このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

InfoPrint 1736J/1756J (5596-7M4/7M6/7P4/7P6) (販売終了しました)

優れた価格性能比と高機能

ハイパフォーマンス

片面最大35枚/分、両面最大32ページ/分(1756Jの場合)の高速印刷性能をお求めやすい価格で提供。
また、ファースト・プリントも 6.5秒以下*で、印刷業務の効率化をサポートします。

  • *データ処理終了から排紙完了までの時間
モデル 片面印刷 両面印刷
InfoPrint 1736J (5596-7M4) 28枚/分 26ページ/分
InfoPrint 1756J (5596-7M6) 35枚/分 32ページ/分

高解像度

二成分現像方式による微小粒形トナーの採用により、リアル1,200dpiの高解像度を実現。
また、リアル1,200dpi対応エンジンによる縦横最大1,200dpiの高解像度スムージングを実現。

ページトップへ

用紙ハンドリングに幅広く対応

大量給紙

本体250枚給紙ユニット+本体150枚給紙ユニット+100枚手差しトレイ+増設500枚給紙ユニット(オプション)2段の構成で、最大5種類のトレイ/給紙ユニットから最大1,500枚の大量印刷が可能*

  • *1756Jの場合。1736Jの場合は、本体250枚給紙ユニット+100枚手差しトレイ+増設500枚給紙ユニット(オプション)2段の構成で、最大4種類のトレイ/給紙ユニットから最大1,350枚の大量印刷が可能

2種類の増設給紙ユニット

用途に応じて、増設500枚給紙ユニットおよび増設250枚給紙ユニットから最大2段の選択が可能。

用紙厚および不定形サイズに幅広く対応

標準給紙カセットおよび手差しトレイについて対応できる用紙厚および不定形サイズの幅を広げ、様々な用紙をサポート可能になりました。

ページトップへ

印刷出力のセキュリティー機能

不正コピー抑止地紋印刷機能

大切な情報の印刷出力の際、ドライバーの設定で「不正コピー抑止機能」を指定して印刷することにより、その印刷された原本をコピーしようとした場合に「コピー不可」等の抑制文字を浮かび上がらせることができます。この機能を機密情報漏えいの抑止機能として利用することができます。

パスワードによる機密印刷機能

機密情報の印刷時にパスワードを設定することにより、プリンターのハードディスク(オプション)に保存された印刷データが誤って他の人の目に触れるのを防ぐことができます。

ページトップへ

環境への配慮

省エネルギーなどの環境対応

省エネモード時の電力消費量はわずか4.5Wに抑えられています。一方、省エネモードからの復帰時間は10秒と、業務の効率化に支障をきたさない設計となっています。

トナーカートリッジ回収/リサイクル

トナーカートリッジはリサイクルを意識した設計になっています。トナーカートリッジの回収を積極的に進めており、回収後のトナーカートリッジについては、部品のリユース/リサイクルを行なっています。

ページトップへ

様々なシステム環境へ対応

ネットワークおよびインターフェースへの対応

InfoPrint 1736J/1756J ともに100BASE-TX/10 BASE-T 自動切替イーサネットを標準装備しています。
また、その他にUSB2.0およびパラレル・インターフェースIEEE1284にも標準で対応しています。

ページ記述言語およびエミュレーションへの対応

ページ記述言語としてRPCS(Refined Printing Command Stream)を標準サポートしています。
また、オプションのPS3カードを装備することによりAdobe PostScript 3への拡張が可能。PDFファイルの高速印刷をはじめ、Macintoshからの出力が可能になります。

ページトップへ

PAGES対応モデル(5596-7P4/7P6)

ホスト印刷で実績のあるページ記述言語PAGES(Page printer Advanced Graphics Escape Set)に標準対応したモデル(5596-7P4 / 7P6)は、信頼と実績を培ってきた 558X系のPCレーザー・プリンター・シリーズの印刷環境からの移行が容易で、お客様のこれまでの投資を無駄にすることなくご活用いただけます。

また、PAGESモデルは、1次元シンボルのバーコードに加え、その数百倍の情報を持たせることが可能な2次元シンボルの印刷にも対応しています。

代表的な2次元シンボルであるQRコードは、生産、物流、販売などの様々なシステムで活用されています。

1次元シンボル(JANコード), 2次元シンボル(QRコード)

ページトップへ

製品カタログ

販売終了時点でのカタログです。