このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

事例

物流コスト低減 シミュレーション

梱包最適化設計による物流コスト低減!~製品の輸送品質(製品の耐衝撃性、包装材の緩衝性)をバーチャル評価し改善を実現~

効果

効果1落下衝撃シミュレーションによる梱包材設計

  • これまでのプロセス:実機を使って評価→実機または梱包材対策→再評価の繰り返し
  • 3Dモデルを活用したプロセス:実機3Dモデル+梱包材でシミュレーション評価→実機評価

効果2包装材の最適化により物流コストを削減

  • 梱包サイズ:1/2(容積比)
  • 包装材コスト:40%減
  • 対コンテナ積載数:2.2倍(物流コスト1/2)
  • A機種 総額14億円の効果

※リコージャパン調べ

課題

課題1評価の繰り返しで費用がかさむ、評価日程が長い

  • 従来プロセス:実機評価繰り返しによる費用がかさみ、日程も長い

課題2梱包材の機能面やコンテナ積層効率に問題

  • 過去に設計した包装材、環境を意識した材質、包装材サイズ小さくできないか
  • コンテナ積載効率を考慮した包装材サイズ見直しが出来ないか

課題解決提案

提案13Dモデルによるシミュレーションプロセスを導入

  • 本体設計と並行で梱包設計、シミュレーションで検証
  • シミュレーション検証本体構造改善件数 実績 20件

提案2シミュレーションにより包装材の材質と形状を見直し

  • 3Dモデルを活用し衝撃が加わった状態をシミュレーション
  • 包装材材質と形状を見直し
  • シミュレーション検証包装材改善実績件数 21件
一覧に戻る