このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です
  • 働き方改革事例(リコージャパン岐阜支社)

育児休業で“気付き”ができた9日間~バリバリ社員の”イクメン”奮闘記~

ご家族と一緒に

販売事業本部 岐阜支社 岐阜営業所
田中 智明さん

育児休業を取得した経緯

5歳と4歳のお子様、そして2018年5月に3人目のお子様が生まれたのを機に、
これまで片手間の育児参加しかしてこなかった自分を省みて決意。
(育児休業期間 18年6月16日 〜 6月24日の9日間)

育児休業を取得して気付いたこと…うちの奥さんはスゴい!

「土日でも何もできない自分がいました。」 田中さんはそう振り返ります。たまに家事の手伝いはしていたものの、実際に何をどうすればよいのかわからず、育児は全て奥様に任せっきりになっていたそうです。3人目のお子様の誕生で、「このままではまずい!」と一念発起。上司の「奥様を助けてあげなさい」と声のもと、育児休業を取得して育児に飛び込みました。そして気付いたことがあります。これだけのことを一人でやっていた「うちの奥さんはスゴイ!」

ここまで変わる、育児休業取得前と育児休業取得後の違い

育児休業で家庭の一日の流れを理解したからこそ、家族のためにできることをやる、に変わりました。

  • 本人が実施した項目のほんの一部です。

上司の感想

『働き方改革でプライベートを充実させたいから仕事をおろそかにして良い、ということではありません。「だからこそ働き方改革で働き方を変えていかないとダメなのだ」とメンバーに伝えています。』
周りのメンバーも、田中さんの育児休業中は協力してフォローしてくれて、チームワークがよりいっそう高まりました。こうした取り組みが、今後の働き方を考える“試金石”になったのではないでしょうか?

岐阜支社 岐阜営業所
杉江所長(左)と田中さん(右)