このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

事例

作業の効率化 ヒューマンエラー低減

ヒューマンエラーの発生と流出を防止!~欠品や部品間違え等のヒューマンエラー発生と流出を防止。 作業者とリーダーのダブルチェックを画像認識技術でデジタル化~

効果

効果1欠品や誤りチェックなどの目視確認作業を削減

※リコージャパン調べ

  • 画像自動認識により、目視チェックを変更 (1台当たり36カ所)
  • 貼付け工程での検査時間を削減:202秒/台⇒146秒/台(短縮時間:56秒/台)

効果2検査工程の業務フローにおけるヒューマンエラーを防止

  • 検査工程での画像判定処理などを自動化し、エラーが発生した場合は、次工程のチェックに進めないように制御

課題

課題1貼付け工程にて、目視チェックしずらいデカルが複数存在

  • 複写機にはエンブレムや操作や、注意書きに関するものなど、30種類以上のデカルシートが使われている。
  • デカルシートは、製品仕様や仕向け地により、文字や色仕様が違うため、貼り忘れや部品違いが発生しやすい作業でした。

課題2目視チェックミスによるヒューマンエラー止められずに出荷される。

  • デカルシート貼付けは、作業者とリーダーによる目視チェックに依存しているため、ヒューマンエラー発生。
  • 貼付け作業のチェックは、製品出荷前の最終工程のため、チェックミスがあった場合、是正されずにそのまま出荷されてしまっていた。

課題解決提案

  • 製品仕様や仕向けによって異なる部品の正しい画像データをアプリケーションに登録する。
  • 検査したい製品の情報をバーコードで呼び出し組み付いている部品とデータベース上の正しい画像データを画像マッチングし、正誤を自動判定する。
  • また、すべての判定が合格しないと、次工程へ進めない仕組みを構築。