このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です
  • リコージャパンのさまざまな勤務形態

リコージャパンの1日の所定労働時間は7時間30分です。また業務に応じてお客様に良質な提案・サービスをご提供するための多様な職種があり、それぞれの目的に応じて多様な勤務形態を利用することができます。

勤務時間

1ヶ月単位の変形労働時間制

1ヶ月以内の一定期間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間以下の範囲内において、1日及び1週間の法定労働時間を超えて労働させることができる制度のこと。

シフト勤務制

業務上の必要がある場合に、上司承認のもとで、1日の所定の勤務時間(7.5時間)は変えずに、始業時刻を前後にずらして勤務する制度のこと。

勤務間インターバル制度

就業規則等において終業から次の始業までの休息時間を確保することを定めているもの。リコージャパンでは、原則として10時間以上のインターバル時間を設けるように定めています。

有給休暇取得

時間年休制

年間で付与される年次有給休暇のうち最大で5日(40時間)を時間単位で取得できる制度のこと。

テレワーク

直行直帰

オフィスへ出社することなく、訪問先に訪問、あるいはお客様先から直接帰宅すること。

在宅勤務

オフィスへ出社する事が非効率になる場合に、在宅勤務を認めること。

1ヶ月単位の変形労働制

1ヶ月以内の一定期間を平均し、1週間の労働時間が40時間以下の範囲内において、1日及び1週間の法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。

  • 勤務時間は休憩時間(1時間)を除く時間を表記しています。
  • こんな業務を行う部署で使われています。
  • 繁忙期が月初月末に固まるなどの業務を行っている部署(請回収業務・受発注業務など)

シフト勤務制

業務上の必要がある場合に、1日の所定の勤務時間(7.5時間)は変えずに、始業時刻を前後にずらして勤務する制度です。

  • こんな業務を行う部署で使われています。
  • 海外との時間外の打ち合わせや夜間納品の対応など

勤務間インターバル制度

「勤務間インターバル制度」とは、休息時間数を問わず、就業規則等において「終業から次の始業までの休息時間を確保することを定めているもの」を指します。リコージャパンは、終業から次の始業までの休息時間を10時間以上としています。


時間年休制

1日の年次有給休暇を8分割して1時間単位で取得する制度です。年次有給休暇の残日数のうち、年間5日分(40時間)を時間年休として取得します。

■ 年休1日を2分割して、半休とすることと同様に、8分割して時間年休とします。

  • こんな時に利用が可能です。
  • お子さんが熱を出して急に保育園に迎えに行かなければならないとき
  • 金曜日、早めに帰宅して旅行先に移動したい

テレワーク(直行直帰/在宅勤務)

モバイルツールとクラウドサービスを活用し外出先や自宅など、社員がどこにいても事務所に在席している環境と同様の活動をしています。リコージャパンは、”オフィス”を中心とした働き方ではなく、”働く人”を中心とした働き方を実践していきます。