このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

デジタルサイネージとは?仕組みから活用までをご紹介

街角や店舗で見かけることの多くなったデジタルサイネージ。駅や店舗をはじめ、幅広い業種で利用が進められており、その機能やコンテンツも多様化しています。デジタルサイネージの市場規模も増加しているといわれており、今後も導入する事業者は増えていくことでしょう。そのような中、今デジタルサイネージの基本的な仕組みを知り、デジタルサイネージのマーケティング活用におけるメリットを知っておくことは有効といえます。今回はデジタルサイネージの仕組みや活用メリットなどをご紹介します。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、駅や店舗、施設、オフィスなどに、ディスプレイやプロジェクターなどの映像表示装置を設置して情報を発信するシステムです。

駅や店舗での情報発信といえば、従来は紙のポスターや看板が一般的でしたが、デジタルサイネージは電子看板とも呼ばれるように、デジタル映像機器を用いることで、より多くの情報を、手軽に、タイムリーに発信できることから、近年大きな注目を集めています。

従来は駅構内で多く見られましたが、今では、スーパーマーケットやショッピングセンター、ドラッグストア、病院、ホテル・旅館、銀行、学校、オフィスなどあらゆるところに設置されています。

またデジタルサイネージは、ただの掲出物としてだけでなく、マーケティングの観点からの新しいコミュニケーションツールとしても活用されています。

画像:デジタルサイネージとは

デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージは、ディスプレイを活用し、動画や静止画を表示するものです。その仕組みは大きく2種類あります。それはスタンドアロン型とネットワーク配信型です。

スタンドアロン型

ディスプレイ内蔵メディアプレイヤーなどの装置を単独で使用するもので、コンテンツを書き込んだUSBメモリーやSDカードなどを差し込んで、ディスプレイに表示する方法です。

画像:スタンドアロン型

ネットワーク配信型~オンプレミス型・クラウド型

デジタルサイネージ機器がネットワーク通信できるようにしておき、コンテンツをサーバへアップロードし、有線LANやWi-Fiなどのネットワークを通じて、ディスプレイに表示させる方法です。専用サーバを利用する「オンプレミス型」と、クラウド環境を用意し、そこにコンテンツを置いてコンテンツ配信を行う「クラウド型」があります。

画像:ネットワーク配信型~オンプレミス型・クラウド型

※STB(セットトップボックス)

これらの方法のうち、いま注目を集めているのが、クラウド型のネットワーク配信です。スタンドアロン型は手軽に始められる一方で、配信できるコンテンツは随時、手動で差し替える手間がかかる上に、複数拠点に同コンテンツを配信する際にも、一台一台の対応が必要になります。

一方でネットワーク型は、コンテンツをサーバにアップロードすれば、そこからネットワークを通じて複数拠点へ配信することができ、コンテンツの差し替え・更新も遠隔から容易に行うことが可能です。

このネットワーク配信型のうち、専用サーバを自社に導入するオンプレミス型は導入の手軽さに欠けますが、クラウド型は専用サーバ設置の手間もなく手軽に始められます。

デジタルサイネージディスプレイ選定情報

デジタルサイネージのマーケティング活用におけるメリット

デジタルサイネージは、閲覧するユーザーにとってより多くの情報が得られ、利便性が高いというメリットがありますが、事業者側のマーケティング活用においてもメリットがあります。そのマーケティング活用におけるメリットを具体的にご紹介します。

特定のターゲットに訴求できる

デジタルサイネージは、特定のターゲットにとって適した最新の情報を配信することが可能です。従来の紙のポスターや看板とは異なり、時間帯に合わせてコンテンツを変更できたり、設置場所に合わせてコンテンツの出し分けができるなど、柔軟に対応することができます。

動画による視認性の強化でユーザーを引き付けられる

デジタルサイネージでは、視認性を高めることで人を惹きつけることが可能です。

文字だけや静止画よりも、動画のほうが伝わりやすいことは周知の事実です。デジタルサイネージではさらに音声付きで動画配信することも可能です。通りかかるユーザーの目や耳を引く情報を発信することで、販促につながります。

看板・ポスターよりも差し替え工数がかからない

店舗では、デジタルサイネージを利用すれば、タイムセールや店舗ごとの個別販促施策なども容易に展開できます。クラウド型であれば、より導入やコンテンツ配信の手間やコストの削減が期待できます。なぜなら、ポスターや看板を活用する場合、大量の印刷や送付、貼りつけや廃棄の作業に手間やコストがかかる上に、配信できる情報も限られるためです。また専用サーバを利用したネットワーク配信型は導入に手間やコストがかかります。このことから、クラウド型はより販促活動における手間やコストの削減につながります。

タッチ操作からログを取得し、マーケティングデータとして活用可能

デジタルサイネージの中には、ユーザーが自らタッチして知りたい情報を操作して閲覧できるタッチパネル型もあります。タッチされた情報のログを取得することで、ユーザーの興味関心、疑問や不安事項を知ることができるため、マーケティングデータとして有効活用できます。

インバウンドとのコミュニケーションが容易

訪日外国人が急増している今、インバウンドマーケティングを実施している事業者は多くあります。そのような中、デジタルサイネージは非常に有用です。例えば、日本語が分からないお客様にデジタルサイネージを用いて外国語で案内すれば、言葉が通じず、店員とスムーズに話をすることが難しいユーザーに対しても、気軽な店舗利用、購買を促すことができます。

まとめ

デジタルサイネージは、従来のポスターや看板にはないタイムリーかつターゲットにマッチした情報を配信できる、優れたコミュニケーションツールであり、またマーケテイングツールです。すでにさまざまな場所に設置されており、コンテンツも多様化しています。業種問わず、自社のターゲットに合ったコンテンツを、最もマッチする方法で配信することでコミュニケーションやマーケティングの成果を出すことができます。

デジタルサイネージ 業種・業態別ソリューション

店舗からホテル、病院、銀行、学校、オフィスまで、デジタルサイネージ(電子看板)の業種・業態別のソリューションをご紹介します。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする