このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です
  • 多様な働き方の推進

日本全国のお客様にワンストップで良質なサービスを提供するため、リコージャパンには数多くの業務が存在します。
それぞれの場所や業務で社員が働きやすい環境を実現するため、さまざまな勤務形態を導入し、新しい働き方を推進しています。

勤務時間

1ヶ月の所定労働時間は変えずに、1日の所定労働時間を変更する働き方です。

始業時刻をずらして勤務する制度で、1日の所定勤務時間(7.5時間)はそのままです。

終業から次の始業までに10時間以上の休息時間を設けることを就業規則で定めています。

年次有給休暇取得促進

時間単位で有給休暇を取得できる制度で、年次有給休暇のうち最大40時間分を取得できます。

リモートワーク

オフィスへ出社せずに自宅から直接訪問先へ向かう、または直接訪問先から帰宅する制度です。

自宅で業務を行う制度で、会社から貸与されたPCを利用して在宅勤務をします。

勤務地の選択

都道府県単位で勤務地を選択できる制度で、希望する都道府県または2時間以内の通勤圏内で勤務できる体制を整えています。

1ヶ月単位の変形労働制度

1ヶ月のうち繁忙期と閑散期が事前に把握できる業務で利用されている制度です。繁忙期は所定労働時間を増やし、その分閑散期は所定労働時間を減らすことで、効率化を図ることができます。

  • 勤務時間は休憩時間(1時間)を除く時間を表記しています。
  • こんな業務を行う部署で使われています。
  • 繁忙期が月初月末に固まるなどの業務を行っている部署(請回収業務・受発注業務など)。

シフト勤務制度

所定の勤務時間(1日 7.5時間)を変えることなく、始業時刻を前後にずらして勤務する制度です。
早朝や夜間の納品がある場合などに利用されます。また個人の都合でも、業務に支障が出ないかぎり、事前に上司と調整することで利用できます。

  • こんな業務を行う部署で使われています。
  • 海外との時間内の打ち合わせや夜間納品の対応など。

勤務間インターバル制度

就業規則で、終業から次の始業までに10時間以上の休息時間を設けることを定めています。
インターバルを定めることで社員の私生活の充実を図り、さらに睡眠不足による生産性の低下を未然に抑止します。


時間年休制度

時間単位で年次有給休暇を取得できる制度で、年次休暇のうち、年間で最大40時間分(5日分)を1時間単位に分割して取得できます。
勤務時間の途中でも取得でき、勤務時間の間に通院するというような活用もされています。

■ 年休1日を2分割して、半休とすることと同様に、8分割して時間年休とします。

  • こんな時に利用が可能です。
  • お子さんが熱を出して急に保育園に迎えに行かなければならないとき。
  • 金曜日、早めに帰宅して旅行先に移動したい。

直行直帰

自宅から訪問先に直接訪問したり、訪問先から直接帰宅したりする制度です。
オフィスに出社せず、訪問先に直接訪問することで移動時間を減らし、社員の負担軽減と生産性向上をめざします。


在宅勤務制度

全国の社員にモバイルPCを貸与し、在宅勤務を展開しています。
1日約2,000~3,000人の社員が在宅勤務を実施しています。


都道府県単位の勤務

「地域密着型企業」として、全社員が都道府県単位で勤務地を選択できる制度です。
原則として居住する都道府県内または通勤時間が2時間以内の圏内で勤務できる体制を整えています。また、全国での勤務にチャレンジすることも可能です。