このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc IO Gate(本製品は販売終了しております)

お知らせ

「Ridoc IO Gate W(Microsoft Windows® OS対応版)」は、2020年3月末日を持って販売を終了させていただきました。
永い間ご愛顧いただきありがとうございました。
後継商品として「RICOH IO Gate V3」 をご提供しておりますので、どうぞご利用ください。

総合プリント管理システム

導入事例はコチラ

印刷枚数上限管理や、きめ細やかな運用管理により、無駄な印刷をなくします。

リアルタイムに印刷制限

印刷時、プリンタから印刷ログデータを収集。* ユーザー(学生)個々に許可された印刷枚数の上限を超えた場合、印刷中でも出力制限プログラムで印刷を制限します。 また、Windows版では1ジョブ内での印刷制限枚数を設定すれば、一回の印刷の途中でも印刷を中止させることが可能。*
  • *1UNIX版では方式が異なり、定期的ログ収集になります。
  • *2印刷制限がかかった時点でプリンター内にある数枚が余分に出力されてしまうことがあります。

Ridoc IO Gateシステム概念図


重複印刷防止機能

同じユーザーから、一定時間内に連続して同じ文書の印刷が行われた場合、自動的に印刷ジョブを削除する機能を装備。用紙切れなどに気づかず、学生/ユーザーが繰り返し同じ印刷指示を出して、大量に印刷することを防ぎます。
  • 管理者のオプション設定により利用可能。

ユーザー/プリンターごとに設定が可能

お客様で運用しているユーザー管理(WindowsのActiveDirectory/ドメインまたはUNIXのNISに準拠)を利用して、容易にユーザーごとに印刷制限設定を行うことができます。また、ユーザーグループに対して、一括して制限枚数の設定ができるため、メンテナンスも容易です。さらにプリンターについても、プリンターごと、プリンターグループごとに制限枚数を設定可能。この機能を利用すれば、モノクロプリンター、カラープリンターをグループに分けて管理したり、教室ごとにプリンターをまとめて管理することができます。

出力枚数制限機能の概念図

課金システムでコスト改善(オプション)

リコーのコインラックシステム、プリペイドカードシステムに対応。専用のタッチパネル操作端末から自分の印刷ジョブを選択して印刷します。画面の請求金額をコインラックなど課金装置で入金、精算できます。印刷にかかる料金をユーザーに負担してもらうことで、印刷コストの改善に役立ちます。
  • Windows版は今後対応予定

課金システムの概念図


きめ細やかな管理でセキュリティを向上。不正なアクセスも防止します。

印刷セキュリティ強化

印刷ヘッダーのプロテクト情報付加により、正しい印刷経路を経由したデータのみの印刷が可能。不正アクセスによる他の印刷経路からの出力を制限し、確実にログを取得することができます。

印刷セキュリティの概念図


ネットワークアクセス制限

いくつものネットワークが複雑に絡む大学のネットワーク環境でも印刷の安全性を実現。IPアドレスのアクセスコントロールマスクにより、外部のネットワーク、登録外のクライアントからのアクセスを制限します。

操作パネルのアクセス制限

通常電源投入時のプリンター操作パネルの無効化設定可能。「ジョブリセット」キーを除くすべてのキーをロックできます。これにより、IPアドレス変更、オフラインなど、プリンター設定の変更による印刷の不具合を防止します。

オンデマンド印刷も可能(オプション)

クライアントからの印刷データーをサーバーの仮想キューへ出力することができます。仮想キュー上の印刷ジョブを操作端末から閲覧。ジョブを選択し、プリンターへ出力します。登録されている隣接プリンターへ出力指示するため、印刷先の間違いや、印刷物の取り忘れを防ぎます。さらに、プリンターをシームレスに利用できるため、ユビキタス環境も実現できます。

オンデマンド印刷の概念図


フッター情報を印刷可能

全ページ、印刷物の左下にログイン名(ユーザー名)、出力日時などを強制的に印刷可能 *。印刷物が誰のものかを明確にすることで、取り違えや取り忘れをなくし、学生/ユーザーの意識改革も促進できます。
  • *PostScript利用時は印刷サーバーで強制印刷。
    Windows版でRPCSを利用時には、クライアント側のプリンタドライバーで設定。


Webブラウザでの簡単操作。管理負担の軽減に貢献します。

分かりやすいユーザーインターフェース

管理者画面はWebインターフェースの採用により、どなたでも簡単に、さまざまな機能を使いこなすことができます。インストール設定も、Webならではの直感的な操作で可能。導入時・増設時の親和性も向上させています。またユーザーは、管理者が設定した印刷許可枚数や印刷済枚数をWebブラウザで確認できます。操作は、パスワードによる認証で、セキュリティが保護されています。


クライアント側の設定も簡単

クライアント側に特別なソフトウェアや設定を行うことなく、確実な動作を実現するシステムを構築できます。クライアントはWindows、UNIX、Linux、Macintosh *に対応。プリンタードライバーの導入のみで、印刷または印刷管理が可能な環境を提供します。
  • *MacintoshはMac OS Xネイティブモードに対応。

出力完了枚数告知

印刷が完了するとクライアントに出力完了のポップアップを表示するとともに、その時点の印刷枚数を意識させ、枚数の削減をはかることができます。
  • Windows版のみ。

エラー告知もリアルタイム

クライアントがWindowsの場合はポップアップ通知が可能です。 また、リアルタイムにプリンターの状況を把握しているため、印刷中にプリンターにエラーが発生した場合には、すぐにポップアップやメールで告知されます。


Ridoc IO Adminとの併用でさらに効率的

ネットワークに接続されたI/O機器を一元管理できるユーティリティ「Ridoc IO Admin」を利用することにより、プリンターでエラー発生時に管理者へのポップアップ通知が可能。プリンターのところまで行くことなく機器の状況が把握でき、システム管理者の負担を軽減することができます。