店舗の販促活動に最適なデジタルサイネージとは

店舗での販促活動を行う際の課題と成功のためのポイント

顧客のニーズや購買行動の変化に伴い、店舗での顧客の購買意欲を高めるために実施する販促活動が注目されている中、以下のような課題がよくあげられます。

  • 販促物が手作りのため手間がかかる

    販促物が手作りのため
    手間がかかる

  • チラシやポスターの張り替え工数を削減したい

    チラシやポスターの
    張り替え工数を削減したい

  • 店舗のコンセプトに合わせた販促活動を実施したい

    店舗のコンセプトに合わせた
    販促活動を実施したい

① 販促物が手作りのため手間がかかる

ポップなど、従業員が手作りをすることが多く、新商品や一押し商品などタイムリーに対応し作成するのに手間がかかります。

② チラシやポスターの張り替え工数を削減したい

チラシやポスターを作成し、それらを張り替える時間や労力が必要となるため、作業量に応じて、工数が増えます。また対応によっては、人手を必要する場合もある中、人手不足が起こると、作業が滞るため、工数が増える可能性があります。

③ 店舗のコンセプトに合わせた販促活動を実施したい

店舗コンセプトに合わせた販促活動を行うことで、店舗のブランドイメージを強化し、競合他社との差別化を図ることができます。また顧客のニーズや嗜好に合わせることで、顧客満足度を向上させ、リピート率や口コミ効果を高めることができます。

それぞれの課題の対応策とメリット・デメリットとは?

手作業での販促物を作成する際の成果物としては、以下があげられます。

・ポスター
・チラシ
・パンフレット
・フライヤー
・のぼり

メリットとしては、印刷や作成を外注する必要がなくなるため、コストを抑えることができます。また他にはないオリジナリティが出せるため、自分のアイディアを活かして販促物を作成することができます。一方でデメリットとしては、細かいデザインや表現が難しい場合など、柔軟な対応ができず、また大量に生産することが難しい場合があります。

販促物の作成において、工数を削減するには、事前にテンプレートを作成し、活用することで、作業時間を短縮することができます。
また店舗コンセプトを意識して、販促物を作成する際は、店舗のコンセプトに合ったカラーを選び、販促物に反映させることが大切です。その他にも、SNSなどを活用し、実際の顧客の声を反映する形で作成することで、店舗のイメージをアピールすることができます。

店舗の販促にデジタルサイネージを活用するメリット

手作業での販促物の作成には上記のような課題がある中、それらを解決できる手段として、注目されているのがデジタルサイネージです。
デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクターなどの映像表示装置を設置して情報を発信するシステムのことです。

店舗の販促にデジタルサイネージを活用するメリットとしては、情報発信をするコンテンツの制作が容易であり、またターゲット層に合わせて、時間帯や曜日によって、コンテンツを配信することが可能です。またデジタルサイネージは情報の更新も簡単なため、新商品やセール情報などの、最新情報も素早く反映することが可能です。

店舗の販促にデジタルサイネージを活用する際の注意点

店舗の販促活動にデジタルサイネージを活用するメリットを紹介しましたが、販促活動の効果を最大限に引き出すためには、デジタルサイネージの適切な活用方法を理解する必要があります。

まず、デジタルサイネージで配信する販促コンテンツを、常にアップデートすることです。コンテンツの情報が古いと、顧客の関心をひくことができず、販売促進につながりません。そのため簡単にコンテンツの作成ができるテンプレートが用意されているデジタルサイネージを活用することをおすすめします。

またデジタルサイネージは視覚的に魅力を伝えることに優れているため、動画や画像を活用し、商品やサービスの魅力を最大限に引き出すことも重要です。
その際、ユーザーの目に入りやすいなど、情報が効果的に伝わる場所に設置することが重要となるため、設置場所の工夫も必要です。

その他にもデジタルサイネージは、店舗のブランドイメージを強調するためのツールでもあります。そのため、デザインやメッセージは一貫性を持たせ、ブランドの認知度を高めることで、集客が増加し、結果として販売促進につながることもあります。

デジタルサイネージを活用した店舗の販促活動を実施する際は、上記を踏まえて活用方法を設計することが重要です。

店舗販促でのデジタルサイネージの導入事例

株式会社 京阪百貨店様では、毎週の催事に合わせて、催事案内看板を週替わりで製作し、館内に設置をしていましたが、製作にかかるコストと手間の削減といった課題があり、その課題解決のために、デジタルサイネージを導入しました。

デジタルサイネージの導入により、看板を印刷する必要もなくなり、設置や回収の作業もなくなり、課題としてあったコストの削減を実現しました。
また日ごとに変わる出店情報についても、タイムリーかつ魅力的な発信も可能となり、お客様にとって魅力ある売り場づくりにもつながっています。

お客様事例 株式会社京阪百貨店 様

画像:お客様事例 株式会社京阪百貨店 様

株式会社りそな銀行様は、地域密着型の銀行として対面接客を重視し、またお客様に気軽に来店いただき、より充実したご案内につなげていきたいとの思いから、デジタルサイネージを導入しました。

デジタルサイネージの導入により、本部から各支店へ情報を一括管理し遠隔配信することが可能となり、業務負荷の削減と店舗の美化が実現しました。
またLEDビジョンを使って来店のきっかけを作り、店内のディスプレイで具体的な情報を提供することで、新規契約につながるケースも生まれています。また、ディスプレイの下にチラシのラックを設置することで、デジタルサイネージと紙媒体の相乗効果で店舗の認知度や商品・サービスへの注目度が向上しています。

今後は地域性のある情報の柔軟な配信や近隣イベント情報の発信など、地域活性化につながる取り組みを検討しています。

お客様事例 株式会社りそな銀行 様

画像:お客様事例 株式会社りそな銀行  様

愛知西農業協同組合(JA愛知西)様は、地域に寄り添うメインバンクとして、デジタルサイネージを導入し、最新の金融商品やキャンペーン、金利情報をタイムリーに発信しています。
また、店頭表示義務のあるポスターをデジタルサイネージに集約することで、店内はすっきりとした印象になり、混雑時でも快適な空間で多彩なコンテンツを見ながら待つことができ、待ち時間の負担軽減につながっています。

デジタルサイネージ導入前は、金利以外の情報を効果的に発信し、販売促進につなげること、掲示スペースに限界があるためポスターの管理・貼り替え作業など、情報更新にかかる手間を削減したいという課題がありました。

デジタルサイネージの導入で、動きのあるコンテンツによりお客様の注目が集まり、問い合わせや契約数が増加しました。また本店から支店への遠隔配信により、情報更新の手間を省きつつ販売促進を実現しています。

お客様事例 愛知西農業協同組合 様

画像:お客様事例 愛知西農業協同組合 様

ENEOS株式会社様では、新規事業として展開するカ―リース事業におけるプロモーションツールとして、デジタルサイネージを全国のENEOS店舗スペースに設置しました。

大型モニター(55インチ)とタッチディスプレイ(21.5インチ)を利用したデジタルサイネージの導入により、大画面でのコンテンツ配信と、タッチ操作によるインタラクティブな情報発信を組み合わせることで、カーリースの魅力をダイナミックに訴求しています。
また、タッチディスプレイを商談スペースへ設置し、営業の説明ツールとしてもご活用いただいております。

お客様事例 ENEOS株式会社 様

画像:お客様事例 ENEOS株式会社 様

有限会社美容室ゼロ様では、店舗の各席に電子POP(10インチ)を設置し、美容講座やネイル講習、自社商品紹介などのプロモーションコンテンツを配信しています。

決まったコンテンツしか配信できなかったサイネージタブレットから、デジタルサイネージへ切り替えを行い、店舗別・時間帯別にオリジナルコンテンツのきめ細かな配信を実現しています。またお客様の待ち時間にコンテンツを視聴いただけるほか、会話のきっかけにもつながり、顧客接点ツールとして活用いただいております。

お客様事例 有限会社美容室ゼロ 様

画像:お客様事例 有限会社美容室ゼロ 様

ネッツトヨタ岐阜株式会社大垣店は、国道沿いの立地を活かし、効果的なPRを行いたいという課題があり、デジタルサイネージを導入しました。

デジタルサイネージの導入により、店外に向けて色鮮やかな映像をダイナミックに発信することが可能となり、夜のショールームから新型モデルやブランドイメージを印象付ける映像を流すことで、集客力向上を実現しています。

また、店舗が主催する地域イベントの情報も発信し、地域との交流を深めるとともに、「いつも何か楽しいことがあるお店」というイメージを浸透させることができ、新規のお客様増加も実現しました。

お客様事例 ネッツトヨタ岐阜株式会社 大垣店 様

画像:お客様事例 ネッツトヨタ岐阜株式会社 大垣店 様

トヨタカローラ新茨城株式会社様は、茨城県全域で20店舗を展開する自動車販売会社で、新たな店舗「GR Garage 水戸インター」を立ち上げました。店舗でモータースポーツとスポーツカーの魅力を発信するため、リコーのデジタルサイネージとプロジェクターを導入し、新たな客層の集客に成功しました。

店舗のコンセプトは、若い世代やミドル世代がクルマに興味を持つような場所を作ることです。そのため、視覚に訴えるコミュニケーションを重視し、エントランスにデジタルサイネージを設置し、イベント告知や会員誘引などに活用しました。

また、店舗の外に向けて200インチの大画面で映像を投影し、店舗の認知度向上に貢献しています。
これらの取り組みにより、店舗は新たなお客様を獲得し、社員のモチベーションも向上しました。今後は、タッチパネル式サイネージを活用したコンテンツ配信や、自社のレースチームの動画を作成して大型スクリーンで流すなどの展望を持っています。

お客様事例 トヨタカローラ新茨城株式会社 様

画像:お客様事例 トヨタカローラ新茨城株式会社 様