このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です
  • 「AI OCR」とは~OCRとの違いと3つのメリット

技術開発や製造の現場だけではなく、最近ではスマートフォンの機能や自動運転技術などにも活用されていることで知名度が高まったAI(人工知能)は、あらゆる分野での活躍が期待されています。

その1つとして挙げられるのが、OCRとAIを融合させた「AI OCR」です。様々な帳票に記載された項目の自動抽出ができる「AI OCR」は、従来手作業で行っていた伝票入力作業を効率化することができ、生産性を高めるツールとして、注目されています。今回は、「AI OCR」について、OCRとの違いや活用メリットをご紹介します。

「AI OCR」と「OCR」の違い

OCRは、Optical Character Reader(またはRecognition)の略で、画像データのテキスト部分を認識し、文字データに変換する光学文字認識機能のことを言います。具体的にいうと、紙文書をスキャナーで読み込み、書かれている文字を認識してデジタル化する技術です。

人間は、紙に書かれている文字を無意識に理解しますが、コンピューターは自動的に読み取ることができません。

そのため、紙に書かれた文字をデジタルデータとして活用するには、一度、人間が読み取って文字に変換する必要があります。これがデータ入力と呼ばれるものです。しかし、単に文字を入力するという作業は非常に効率が悪く時間がかかります。この作業を人間の代わりに行ってくれるのがOCRです。

「AI OCR」は、OCRにAI技術を加えたものです。AI技術を組み合わせることで、機械学習による文字認識率の向上や、帳票フォーマットの設計をせずに、項目を抽出することが可能になりました。

「AI OCR」を利用する3つのメリット

「AI OCR」は最先端の技術を搭載しているため、OCRよりも費用は高くなります。しかし、そのぶん次のようなメリットがあります。

1. 文字識字率が高い

これまでのOCRは、すでに持っているロジックの範囲内で決められたパターンでしか識別を行いませんでした。しかし、「AI OCR」はAIにディープラーニングさせることにより、一度文字を読み間違えたとしても、その間違えたデータをAIが学習することで、文字認識率を向上することが可能になりました。また、手書き文字に対応した「AI OCR」も登場しています。

2. フォーマットが異なる帳票に対応できる

帳票をOCRする際、これまでは、事前に読取位置や項目の詳細定義をする必要がありました。しかし、「AI OCR」はAIが読取位置や項目を自動抽出することができるので、紙ベースの資料をスキャンするだけで文字を認識してくれる「設計レス」を実現することができました。例えば請求書や納品書、発注書といった様々なフォーマットの帳票であっても、スキャンするだけで項目を抽出できるので、業務効率を大幅短縮が可能です。

3. RPAとの連携でさらに作業効率がアップする

「AI OCR」はRPA(Robotic Process Automation)と連携することで、RPAの作業効率をさらにアップすることができます。「RPA」とは、従来、人が行っていた業務をソフトウェアロボットにより代行・代替することを表す言葉です。例えば、データの抽出やファイル作成、データの転記や受け渡しなどの業務をRPAが代行することが可能です。しかし、ファイルやデータの処理はできるのですが、デジタルデータに変換する機能が搭載されていないことが課題となっていました。 そこで、RPAと「AI OCR」を連携させることで、パソコンを使った作業の自動化に加え、文字データを自動で読み取りデジタルデータ化することが可能になりました。OCRと組み合わせることで、紙帳票からデータを抽出し、データ入力、集計・加工、出力といった一連の業務を自動化することが可能となります。

働き方改革の第一歩に。「AI OCR」なら業務効率が高められる

OCRを導入すればデータ入力にかかる手間と時間を大幅に削減できますが、文字認識の精度や非定型帳票への対応など活用できる分野が限定されていました。

しかし、AIを搭載した「AI OCR」では、文字認識率の向上、非定型帳票への対応によりOCRの精度、使い安さが大幅に向上しています。また、RPAと連携することで、さらなる業務効率向上も期待できます。

「AI OCR」と聞くと高額なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、シンプルで安価なものから高機能なものまで、各社様々なサービスを用意しています。
自社の業務にあったサービスか検討するにあたり、まずは導入前に、各社が用意している無料トライアルを利用してみるのはいかがでしょうか?

「RICOH Cloud OCR」導入検討ガイド

PDF版無料ダウンロード

イメージ

RICOH Cloud OCR の特長、メリット、業務改善例、製品詳細を
わかりやすくまとめた “「RICOH Cloud OCR for 請求書/納品書」導入検討ガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • RICOH Cloud OCR for 請求書/納品書とは
  • 製品概要
  • 改善提案事例
  • サービス価格 など

関連情報