
・Webアップロード印刷画面
Microsoft Edge*3 、Internet Explorer 11、
Google Chrome*3、FireFox®*3、Safari®*3
対応プロトコル LPR*2、 IPP*2 PDF文書*4 (.pdf)、画像ファイル(.jpg、.jpeg、.bmp、.png、.tif、.tiff、.gif)、
テキストファイル(.txt)
  • *1 対応OSは日本語版となります。
  • *2 ドライバーにはリコーの「Linux CUPS用PPDファイル」または、「Generic PostScript® Printer」を使用することを推奨します。Linux OSから印刷する場合は、OSのディストリビューションやご使用のアプリケーションによっては、両面、カラーなどの印刷設定が有効にならない場合があります。また、リコーの「Linux CUPS用PPDファイル」をご利用の場合は、明細ログ上やオンデマンド印刷/課金印刷のパネル上で文書名が正常に表示されない場合があります。
  • *3 最新版をご利用ください。
  • *4 PDF印刷の際は、Foxit® Reader/Foxit® PDF ReaderをWebアップロードサーバーにインストールする必要があります。

専用操作端末製品仕様

項目 RICOH IO Gate V3 専用操作端末 FT21401 仕様
マザーボード FB21M
CPU Intel® Cerelon® G4900 (3.1GHz)
メモリー 8GB
HDD*1 320GB
FDD 未搭載
DVD-ROMドライブ 搭載
LAN 2ch(Gigabit LAN)
USB USB 3.0×2Port、USB 2.0×4Port
PCI Slot 1Slot
シリアルI/F 2Port
OS Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC(日本語、64bit)
主な付属品 キーボード、マウス
動作環境 温度:5〜35℃、湿度:30〜80%(結露なきこと)
入力電源電圧 AC100V
サイズ 95(W)× 374(D)× 325(H)mm
重量 7.0kg 以下
  • *1 製品寿命は、5年または通電20,000時間(1日約11時間以下/稼働時間20%以下)のいずれか早いほうとなります。
    長時間連続使用など、使用条件によっては、製品寿命が短くなる場合がございます。
    自動シャットダウン/自動起動の機能により、ご利用時間外に端末を停止することが可能です。

対応機種一覧

リコープリンター RICOH IP C8510/C8510M/C8500/C8500M/C6020/C6020M
RICOH IP 6530/6530M
RICOH P C6010/C6010M
RICOH P 6520/6520M/6510/6510M/6500/6030/6030M/6020/6020M/6010/6010M/6000/501/501M/500/500M
RICOH SP C841/C841M/C840/C840M/C751/C751M/C750/C750M/C420e/C420eM/C352/C342/C342M/C341
RICOH SP 8400/8400M/6450/6440/6440M/6430/6430M/6420/6420M/6410/4510/4500
IPSiO SP C831/C831M/C830/C830M/C731/C730/C420/C320/C820/C820M/C821/C821M/C811/C811M/C810/C810M/ C721/C721M/C720/C711/C411
IPSiO SP 8300/8300M/6330/6320/6310/4310/4300/8200/8200M/8100/8100M/6220/6210/6120/6110
リコー複合機 【プリント】
RICOH IM C6010/C5510/C4510/C3510/C3010/C2510/C2010/C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000
RICOH MP C6004/C6003/C5504/C5503/C4504/C4503/C4503RC/C3504/C3503/C3004/C3003/C2504/C305SP
imagio MP C5002/C5001/C4002/C4001/C3302/C3301/C2802/C2801/C7500/C6000/C5000/C4000/C2800/C3300/C2200
imagio MP 5000/4000/3350/2550
【コピー】
RICOH IM C6010/C5510/C4510/C3510/C3010/C2510/C2010*1*2
MultiLink-Panelによるオンデマンド印刷対応機種 【RICOH IO Gate V3 オンデマンド印刷オプション タイプM】
RICOH IM C6010/C5510/C4510/C3510/C3010/C2510/C2010/C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000

【RICOH IO Gate V3 オンデマンド印刷オプション タイプP】
RICOH SP C841/C841M/C840/C840M
RICOH SP 8400/8400M

【RICOH IO Gate V3 オンデマンド印刷オプション タイプP2】
RICOH IP C8510/C8510M/C8500/C8500M/C6020/C6020M
RICOH IP 6530/6530M
  • 機種により、別売のオプションを増設する必要があります。また、RICOH IO Gate V3の機能を利用するために、特殊な設定を行なう必要があります。詳しくは、販売担当者にご確認ください。
  • 「RICOH IO Gate V3課金印刷オプション」で、モノクロ機のPSドライバーから出力を実施すると、用紙サイズが混在している場合でも、先頭ページの用紙サイズで料金が予測されます。この場合、予測金額と請求金額に差異が発生しますのでご注意ください。
  • *1 リコープリペイドICカードR/W CB10による課金コピーのみ対応しています。
  • *2 RICOH IO Gate V3 専用操作端末FT21401が必要です。

RICOH IO Gate V3 関連製品