このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

サスティナビリティの考え方

リコーグループは、「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」という創業の精神(三愛精神)に基づき、「世の中の役に立つ新しい価値を生み出し、生活の質の向上と持続可能な社会づくりに責任を果たす」ことを使命としています。

目指すべき持続可能な社会の姿を、経済(Prosperity)、社会(People)、地球環境(Planet)の3つのPのバランスが保たれている社会「Three Ps Balance」として表しています。この目指すべき社会の実現に向け、「事業を通じた社会課題解決」「経営基盤の強化」「社会貢献」の3つの活動に取り組み、国際社会で合意された「持続可能な開発目標(SDGs)*」の達成に貢献していきます。

画像:サスティナビリティの考え方

  • * 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)国連で合意された2030年までの世界的な優先課題および世界のあるべき姿を定めた世界共通のゴール。17の目標と169のターゲットで構成される。

リコーグループが取り組むマテリアリティとSDGs

事業とSDGsの同軸化:リコージャパンのESG目標

リコーグループでは、「事業を通じた社会課題解決」とそれを支える「経営基盤の強化」の2つの領域で7つのマテリアリティを特定。各マテリアリティに紐づく17のESG目標を設定し、財務目標とあわせて経営目標として設定しています。

リコージャパンでも、事業活動とSDGsを同軸化し、SDGsへの貢献度を12のESG目標として設定。業績目標と一体化して推進しています。また、お客様に製品・サービスを使っていただくことで、お客様とともにSDGsの達成に取り組んでいます。

マテリアリティ リコーグループの
ESG指標
2022年度目標 リコージャパンの
ESG指標
2021年度目標
事業を通じた社会課題解決 “はたらく”の変革 顧客調査トップスコア率※1 30%以上 顧客調査トップスコア率 30%
顧客への価値提供拡充度
  • スクラムパッケージの導入顧客比率
20% 顧客への価値提供拡充度
  • スクラムパッケージの導入顧客比率
  • スクラムパッケージ導入による時間創出効果
15%
6,480万時間/年
DXによる価値提供スキル保有人材
(IPA ITSSレベル3以上数)(2020年度比)
1.5倍 リコージャパン独自のプロフェッショナル認定制度平均プロレベル 前年比105%
生活の質の向上 生活基盤向上貢献人数 1,000万人 生活基盤向上貢献人数 200万人
脱炭素社会の実現 GHGスコープ1、2削減率(2015年度比) 30% <自社の脱炭素の取り組み>
  • CO2排出削減率(CO2排出量)
<お客様の脱炭素支援>
  • 主要複合機導入とマングローブ植林によるCO2削減量
  • 環境ソリューション提供によるCO2削減量
2015年度比
▲25.7%
(排出量23,500 t)
1,312 t
3,965.1 t
GHGスコープ3削減率(2015年度比) 20%
使用電力の再生可能エネルギー比率 30%
循環型社会の実現 製品の新規資源使用率 85%以下
経営基盤の強化 ステークホルダー
エンゲージメント
生産拠点のRBA※2認証取得 6拠点
サプライヤーの行動規範署名率 100%
(署名完了)
国際セキュリティ標準 ISO/IEC※3 NIST※4に基づくセキュリティ強化完了
各パートナーからの評価スコア パートナーごとに設定 販売店からの評価:トップスコア率 30%
主要ESG外部評価 トップレベル獲得
経済産業省「デジタルトランスフォーメーション銘柄」採用 採用 経済産業省DX認定取得 認定取得
共創イノベーション 特許のETR※5(他社引用)
スコア増加率(2020年度比)
20%増
ダイバーシティ&
インクルージョン
RFGエンゲージメントスコア 50パーセンタイル エンゲージメントスコア 対象スコア36.5
女性管理職比率 16.5% 女性管理職比率 (2025年度:7.5%以上)
  • ※1 トップスコア率:最も高い評価の選択率
  • ※2 RBA:Responsible Business Alliance
  • ※3 IEC:International Electrotechnical Commission
  • ※4 NIST:National Institute of Standards and Technology
  • ※5 ETR:External Technology Relevance

全社員で取り組むSDGsへの貢献

リコージャパンでは、社員一人ひとりが自分の業務とSDGsを紐づけ、全員参加でSDGsへの貢献を実践しています。

● SDGsキーパーソン制度

2018年からスタートしたリコージャパンのSDGsキーパーソン制度。全国の支社を含む各組織から約410名(2021年6月現在)のキーパーソンが登録され、社内外へのSDGs展開活動を行っています。また、お客様や各地域の課題を理解し、提供価値を考え、事業を通じたSDGsへの貢献を牽引する役割を果たしています。

画像:● SDGsキーパーソン制度

● SDGs強化月間

事業とSDGsの同軸化を推進するため、リコージャパンでは2018年から、全員参加でSDGsへの貢献を実践する「SDGs強化月間」を実施しています。2020年は、7月と11月の2回実施しました。11月の強化月間では、全組織が期間中に貢献する活動テーマを登録。デジタルサービスを通じたお客様の「“はたらく”の変革」への貢献や社内の環境負荷削減の取り組みなど、各組織の業務目標と紐づくSDGsへの貢献を実践しました。

ステークホルダーとの対話

リコージャパンは全国のお客様、従業員、ご販売店やパートナー企業、自治体、教育機関など、さまざまなステークホルダーによって支えられています。そして、ステークホルダーと持続可能な社会の実現に向けて共に取り組んでいける企業でありたいと考えています。事業を通じた社会課題解決の活動を積極的に推進し、それを皆様に伝えることで、パートナーシップで進むべく継続していきます。

社員との対話

2021年2月5日に実施したリコーグループの創立記念日を祝う社内イベントでは、グローバルの社員の想いを聞くことができ、視聴していた社員もアンケートシステムを通じてたくさんの共感コメントを書き込むことでイベントを盛り上げました。

また、社員の家族との交流も大切にしており、子ども向けに実施した「おうちで楽しむSDGsファミリーデー」が好評で、全国に広がりました。

画像1:社員との対話

画像2:社員との対話

大阪地区のファミリーデー

ご販売店との対話

お客様へのWebアンケート調査とご販売店経営者へのアンケートの2つを通して、お客様の期待にどこまで応えられているかを把握し、課題を明らかにしています。ありたい姿とのギャップを知り、共に対策を立てることで、地域から選ばれ続ける企業を目指しています。

  • ご販売店 = リコージャパンのビジネスパートナー

地域・お客様との対話

多摩大学、多摩地域の製造業7社、首都圏産業活性化協会、リコー、リコージャパンで、多摩地域の活性化を目指し、2020年11月から2021年3月まで全6回の研修+各チームの自主的なオンラインミーティングを重ね、環境問題をテーマに新たな事業創造に取り組みました。

画像:地域・お客様との対話

多摩大学で行われたグループディスカッション

◆ ステークホルダーの皆様との主なコミュニケーションの機会
主なステークホルダー 関心事 コミュニケーションの機会
お客様
  • 製品・サービスでの課題解決
  • 課題解決のプロセスやノウハウ
  • 全国の先進事例
  • セールス、カスタマーエンジニアなどの訪問
  • LiveOffice「ViCreA」見学
  • セミナーイベント、企業交流会
  • NetRICOHサイト
  • カタログ、チラシ、提案書
従業員
  • 業績
  • 課題
  • ダイバーシティ
  • 職場環境
  • キャリア教育
  • 社内イントラサイト、社内報
  • サイネージ
  • 社内イベント
  • アンケート、面談
  • 問い合わせ窓口
ご販売店、
パートナー企業
  • 公正な取引と情報開示
  • ビジョンや方針、中期経営計画
  • 販売促進情報や事例
  • 定期的な説明会、イベント
  • 会員企業によるリコー会
  • ご販売店専用サイト「KIZUNAvi」
自治体
  • 法令遵守
  • 公共施策への協力や参画
  • 共同プログラムの連携
  • 連携協定
  • 各種協議会
  • SDGsパートナーシップ制度
  • 県市民向けイベント講座
NPO
  • 社会課題解決に向けた協働・支援
  • 社会貢献活動の協働
  • リコー社会貢献クラブ・FreeWill活動
  • 被災地支援
  • NPOによる社員向けセミナー​
地域社会、将来世代
  • 地域社会への貢献
  • 学校・地域セミナー登壇
  • 展示イベント出展
  • 各事業所やLiveOffice「ViCreA」見学
  • 社会貢献活動
  • 企業訪問受け入れ、就活セミナー