このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

デジタルサイネージの導入・運用コストの相場を解説

インパクトのある画像や動画を映し出せるデジタルサイネージは、今、多くの企業が着手しており、集客や顧客満足度アップの成果を出しています。導入する場合、ディスプレイ設置や運用に関してコストがかかります。

そこで今回は、そのコストの内訳や費用相場がどのくらいになるのかなどをご紹介します。

デジタルサイネージ導入でコストダウン

デジタルサイネージにおけるコストには、導入コストと運用コストの2種類があります。

導入コスト、運用コストどちらを取ってみても、ポスターやテレビCMよりもコストを抑えることができ、高い効果も期待できます。

デジタルサイネージは、クラウド型であれば導入時にはディスプレイとSTB(セットトップボックス)という端末とクラウド契約、ネットワーク環境を整えるだけで済むため、導入コストを抑えられます。

画像:デジタルサイネージ導入でコストダウン

また運用においても、デジタルコンテンツ制作はテンプレートやコンテンツ制作サービスを利用することで、必要なコストのみで柔軟に運用可能です。

さらに、デジタルサイネージは紙媒体と違い、動画で繰り返し訴求ができるため、視聴者の印象にも残りやすいです。テレビCMのように内容をすぐに変更できないというデメリットもありません。

デジタルサイネージの相場

デジタルサイネージにかかるコストはどのくらいなのでしょうか。その相場をディスプレイ導入コストと運用コストから見ていきましょう。

画像:デジタルサイネージの相場

ディスプレイの導入コスト相場

ディスプレイはサイズや用途、設置方法によって変わるため、はっきりとは言えませんが、ディスプレイ、再生機器、管理システムそれぞれの一般的な相場範囲は下記となります。また、ディスプレイによっては工事費用もかかります。

  • ・ディスプレイ…屋内用は10~40万円、屋外ディスプレイは50~300万円ほど。
  • ・再生機器…USBメモリは1,000~3,000円程度、STBは3~25万円ほど
  • ・管理システム…デジタル配信コンテンツ再生のスケジュールなどを管理するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)利用の費用相場は、月額数千円~1万円ほど。

デジタルサイネージの運用コスト相場

デジタルサイネージの運用コストには、コンテンツ企画・制作費用、メンテナンス費用などがあります。

コンテンツ企画・制作費用については、自社ですべてを用意する場合と、カメラマンや制作会社に依頼する場合とでは大きく異なります。2〜5万円からの場合もあれば、30~50万円からの場合もあります。

この運用コストについては、導入前から検討できていないケースが多いものです。導入前からしっかりと検討し、計画を立てておくと失敗が少なく、スムーズに運用できます。

まとめ

リコーでは、デジタルサイネージに必要な機材の選定、環境構築などの導入からコンテンツ作成・配信までトータルサポートしています。また、設置も運用も簡単かつローコストで対応可能です。

ディスプレイとSTB(セットトップボックス)を接続し電源オンで自動起動し、ネットワーク接続の設定だけで準備完了です。

専任のシステム担当者をおく必要もなく、リコーデジタルサイネージのクラウドサービスの契約とSTBの購入だけで、すぐにデジタルサイネージを始められます。

また、リコーならサポート体制も充実しており安心です。

デジタルサイネージの導入・乗り換えにお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする