RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
Main content

CC(ISO/IEC 15408)認証アーカイブ製品リスト

CC

下記の製品は「ISO/IEC 15408」の認証取得後、5年経過したためアーカイブに移行した製品となります。
* 過去にCCで認証取得された製品ですでに製品の販売が終了しているもの、および認証日から5年が経過したものが対象となります。

複合機/プリンター複合機

カラー複合機「※」はセキュリティ機能紹介ページへのリンク アーカイブ移行日 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH MP C3504/C3004 *2017年2月生産機まで R03/11/01 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP C2503/C1803 R01/09/02 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP C305 SP R01/07/01 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP C306 H29/02/13 EAL2+ 詳細 認証書
imagio MP C5002/C4002 H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C5002A/C4002A H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C3302/C2802 H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
RICOH MP C8002/C6502 H29/01/24 EAL3+ 詳細 認証書
RICOH MP C6003/C5503A/C4503A H29/01/24 EAL3+ 詳細 認証書
RICOH MP C6003Z/C5503AZ/C4503AZ H29/01/24 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP C5503/C4503 H29/01/24 EAL3+ 詳細 認証書
RICOH MP C3503/C3003 H29/01/24 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C5001/C4001 H28/11/02 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C5001A/C4001A H28/11/02 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C2201 H28/11/02 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C7501/C6001 H28/10/03 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP C3301/C2801 H28/08/01 EAL3+ 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

モノクロ複合機/プリンター複合機「※」はセキュリティ機能紹介ページへのリンク アーカイブ移行日 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH MP 305+ SPF  R03/04/02 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP 6054/5054/4054
RICOH MP 3554/2554
R03/04/02 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP 401SPF
RICOH SP 4510SF
R03/04/02 EAL2+ 詳細 認証書
RICOH MP 1601/1301 H30/06/04 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP 9002/9002T/7502/6002/6002GP H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP 7501/6001 H28/10/03 EAL3 詳細 認証書
imagio MP 5002/4002 H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP 3352/2552 H29/02/07 EAL3+ 詳細 認証書
RICOH MP 3353/2553 H29/01/24 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP 5000
imagio MP 4000
H27/03/02 EAL3+ 詳細 認証書
imagio MP 3350
imagio MP 2550
H27/03/02 EAL3 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

プロダクションプリンター

モノクロプロダクションプリンター アーカイブ移行日 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH Pro 8120S/8110S/8100S H29/02/13 EAL3+ 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

EAL:Evaluation Assurance Level
EALはセキュリティ強度を示すものではなく、評価の広さと深さの度合いを示すもので、EAL1からEAL7まで7段階定義されています。EALが高いほど、より広く(より広範囲の情報に対し)より深く(より詳細かつ厳密に)評価が行われます。2014年の制度改正以降、複合機を含む大半のIT製品ではEAL2以下が適切とされています。旧制度でも新制度でもEAL2以下の認証製品は国際的に認められますが、新制度でのEAL3以上の認証製品はその認証書を発行した国でしか認められません。