このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

RICOH TAMAGO Pita Projection

RICOH TAMAGO Pita Projection

(提供を終了しました)

RICOH TAMAGO Pita Projectionは提供を終了しました。
iPhone/iPadからのプロジェクターへの投影にはRICOH Smart Presenterをご活用ください。
RICOH Smart Presenter 製品サイト: http://www.ricoh.co.jp/software/other/smartpresenter/


RICOH TAMAGO Pita Projectionとは

プロジェクターに投写した画像をiPad/iPhoneで撮影するだけで、画像の歪みを補正することができるアプリです。
巻き上げ式の天吊スクリーンやスタンド式スクリーンなど投写画像に歪みが出やすい環境や、投写面が湾曲している場所などで、きれいに補正された画像を投写することができます。
リコーは、ビジネスや教育現場においてもスマートデバイスの活用が進む中で、プロジェクターとスマートデバイスを連携させた本アプリを通じて、より柔軟で快適なコミュニケーション環境の提供に貢献してまいります。

Pita Projectionの特長

iPad/iPhoneのPDF資料をワイヤレスでリコー製プロジェクターから投写可能

iPad、iPad mini、iPhoneに入れたPDFファイルを、Pita Projectionを用いて無線LAN経由でリコー製プロジェクターに投写することができます。

プロジェクターの投写面を撮影するだけの簡単操作で歪みを補正

プロジェクターの投影画像が歪んでしまうことがあっても、Pita Projectionなら簡単なキャリブレーション操作でまっすぐに補正された画像が投写できます。
平らではない壁やスクリーンでも「ぴったり」ときれいに投写することができます。

Pita Projectionで投写したパターン画像をiPad/iPhoneで1枚撮影するだけで、投写面の歪み状態が認識され、自動的にPDF資料が補正されて投写されます。
プロジェクターの設置に長い時間をかけなくても、このアプリを使えば後から自動補正することが出来るようになります。
また、一度補正すると、他の資料でも同じように補正された状態で表示することができます。


画像:プロジェクターの投写面を撮影するだけの簡単操作で歪みを補正

歪み補正の仕組み

Pita ProjectionではiPad/iPhoneと接続されたプロジェクターからキャリブレーション用のパターン画像が投射されます。
パターン画像をスクリーンの正面から撮影すると、iPad/iPhone内のPDFファイルを自動で補正して、ぴったりきれいに投写します。


画像:歪み補正の仕組み

紹介ビデオ

パターン画像撮影のコツ

画像:パターン画像撮影時の様子
パターン画像撮影時の様子

画像:補正前の様子
補正前の様子

画像:補正後の様子
補正後の様子

  • 写真では、わかりやすいように意図的にスクリーンを大きく歪ませています

画像歪み補正技術について

「RICOH TAMAGO Pita Projection」で使用されている歪み補正技術は、投写面の歪みの状態を認識し、投写する元画像に変形を施して投写することで歪みを補正する画像処理技術です。
撮影された1枚のキャリブレーション用画像から投写面がどのように歪んでいるかという情報を高精度に取り出し、その歪みがなくなるような変形を行います。
この技術は研究開発本部 基盤技術開発センターの技術が活用されています。


画像歪み補正技術について

マニュアル

以下のリンクよりダウンロードください。

ダウンロード     

動作環境

ハードウェア・OS Apple社製 iPad2, new iPad , iPad mini / iPhone 4S, iPhone 5
対応OS : iOS5.1, 6.0
  • iOS 5.0未満での動作は保証できません。
ネットワーク 無線LAN(Wi-Fi)-IEEE 802.11a/b/g/n(iPad/iPhoneのWi-Fi接続環境に準じる)
  • iPad/iPhoneとプロジェクターは同一ブロードキャストドメイン内のネットワークに設定してください。
  • Bluetooth機能はオフに設定してください。
  • ネットワークを使用しなくても利用できます。
    その場合はiPad/iPhoneとプロジェクターをケーブルで接続してください。
対応プロジェクター 以下のリコー製プロジェクターに対応
  • 超短焦点モデル : IPSiO PJ WX4130N, IPSiO PJ WX4130, PJ WX4141NI, PJ WX4141N, PJ WX4141
  • 短焦点モデル : PJ WX4240N, X4240N
  • デスクエッジモデル : PJ WX3340N, WX3340, X3340N, X3340
  • モバイルモデル : IPSiO PJ X3240N, IPSiO PJ X3240
文書フォーマット PDFファイル形式(バージョン1.5)