このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

集客効果を倍増させるデジタルサイネージ広告の活用法

デジタルサイネージ広告は、駅や鉄道内のほか、店頭や建物の外壁などさまざまな場所で配信することが可能です。

従来の電車の中吊り広告のようないわゆる広告だけでなく、最近では店舗内から外の通行人向けに、取扱商品PRのために掲示する広告も増えてきています。いずれもターゲットに直接アピールできることから、集客効果も期待できます。

今回は、そのデジタルサイネージ広告のメリットや活用事例をご紹介します。

デジタルサイネージ広告が拡大中

交通広告からはじまったデジタルサイネージ広告は、今や店舗の内外や公共機関、学校などあらゆる場所で見られるようになりました。デジタルサイネージ広告は、電車の中吊り広告のように金銭が発生するものを主に指しますが、自社のPR情報を掲示するものも販促広告と呼ばれることがあります。

現在、デジタルサイネージ広告市場は大きく3種類に分けられます。それは「交通広告」、「屋外広告」、「店内広告」です。

交通広告は、駅や電車内に掲示されるものがよく知られていますが、近年はバスやタクシー、道の駅等にも広がり、どんどんその活用の場が増えています。

画像:デジタルサイネージ広告が拡大中

屋外広告は、ショッピングセンターや家電量販店、各種店舗や施設などの店舗壁面に掲出するもので、通行人に対して広くPRできるものです。

店内広告は、スーパーや家電量販店、コンビニエンスストアなどの店内に設置される広告で、来店客にPRするものです。

デジタルサイネージ広告は、このようにさまざまな場所に広がっています。
その中でも、富士キメラ総研の「デジタルサイネージ市場総調査 2019」において、2025年までの拡大率が最も高いと予測されているのが、店内広告です。

デジタルサイネージ広告のメリット

デジタルサイネージはあらゆる場所に設置できることから、検討の余地があると感じている方も多いでしょう。そこで、デジタルサイネージ広告のメリットをご紹介します。

1. 設置場所に適したターゲットへのアプローチを強化できる

デジタルサイネージ広告は、動的コンテンツを掲出できることから、従来からあるポスターなどの静止画よりもインパクトがあり、ターゲットの目に入りやすいメリットがあります。

動画はもちろん、音声も付加することによって聴覚的にアプローチすることも可能です。

また、テレビCMなどの不特定多数に向けた広告と比べて、デジタルサイネージ広告は設置場所によって異なるターゲットに合わせて、適したメッセージ配信ができるのも特徴です。

画像:設置場所に適したターゲットへのアプローチを強化できる

2. 新型コロナ流行下では非接触の広告PRが可能

新型コロナウイルスの流行下でも、デジタルサイネージ広告にはメリットがあります。従来のポスターなどは紙を貼ったりはがしたりするために掲出場所に出向く必要がありますが、デジタルサイネージは初期導入が済んでしまえば、遠隔から情報配信することができるため、非接触かつ、人を介在させない広告が手軽に配信可能です。

画像:新型コロナ流行下では非接触の広告PRが可能

デジタルサイネージ広告活用例

デジタルサイネージ広告は、現在、さまざまな場所に設置されていますが、特に広告として有効な場所の活用例をご紹介します。

駅構内

駅では、構内の壁面や柱などにデジタルサイネージを設置することができます。従来の看板やポスターと違い、表示内容が切り替わったり動画を再生できたりするデジタルサイネージは、駅の利用者に対してインパクトのある訴求が可能です。また、電車内のドア上部にある液晶モニターを用いたデジタルサイネージ広告は、視認性も高く、効果的に乗客にアピールできます。

フィットネスクラブ・ジム

フィットネスクラブやジムの壁面にデジタルサイネージを設置し、スポーツ飲料やサプリメント、シューズやウェア、美容商品などの広告を配信することで、ふさわしいターゲットに商品プロモーションを行うことができます。

ビルボード

屋外広告の中でも、ビルボードのデジタルサイネージ広告は、大型ビジョンで効果的に、歩行者や車利用者などに幅広く訴求が可能です。特に交差点などに位置する場所では、歩行者が信号待ちの時間に必ず目に入り、繁華街に位置する場合は買い物客をターゲットとして配信できます。

薬局

調剤薬局などでは、待ち時間があることが多く、利用客に向けてデジタルサイネージで情報発信をすることは有効です。薬局利用客は、健康志向の高い50代以上のユーザーの割合が多いといわれることから、ヘルスケア商品情報などの発信に有効といえます。

ホテルのフロント

すべての宿泊客が通過するホテルのフロントでデジタルサイネージを設置してレストランや周辺地域の施設、イベントなどの情報などをPRすれば宿泊客を惹き付けることができます。またシーズンごとのイベントなどに合わせた動画で効果的にアピールすることも可能です。

銀行の待合室

銀行の待合室にデジタルサイネージ広告を設置すれば、銀行の取扱い商品や地域情報などの情報提供が可能です。また、ニュースや天気予報などのコンテンツを配信すると、待ち時間も快適に過ごしてもらえます。

大学生協

大学生協にデジタルサイネージ広告を設置することで、新商品の情報、クレジットカード加入、お部屋探し情報などのセールやキャンペーン情報、サービス案内などの情報提供が可能です。⼤学⽣協の利便性アップにも貢献します。

まとめ

デジタルサイネージ広告は、今やあらゆる場所に設置ができる上に、有意義なメリットも豊富です。特に新型コロナウイルス感染拡大を受け、非接触で更新、宣伝活動が行えるのは大きなメリットといえます。リコーでは手軽に始められるデジタルサイネージをご提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする