このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro 6100/6100HT

特長5: 各種の環境規格・基準に適合し、独自の取り組みも推進。

電炉鋼板によるスクラップ金属材のリサイクル利用

100% 鉄スクラップを原料とした「電炉鋼板」を開発し、採用しました。持続可能な社会構築に向け、地球から新たに採取する資源を極力減らしていく活動を積極的に進めています。

「国際エネルギースタープログラム」の基準に適合

地球温暖化などの地球環境問題への対応として、エネルギー効率の高いオフィス用機器の開発・導入を目的としている国際的な省エネルギー制度「国際エネルギースタープログラム」の基準に適合しています。

ENERGY STAR

標準消費電力量(TEC)*低減

優れた省エネ技術により、標準消費電力量(TEC)*を低減しています。

  • *国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値。
RICOH Pro 6100 8.8kWh
RICOH Pro 6100HT

「エコマーク」のプリンタ基準に適合

リコーは地球資源・環境の保全を最優先すべきテーマと考え、その製品設計においては、待機時・使用時の省電力化、リサイクルの追求など、省資源・省エネルギー・低廃棄物化に積極的に取り組んでいます。

画像:「エコマーク」のプリンタ基準に適合

グリーン購入法に適合

最先端の省エネルギー設計やリサイクル設計により、高い環境性能を実現し、「グリーン購入法」に適合しています。

循環型エコ包装

包装材の環境負荷削減のために、リユースが可能な「循環型エコ包装」を使用しています。お客様先でゴミを排出しない上、省資源に繋がります。

インフォメーション画面

利用者やプリンターごとの総印刷ページ数、両面利用率、集約利用率、用紙削減率といったeco指数や管理者からの任意のメッセージを操作パネル上に表示可能。使用状況を可視化することで、環境負荷低減を促進します。

  • 複数台の機器を集計した数値の表示はできません。

画像:インフォメーション画面

Printing Innovation Center

プロダクションプリンティング分野のお客様へ、最適なソリューションをご紹介し、業務改革、さらに新しい価値創造をご支援するためのショールームとして誕生したPrinting Innovation Center*。リコーの様々な価値提供のイメージをご理解いただき、お客様の業種や業務内容に合わせ、実運用に近いシステムをご体験いただけます。

  • *プリンティングイノベーションセンターは、日本で初めてカラーユニバーサルデザイン認証を受けたショールームです。

Global Port
知るリコーのすべてをお伝えする“innovation”への入り口

世界に広がるリコーグループのセンター拠点として、経営ビジョンやリコーバリュー、そしてプロダクションプリンティング事業への取り組みをご紹介します。

ワン・トゥ・ワン Solution Site
体験するお客様とともに“innovation”を実現する場

「オンデマンドプリンティング」・「基幹プリンティング」の2つのゾーンにおいて、ワン・トゥ・ワンでお客様の求めるソリューションをご紹介します。

Network Tide
見るお客様とソリューションの出会いの場

お客様の関心事とリコーのソリューションをマッチングさせる場。ワン・トゥ・ワン Solution Siteの各ゾーンでのご提供価値のイメージ、ご用意しているソリューション・展示機器を映像でご覧いただけます。

Printing Innovation Center 4F
試す実機でサンプルデータの検証が行なえるフロアー

オンデマンドプリンティングシステム、基幹プリンティングシステムの導入前や導入後に、実環境に近い環境、実運用に近いデータで納得いただけるまで検証し、吟味し、ご体験いただけます。

リコー検証センター

特殊用紙への印刷を事前に検証できる、プリントの実験室。ミシン目の入った用紙、ラベル紙、圧着紙など、お客様から特殊用紙を使用したいというご要望に応じて、「検証センター」で事前に印刷テストを実施。導入前に、問題点の抽出や解消のための改善提案をいたします。

  • 実際に印刷テストを依頼される場合には、販売担当者までご相談ください。
    検証作業は無償で実施します(用紙はお客様に準備いただきます)。
    また、お客様のご使用環境やご要望によっては、テストが実施できない場合があります。

画像:リコー検証センター

結果に基づいた問題解決の一例
●プリンター側での対応検討 ●特別保守メニューの検討 ●用紙仕様の改善(用紙ベンダーとの連携)