このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

銀行等の金融機関におけるデジタルサイネージ活用術

デジタルサイネージは、今、駅をはじめ、スーパーマーケットや銀行、オフィス、大学、工場などさまざまな場所に導入されています。
今回は、銀行などの金融機関にデジタルサイネージを設置した場合、どのようなコンテンツを配信することで効果が出るか、その活用法を解説します。

画像:デジタルサイネージとは

銀行等の金融機関のデジタルサイネージ活用法

銀行等の金融機関に訪れるユーザーは、どのような情報を求めているのでしょうか。デジタルサイネージを設置してコンテンツ配信する際には、そのユーザーニーズに応じて配信する内容を選ぶことが効果を出すためには重要になります。
そこで、銀行等の金融機関に訪れるユーザーニーズとともに、そのユーザーニーズにマッチする具体的なコンテンツ活用法をご紹介します。

各種商品やサービスを効果的に伝える手段として

金融機関に興味を持つユーザーは、銀行やローンプラザなどの金融商品やサービスに興味がある人はもちろん、具体的な商品やサービスに興味はなくとも、世間の金融情報をもとに、情報収集したい人もいます。金融商品やサービスを購入・契約するのは、たいていの場合慎重に行われるため、情報収集段階の人は多いと思われます。
金融機関に来店するこれらのユーザーに対して、求める情報を適切に訴求するためには、店内のデジタルサイネージで各種商品やサービスを静止画や動画で配信することが効果的です。カタログや資料などよりも分かりやすく伝えられ、認知を促し、興味関心の度合いも高められるでしょう。

商品販促として

すでに購買意欲の高まっている顧客に対しては、金融商品やキャンペーン情報、各種サービス情報などを、消費需要のタイミングに合わせてデジタルサイネージでコンテンツ配信すれば、商品販促にもつながります。

コミュニケーションツールとして

新しくできた店舗や、大きな店舗などは、その店舗の前を通る通行人にとって「どのような店舗なのか?」「何のサービスを提供しているのか?」を認知したいというニーズもあると考えられます。またATMのみの利用など、直近では金融商品・サービスに興味のない顧客もいます。
そこで、店内に入らなくとも、屋外からも閲覧できる大型ディスプレイを路面に向けて設置し、各金融機関で取り扱っている金融商品やサービスを紹介することで、認知がされ、興味関心につながると考えられます。
さらに、ニュースや天気予報、各種地域情報などを提供するツールとしても活用できます。興味関心を寄せる顧客のほか、通行人やATM利用者ともコミュニケーションを取ることができます。また来店者に対するCS(Customer Satisfaction/顧客満足)の向上にも寄与します。

必携ポスターとして

来店客は、その金融機関が信頼できるかどうかも確認したいものです。そこでデジタルサイネージを銀行免許・個人情報利用に関するお知らせなど、必携ポスターとしても活用することで、ユーザーニーズに応えることが可能です。

各種PR媒体として

来店客は、その金融機関がどのような地域活動を行っているかという情報も、潜在的に求めていることでしょう。そのようなニーズに対しては、デジタルサイネージをPR媒体として機能させる方法があります。融資先の地元企業の広告や、地元自治体からのお知らせなどを配信することで、地域との関係性が深いことをアピールすることが可能です。

リコーでは金融機関へのデジタルサイネージの導入支援を行っています。更に具体的な活用シーンやお客様事例を見たいという方は、以下からご確認ください。

【参考】

⾦融機関におけるデジタルサイネージソリューション

銀行でのデジタルサイネージ活用シーン

リコーのデジタルサイネージサービス

リコーでは、幅広い業種のデジタルサイネージの導入を行っています。そのような中でも、金融業の支援実績も豊富にあります。

リコーのクラウド型デジタルサイネージの、銀行などの金融機関に必要な機材・適したコンテンツには、次のようなものがあります。

機材例(大通りに面した店舗で外向けに設置する場合)

  • ・STB(セットトップボックス)
  • ・高輝度液晶ディスプレイ/LEDディスプレイ
  • ・インターネット環境

機材例(店舗内に設置する場合)

  • ・STB(セットトップボックス)
  • ・42~55インチの液晶ディスプレイ
  • ・インターネット環境

【参考】

デジタルサイネージ ディスプレイ選定情報

コンテンツ例

  • ・ローンの金利優遇キャンペーン情報
  • ・金融商品の説明
  • ・保険情報の案内
  • ・ATM利用時の注意
  • ・セミナー、投資や年金相談会などの告知
  • ・各種広告
  • ・天気予報・ニュース
  • ・マーケット情報

機材については、それぞれを個別に手配をする場合、時間・コストともに大きなロスが生まれてしまいます。その点、リコーは、金融業に適したデジタルサイネージ機材の導入からコンテンツ制作、環境構築まであらゆる業務にトータルで対応可能です。

【参考】

コンテンツ制作・配信運用サービス

デジタルサイネージ 防災/災害情報コンテンツ

まとめ

銀行等の金融機関においてデジタルサイネージを効果的に導入する方法について、ご紹介してきました。リコーでは、金融業のデジタルサイネージ導入実績が多数あり、その店舗に適した機材やコンテンツのご提案を柔軟に行うことが可能です。

また金融業はもちろん、さまざまな業種への支援実績も豊富にあります。ぜひお気軽にご相談ください。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする