このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro C7210S/C7200S 特長5

特長5: 高性能だからこそ、大切にしたのは扱いやすさ。

利便性をさらに向上させた統合用紙設定システム

用紙の設定をより簡単に、より詳細に

統合用紙設定システムには、用紙種類や用紙厚などの設定が、用紙銘柄ごとに登録されており、使用する用紙銘柄を選択するだけで、適切な設定での印刷が簡単に行えます。さらにユーザー設定紙は最大1000件まで登録可能です。また、用紙データベースはRPCSドライバーやオプションの外部コントローラーとも連携するため、お客様の使い方に合わせた活用ができます。

用紙設定を効率化する用紙銘柄識別リーダー タイプS3

印刷する用紙をセンサーで読み取ることにより、用紙銘柄を自動で識別します。識別した用紙銘柄を用紙データベースから呼び出したり、給紙トレイに割り当てたりすることができ、多様な用紙をお使いになるお客様の作業効率向上につながります。

  • 未登録の用紙情報は識別できません。候補となる用紙銘柄が複数ある場合、正しい用紙銘柄を選択してください。

Media Management Tool

統合用紙設定システムをクライアントPCから編集/管理するツールをご用意しました。PC上からユーザー設定紙の編集や複数機器間での移行、トレイへの割り当てなどが行え、用紙設定にかかる負荷を低減します。

画像3:Media Management Tool


見やすく操作しやすい大画面オペレーションパネル

17インチSXGA大型タッチパネル

ジョブ管理機能の簡易画面を表示し、リピート印刷時などにタッチパネルから簡単に印刷設定が可能です。オペレーターの負荷を軽減することで、作業効率の向上に貢献します。

プロダクションプリンター専用トップ画面をご用意

オペレーションパネルのトップ画面上にジョブ情報、各給紙トレイの用紙情報やトナー残量を表示しています。他の作業をしながらでもマシンの状態が一目でわかるため、オペレーションがさらに効率的になりました。

画像:見やすく操作しやすい大画面オペレーションパネル


稼働中にトナーボトル交換が可能

本体内部にサブホッパー(トナータンク)を装備し、トナーボトルが空になった場合でも、サブホッパーからトナーを自動補給します。稼働中でもトナーボトル交換が行え、トナー切れによるダウンタイムを軽減します。

画像:稼働中にトナーボトル交換が可能


稼動中に廃トナーボトル交換が可能

出力中に廃トナーボトルが満杯になった場合でも、マシンを止めることなく交換が行えるため連続出力が可能です。

画像:稼動中に廃トナーボトル交換が可能


光で異常を知らせるオペレーターコールライトを標準装備

紙詰まりやトナー切れなどの異常発生を、光で通知します。オペレーターが離れた場所からでもマシンの状態を確認でき、業務の効率化をサポートします。

画像1:光で異常を知らせるオペレーターコールライトを標準装備

点灯:印刷中
点滅:原稿の読み取り中

画像2:光で異常を知らせるオペレーターコールライトを標準装備

点灯:エラー発生中

画像3:光で異常を知らせるオペレーターコールライトを標準装備

点滅:警告中


給紙中のトレイが一目でわかる、アクティブトレイインディケーター

給紙中に青色に光るアクティブトレイインディケーターを各トレイに採用。稼働中のトレイが一目でわかるため、他のトレイへの用紙補給がスムーズに行えます。

画像:給紙中のトレイが一目でわかる、アクティブトレイインディケーター