顧客満足度の向上施策に最適なデジタルサイネージとは

顧客満足度の向上施策を行う際の課題と成功のためのポイント

ライフスタイルや購買行動が変化する中、注目されているのが、顧客満足度(CS)です。顧客満足度(CS)の向上は、売上や集客を増やすために、必要不可欠ですが、実際に施策を進めるにあたり、以下のような課題がよくあげられます。

  • 有益な情報を継続的に提供する必要がある

    有益な情報を継続的に
    提供する必要がある

  • リソースが不足していて、施策が滞る

    リソースが不足していて、
    施策が滞る

  • 競合他社との差別化

    競合他社との差別化

① 有益な情報を継続的に提供する必要がある

顧客にとって有益な情報を提供することで、顧客の意思決定のサポートにつながります。商品やサービスを選ぶ際に、価格や品質だけでなく、他社の評価などの情報も重視するため、企業が有益な情報を提供することで、顧客はより的確な判断を下すことができ、顧客満足度の向上につながります。

② リソースが不足していて、施策が滞る

顧客満足の向上を実現するには、従業員満足度の向上も合わせて考える必要があります。人手不足などの影響で、本来の業務と並行して施策を実施するケースが多い中、従業員の負担の軽減やリソースの確保についても考えておくことが必要となります。

③ 競合他社との差別化

顧客満足度を向上させるには、競合他社のサービスや取り組みについても把握する必要があります。自社と競合の相違点を明確化することで、差別化の方向性が定まり、長期的な取り組みに反映させることが可能となります。

それぞれの課題の対応策とは?

上記の課題を解決するための具体的な対応策としては以下のような対応があげられます。

・情報の継続的な提供

顧客にとって有益な情報を継続的に提供するためには、効率的に情報コンテンツを制作する必要があります。例えば、写真やテキストを変更するだけで、簡単にコンテンツの制作が可能なテンプレートなどを活用することで、キャンペーン情報やセール情報などを効果的に提供することが可能となります。

・リソース不足

リソース不足を解消するためには、効率的な業務プロセスの見直しをすることが必要です。また組織全体として、取り組むということも重要となります。

・競合他社との差別化

自社の強みや特徴を明確にし、顧客ニーズに合わせたサービスを提供することで、競合他社との差別化を図ることもできます。

顧客満足度の向上にデジタルサイネージを活用するメリット

顧客満足度の向上には、上記のような課題がある中、それらを解決できる手段として、注目されているのが、デジタルサイネージです。
デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクターなどの映像表示装置を設置して情報を発信するシステムのことです。

顧客満足の向上の施策にデジタルサイネージを活用するメリットとしては、映像や音声を組み合わせた、情報共有が可能となります。
例えば店舗の入り口や店内にデジタルサイネージを設置することで、キャンペーンやセール情報をリアルタイムで配信ができるため、最新情報を効果的に訴求することが可能となり、顧客満足度の向上に繋がります。
その他にも待合室などにデジタルサイネージを設置することで、待ち時間にも有益なコンテンツの配信が可能となり、顧客に寄り添ったサービスの提供を実現します。

またデジタルサイネージの視聴データの計測を提供しているサービスもあります。どのくらいの人数に視聴されたのか、狙っているユーザーに対して、コンテンツの配信ができているのかといった課題の解決に役立ち、店舗のマーケティング活動や、効果的な運用を実現します。

顧客満足度を向上させ、集客力の向上を実現した
デジタルサイネージの導入事例

トヨタカローラ新茨城株式会社様では、新店舗の魅力を効果的に発信したい、店舗で月一回行うイベントへの集客数を増やしていきたいといった背景があり、デジタルサイネージを導入しました。

デジタルサイネージの導入により、店内のディスプレイに常に、モータースポーツやスポーツカーの映像・情報を映し出すことで、店舗の世界観を構築することができました。

またエントランスに設置をしたデジタルサイネージで、イベントなどの情報を発信することで、多くのお客様を呼べるようになり、継続的な集客を実現しました。

画像:トヨタカローラ新茨城株式会社様の導入事例

ホテルでの顧客満足度の向上を実現する
デジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージは、ホテルにおける顧客満足度の向上の取り組みの一つとして注目され、導入が進んでおります。具体的な設置場所としては、エントランスやフロントがあげられます。エントランスやフロントに設置することで、ホテルに訪れたお客様に対して、館内設備の案内や、周辺のイベント情報の案内などの情報発信が可能です。

デジタルサイネージは、写真や動画や音声を活用して、インパクトのあるコンテンツの配信が可能となるため、ポスターなどの紙媒体と比較すると、視覚的にも優れており、高い訴求が可能となります。

その他にも時間帯によって、配信できるコンテンツも変更できるため、効果的な情報発信が可能となり、顧客満足度の向上にもつながります。

【参考情報】

ホテルでデジタルサイネージはどう活用する?事例もご紹介!

ホテルや宿泊施設でのデジタルサイネージ活用方法