このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

ゲートウェイセキュリティ対策

RICOH セキュアプラットフォーム ソリューション ゲートウェイセキュリティ対策 次世代ファイアウォール 設計・構築・保守サービス
サイバー攻撃が日々、巧妙・複雑になり新たな検知・防御策が必要な時代。

効果的かつIT管理に過剰な負荷を伴わない対策が、喫緊の課題です。

サイバー犯罪は時代とともに進化しています。現在のサイバー攻撃は高収益なビジネスとして確立しており、全世界のサイバー犯罪者が暗躍する時代になりました。
また、技術革新や様々な攻撃手法の普及により攻撃量が増大・複雑化。
従来の対策のみでは防御が困難になり、新たな検知・防御策が求められています。


UTMでは対応できないリアルタイム性やきめ細かなセキュリティ防御を「自動で」ご提供する、ビッグデータとAIが連動した、ゲートウェイ型の次世代セキュリティソリューションです。

国内外で激増するサイバー攻撃

国内外で激増するサイバー攻撃

日本国内で流通するマルウェアの量は1年間で496%増加しました。全世界的に同様の状況に陥っており、例えば、英国のサイバー犯罪数は全犯罪の過半数を超える状況と報告*されています。

*National Crime Agency, Cyber Crime Assessment 2016

サイバー犯罪の技術革新

サイバー犯罪の技術革新

近年、サイバー犯罪の技術革新が起き、自動攻撃ツールキットが登場しました。従来のセキュリティ技術のスキを突く高度なサイバー攻撃が、だれでも、いつでも、大量に低コストで実行できるようになっています。また、詐欺、買収、出入り業者への感染を通じた攻撃といった「ソーシャルエンジニアリング」の発達により、従業員のリテラシー向上だけでは防げないケースが拡大しています。

ITKeeperサービス情報

商品に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ