このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

リコー 個人認証システム AE(販売終了しました)

リコー 個人認証システム AE単体でできること

機能2: オンデマンド印刷

印刷物の取り違えや置き忘れによる情報漏えいを防ぎ、無駄な印刷や放置された紙文書も減らすことができます。

■操作フロー

  • ※ 画面は複合機版です。プリンター版は、ICカードをかざせばプリント出力されます。

操作フロー1

1 自分のPCからプリント指示を出します。

2 利用者登録されたICカードを機器側のICカードリーダーにかざし、認証します。

操作フロー2

3 出力したいジョブを選択し印刷ボタンを押します。

操作フロー3

操作フロー4

4 プリントデータが出力されます。出力後に、プリントデータは削除されます。

 

こんな時に使えます!

1 大事な人事情報はICカードをかざして出力!

自分のプリントデータは自分のICカードで認証することにより出力されます。

大事な人事情報はICカードをかざして出力!

 

Ridoc IO Analyzer

利用枚数情報

複合機、プリンターそれぞれ1台ごとの利用枚数を簡単に把握することができます。

  • こちらからダウンロードしてご利用ください。

利用枚数情報

 

■カード情報と利用者情報について

カード登録情報

・お客様がご利用しているICカード *をそのま
まお使いいただけます。
・カード情報と利用者情報は利用制限情報とともに機器側に登録しま
す。


  • すべてのICカードに対応できるものではありません。

カード登録情報

 

■対応ICカード

FeliCa MIFARE eLWISE
IDm
ICカードからIDm(カード製造番号)を読み取り、認証に使用します。 ICカードから「UID」を読み取り、認証に使用します。 ICカードから「.Com-ID」を読み取り、認証に使用します。

  • ※ FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式名称です。
  • ※ MIFAREはNXPセミコンダクターズ株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式名称です。
  • ※ eLWISEはNTTコミュニケーションズ株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式名称です。

FeliCa
汎用領域 SSFC
ICカードに記録されたユーザー情報の中から、任意の領域を認証に使用することができます。
V1.1以上で対応。

SSFC

SSFCアライアンスの定めるSSFCバージョン1.0フォーマットのカードを読み取り、認証に使用します。

  • ※ SSFCバージョン1.0フォーマットは、SSFCアライアンスが定めたICカードのデータフォーマットで、業界・メーカーの枠を超えたセキュリティ連携が行なえます。SSFCアライアンスはオフィスのセキュリティ強化とユーザビリティの実現を目指して設立された団体で、リコーはステアリングパートナーとして参加しています。