このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
Main content

CC(ISO/IEC 15408)認証取得製品リスト

CC

下記の製品は「ISO/IEC 15408」の認証を取得しています。
各製品の認証情報「詳細」をクリックいただくと、独立行政法人 情報処理推進機構サイト内の「認証製品リスト」ページへ移動します。認証取得後5年経過するとアーカイブに移行します。アーカイブ製品についてはCC認証(ISO/IEC15408)アーカイブ製品リストページをご確認ください。

モノクロ複合機/プリンター複合機「※」はセキュリティ機能紹介ページへのリンク 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH IM 9000/9000T/8000/7000  PP_HCD_V1.0 認定レポート
セキュリティターゲット
認証書
RICOH IM 9000/9000T/8000/7000 *生産工場変更により2023年7月生産機から EAL2+ 詳細 認証書
RICOH IM 9000/9000T/8000/7000 *2022年12月末生産機まで EAL2+ 詳細 認証書
RICOH IM 6000/5000/4000/3500/2500  PP_HCD_V1.0 認定レポート
セキュリティターゲット
認証書
RICOH IM 6000/5000/4000/3500/2500  EAL2+ 詳細 認証書
RICOH IP 500SF 
RICOH IM 430F 
EAL2+ 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

プロダクションプリンター

カラープロダクションプリンター 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH Pro C5310S/C5300S PP_HCD_V1.0 詳細 認証書
EAL2+ 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

モノクロプロダクションプリンター 取得条件 認証情報(認証機関サイト)
RICOH Pro 8320S/8310S/8300S EAL2+ 詳細 認証書

タップでテーブルが表示されます

CC認証中製品リスト

製品名「※」はセキュリティ機能紹介ページへのリンク 認証情報(認証機関サイト)
RICOH IM 460F/370F  詳細

タップでテーブルが表示されます

EAL:Evaluation Assurance Level
EALはセキュリティ強度を示すものではなく、評価の広さと深さの度合いを示すもので、EAL1からEAL7まで7段階定義されています。EALが高いほど、より広く(より広範囲の情報に対し)より深く(より詳細かつ厳密に)評価が行われます。2014年の制度改正以降、複合機を含む大半のIT製品ではEAL2以下が適切とされています。旧制度でも新制度でもEAL2以下の認証製品は国際的に認められますが、新制度でのEAL3以上の認証製品はその認証書を発行した国でしか認められません。
HCD PP v1.0:ハードコピーデバイス(ディジタル複合機)プロテクションプロファイルv1.0
ハードコピーデバイス(ディジタル複合機)プロテクションプロファイルv1.0は、2012年に国際的なセキュリティ評価認証制度の利用者団体CCUF(Common Criteria Users Forum)において、MFP TC(Multifunction Printers Technical Community:ディジタル複合機 技術部会)を創設し、日米の認証機関や、リコーをはじめとした各複合機メーカー主導のもと、政府調達のセキュリティ要件としてのデジタル複合機用のプロテクションプロファイルです。