このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
  • ホーム
  • デジタルマニュファクチュアリング(DM)

デジタルマニュファクチュアリング(DM)でデジタル時代のものづくりの課題を解決

CONCEPT MESSAGE

Digital Manufacturing デジタルマニュファクチュアリングとは

デジタルマニュファクチュアリングとは、「デジタル」を取り入れたモノづくりのことで、リアルな製造現場の工程、部材、人、設備等のデジタルデータを「取り」、「貯めて」、「活用」し、現場とオフィスの生産性と働き方を変革し、新たな付加価値を創出することを言います。

生産現場の情報を可視化、分析・予測、制御・最適化をすることで、製造SEQCDと間接効率の向上、開発設計の進化を実現することができます。

リコーグループのデジタルマニュファクチュアリングの目指す姿とは、製造現場改革に必要な取るべきデータを、①デジタル技術を駆使して取得する②それを蓄積する③更にこれを分析して、新たな取り組みに活用することです。

データの利活用を実現させ、現場とオフィスの生産性と働き方を変革し、新たな付加価値を創出していく。これがリコーのDMの考え方と目指す方向性になります。

画像:デジタルマニュファクチュアリングとは

Solution 課題解決事例

リコー社内でのKAIZEN事例をご紹介します。
リコーもこれまで設計生産現場で多くの課題を抱え、解決のためにデジタルを活用してきました。
数百に上る実践事例の中から厳選して、まずは現場層の取組事例のご紹介をします。

もっと見る

Digital Mnufacturing リコーが目指すデジタルものづくりの姿

デジタルマニュファクチュアリング(DM)の考え方

画像:デジタルマニュファクチュアリング(DM)の考え方 ソリューション一覧

Strength リコーの強み

生産現場の“プロ”がお客様目線で課題解決のためのご提案をします

リコーではデジタルを活用したモノづくり改革をDM(デジタルマニュファクチュアリング)と呼んでいます。
その取り組みの最大の特徴は、グローバル同時に展開することとデータの利活用を予め考え抜いた
「QCDを切り口とした生産領域の明確化」「具体的な業務プロセスまで落とし込んだ共通モデル化」
「経営・管理・現場の階層ごとにデータを活用するためのKPI整理」 を事前に行った上でシステム構築を進めたことにあります。

もっと詳しく見る