消費者コミュニケーションに最適なデジタルサイネージとは

店舗での効果的な消費者とのコミュニケーション方法とは?

インターネットやSNSの普及により消費者は、簡単に商品やサービス情報を得ることができるようになったため、企業は消費者とのコミュニケーションを通じて、商品やサービスの情報を的確に伝える必要が増えました。
一方で消費者とのコミュニケーションをとる際に、以下のような課題がよくあげられます。

  • 情報過多により訴求内容が埋もれてしまう

    情報過多により
    訴求内容が埋もれてしまう

  • 消費者の多様性に応じた細かな訴求が必要である

    消費者の多様性に応じた
    細かな訴求が必要である

  • コミュニケーション手段の選択肢が多い

    コミュニケーション手段の
    選択肢が多い

① 情報過多により訴求内容が埋もれてしまう

消費者は、インターネットやSNSなどを通じて簡単に情報を入手することができるようになったため、企業は消費者に対して適切なコミュニケーションをとり、関心を引く必要があります。しかし情報過多や選択肢の多さにより、消費者は情報を選別しているため、企業のメッセージを見落とす可能性があります。

② 消費者の多様性に応じた細かな訴求が必要である

消費者はそれぞれ異なる関心やニーズを持っているため、企業は広範な消費者に対してコミュニケーションをとる必要がありますが、ひとつのメッセージで伝えることは難しいため、企業は消費者の多様性に対応し、個々の消費者に対して適切なメッセージを提供する必要があります。

③ コミュニケーション手段の選択肢が多い

消費者は、テレビなどのメディアだけでなく、インターネットやSNSを通じて情報を受け取るため、企業は、消費者が使用するメディアなどを理解し、それに合わせたコミュニケーション戦略を策定する必要があります。

店舗での効果的な消費者コミュニケーション方法とは?

店舗での消費者コミュニケーションの方法には、以下のようなものがあげられます。

一般的なものとして、視覚的なコミュニケーションがあります。店内のディスプレイを工夫することで、商品や特集を目立たせることができます。また、商品のパッケージやPOP広告など、視覚的な情報を活用することで消費者の興味を引きつけることができます。 視覚的なコミュニケーションの他にも、口頭でのコミュニケーションも重要となり、スタッフが消費者に対して接客を行い、商品の特徴や使い方などを説明することで、消費者の理解を深めることができます。

また昨今増えているのが、デジタルなコミュニケーション手法です。店舗内にデジタルサイネージやタブレットを設置し、情報や動画を提供し、消費者の関心を引きつけることができます。その他にも、SNSやメールマガジンなどのオンラインチャネルを活用し、消費者とのコミュニケーションを継続することも重要です。

消費者コミュニケーションの手段に
デジタルサイネージが有効な理由

デジタルサイネージは動画や画像を活用し、商品やサービス情報を視覚的に伝えることができ、消費者に直感的で効果的なメッセージを伝えることができ、消費者の興味を引くことができます。

またデジタルサイネージは配信コンテンツを簡単に更新することができるため、新商品やキャンペーンなどの最新情報を素早く伝えることができます。これにより、消費者に対して常に最新の情報を提供することができるため、購買意欲を高めることができます。また店舗アンケートなどを実施し、その内容を踏まえた消費者の関心やニーズに合わせた情報を提供することもできます。

その他に、デジタルサイネージはさまざまな場所に設置ができるため、消費者が自然に目にすることができ、効果的なコミュニケーションの実現が可能となります。

消費者コミュニケーションに
デジタルサイネージを活用した事例

城北信用金庫様のお客様には、魅力的な商品やサービスを展開されている企業、店舗が数多くある中で、その魅力を発信できる場が限られていたたため、地域に密着した信用金庫として何かできることはないかと考え、その課題の解決策として、デジタルサイネージを導入しました。

人通りの多い通りに向かってダイナミックに情報発信することで、地域活性化につながり、店舗発の情報が街に広がり、豊かなコミュニケーションが育まれ、地域活性化を促進する結果となりました。

お客様事例 城北信用金庫 様

画像:消費者コミュニケーションにデジタルサイネージを活用した事例

美容室ゼロ様では、店舗の各席に小型デジタルサイネージの電子POPを設置し、消費者・顧客コミュニケーションツールとして、活用いただいております。具体的な活用方法としては、美容講座やネイル講習、自社商品紹介などのプロモーションを主としたコンテンツを配信しています。

今までは、決まったコンテンツしか配信できなかったサイネージタブレットを活用していましたが、クラウド型のデジタルサイネージに切り替え、店舗別・時間帯別にオリジナルコンテンツのきめ細かな配信を実現し、会話のきっかけにもつながり、効果的な消費者・顧客コミュニケーションを実現しました。

お客様事例 有限会社 美容室ゼロ 様

【参考情報】
小型デジタルサイネージの活用例と導入効果
銀行などの金融機関におけるデジタルサイネージ活用術
美容室におけるデジタルサイネージの活用術

画像:消費者コミュニケーションにデジタルサイネージを活用した事例2